へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

ジロ-2
今年の1月に妻の実家のS幌に遊びに行った時のこと。

ジローが玄関の戸が開いてるスキに逃亡。
妻は半泣きだ。
ジローはよく逃亡するようなのだが、
その度にお義母さんと妻は半泣きで探しにいくわけです。
結局見つけるんだけど、小ばかにしたように
お義母さんと妻の射程距離外であざわらうかのように距離を取り、
近付くとまた逃げていくそうな。
まあ、結局帰ってくるそうなんだけど、
直接捕獲できるのはお義父さんだけらしい。
さすがです、ボス。

んで、今回もさささ~っと逃げちゃったジロー。
ところが家にはお義母さんと妻と僕しかいません。
半泣きの妻と共に探しに行くも全く姿が見当たりません。
お義母さんは今回は娘とダンナが来ているせいか、楽観的におウチ待機。
探し疲れた妻はトボトボとウチへ戻ります。
同じくウチへ入ろうとした僕はふと気付きました。
札幌の1月ともなれば雪ももっさり。
その日ももっさり積もってました。
そう、それなら足跡があるハズ。
足跡をたどればジローを探し出せるやもしれません。
そう思い、足跡をたどって地面と
にらめっこしながら歩いていくと(挙動不審)
ふと地面を見ていた僕の視界に茶色いものが。




(゚ω゚) ワン




「Σ(゚▽゚;ノ)ノ ジ、ジロー!?」

そう、足跡をたどっていた僕はジローを見つけてしまったのです。
ジローは自分を探しに来て見つけ出したのが、新入りの僕だったせいか
こちらをじ~~~っと見て動きません。
( ̄ω ̄;)むぅ~、ど、どうする!?
こちらは何も捕獲するような道具はないし、第一近付くと逃げるという噂。
妻を呼びに行くには遠すぎる。
呼びに行ってる間に逃げられてしまう。
しかも首輪につける紐もなにも持ってきていない。
確保して連行するには抱きかかえる他はない。
こ、これは試練だッ!僕の勇気と実力が試されているッ!!
「青島──ッ!!確保だ───ッ!!」
ギバちゃんの声が聞こえた気がした。

「フフフ( ´_ゝ`)ジロー、こんなところにいたのかあー。」

精一杯の笑顔でジリジリと近付く。
ジローは動かない。
こちらをじっと見つめたままだ。
2m、1mだんだん距離が縮まっていく。ジローは逃げない。
ゆっくりと手を回し、彼を抱きかかえる体勢を取る。
むぅ、これはどうしたことだ。全く逃げる素振りがないぞ!?
じーっと見つめるジロー。スっと抱きかかえる僕。
一瞬じたばたしたものの、すぐにおとなしくなった。
( ̄ω ̄)なんということだ…あのジローが僕に従っている…。
そのまま署(ウチ)へ連行し、妻へ身柄を引き渡す。
すさまじく喜ぶ妻。

「どーやってみつけたの!?どーやって捕まえてきたの!?」

不思議がるのも無理はない。
ジローが僕に素直に捕まるなどありえない。
だが、それからというものジローの態度が変わった。(気がする)
階段で降りられなくなったときは僕の顔をじーっと見る。
どうやら僕に抱きかかえて降ろしてほしいらしい。
ちなみに妻が降ろそうとすると激しい抵抗を見せ、決して従おうとしない。
もともと妻はジローを抱きかかえて階段を降りて、
あろうことかジローを落としてしまい
今のジローの階段嫌いの原因ともなる事件を起こしている。
嫌がるのも無理はない。
でもここで驚くのは妻より僕が信頼されているという事実。
あの時は試されていたんですかねぇ。
あの時たじろいでいたら僕は一生格下のままで終わっていたのかも。
お義兄さんも不在の今、たまにしか来ないとはいえ
男性の僕をお義父さんの跡取りの次期ボスだと思ってるんですかねぇ?

( ̄ω ̄)わん。
[PR]
# by dio-w21 | 2004-03-27 15:37 | | Comments(0)
ジロー
(゚Д゚)あ゛ぁ゛──。
すみません、異動のショックでヘンな声が出ちゃいます。

妻の実家(札幌)には犬がいる。
見た目はコーギーと秋田犬のあいのこっぽいの。
名前はジロー。でも別に先代がタローだったわけではないらしい。
妻家ではそのジローを恐ろしいまでに可愛がっているのですが、
第三者の目から見ているとおもしろい。
彼女の実家の家族構成は父、母、兄、彼女、ジローの4人+1匹構成。
だが、お義兄さんは大阪で働いているので
妻が僕のところへ嫁いだ今となっては
妻の父母とジローだけになるわけです。

そのジローなのだが、見ていると家族への
接し方が異なるのが実におもしろい。
犬はその家族を群れと認識し、大概の場合父親がボスと認識するらしい。
彼女の実家も御多分にもれずそんな感じ。
妻がいくら
「ジロー!ほら!こっちおいで!おいでったら!」
なんて言っても
なかなか来ないし、むしろ逃げることも多い。
言うことをあまり聞いてくれていない。
あっはっはー、なめられてやんの。ぷぷー。

だが、お義父さんが
「ジロー。」
とひとこと言うだけで、ジローは駆け寄っていく。
妻に叱られてもケロっとしてるくせに、お義父さんだとションボリする。
さすがです、ボス。
お義母さんはその中間くらい。やっぱりエサをくれる人だからだろうか。
きっとジローの中では
お義父さん→お義母さん→(お義兄さん)→ジロー(本人)→妻
の順で群れのランク付けがされているのだろう。
妻はむしろ格下なのではないかと思える。(笑)
少なくても同列くらいに見られてるんじゃないだろうか。
格下と妻と仲がよい僕は当然彼の格下なんだろうナー。きぃ、くやしい。

ところで実は、僕はあんまり犬が得意な方ではない。
カワイイし、嫌いではないんだけどなんせ飼ったこともないもんですから。
おとなしい犬ならいいんだけど、ちょっとでも吠える犬はコワイ。ぶるぶる。
僕が初めて妻の家を訪れたときにジローは吠えた。
「ん?なんだおまえはっ。知らない顔だなっ!オレへの挨拶はどうしたワン!」
みたいな感じで。
ジローは室内へもよく入れてもらっているのだが、
妻の家族がいるときは特に何もないくせに、
僕のほか誰もいなくなると僕の方をじ~~~~~~~と見ている。
しかもものすごい近くで。うへぇ。

「最近よく俺んとこに来てやがるが、お前は誰なんだよ~?
俺より弱いんじゃねぇの?」

そんな心の声が聞こえてくる気がします。
嗚呼、なんか試されてる気がします、僕。
僕はTVを見ているフリをしてずっと目をそらす。
コワイ。目を合わせたら絶対吠えるぞ、コイツめ。
うかつに動けない。早く来てくれ妻よ。ボスケテ。
案の定目を合わせると

「( ̄◇ ̄ )ワンっ!!!」

Σ(゚ω゚;ノ)ノ びくびくびくっ!!
できるだけ平静を装うもジローにはびびりっぷりがバレてるっぽい。

以前妻がジローを散歩させるというので
近くの公園まで一緒についていったんだけど、
いつもの公園にたどり着くとジローはこっちをくるっと振り向き、

「( ̄ω ̄ )オゥ、新入り。俺の縄張りだ。入っていいぜ?」

そんな顔をしてスタスタ公園へ入っていく。
公園から帰るときもこちらをくるっと振り向いて

「( ̄ω ̄ )オゥ、新入り。帰るぞ、しっかりついてくるんだぜ?」

そんな顔をしてスタスタ公園を後にした。
にゃろう、完全になめられてる気がするわい。とほー。
ですが、これに後日談があるのです。まて次号!
[PR]
# by dio-w21 | 2004-03-26 15:35 | | Comments(0)
ネミミニミズ
今日はお役所の人事異動の発表の日。
僕は昨年の7/1付けで異動してきたのでまだ9ヶ月ですから
当然異動のしようがありません。

前日にA森市役所に勤める友人から

「また僕異動になったんですよ…1年単位でかわってますよ・・・。」

みたいなこと言われて

「あっはっはー、タライ回しにされてんじゃないの(笑)!?」

なんて笑ってたんですが、その時に彼から

「DiOくんとこの発表は明日?楽しみにしてるよ(笑)。」

とか言うので僕は、

「あっはっはーぃ。まだ一年経ってないんだぜ!?ありえない♪」

とか言ってたら・・・・




( ´_ゝ`)異動しました。





アレ?おかしいな、何で?何ンンで!?
僕追い出されちゃいました。(笑)
もう寝耳に水とはこのこと。
異動先の課の仕事は係によってかなり忙しいところもあるらしいです。

でも僕が心配するのはそんなことじゃありません。
その異動先の課には『彼』がいるのです。
僕がZ務課時代にすさまじくいじめられ、
恐ろしくストレスの原因になった『彼』が!
僕の去年の入院の一因と言っても過言ではございません。

あー、イヤァァァー!!!
誰か助けてぇぇぇえええ!!!(TДT)
[PR]
# by dio-w21 | 2004-03-25 15:34 | お役所 | Comments(0)
そんなつもりじゃ
やーやー、最近めっきりあったかくなってますねぇ。
A森県はまだまだ涼しい、というか寒かったりしますが。
冬って空気が乾燥して唇とかも荒れませんか?
僕も結構荒れる方なんでやんすが。
そんなくちびるの話。

まだ妻と付き合って一年経っていない冬のある日。
札幌の街を歩いていると、妻が

「冬ってくちびるが荒れちゃってなんでだろ。」

とか言いやがるので僕は、

「それは空気が乾燥するからさ。乾燥するのはそもそも(以下略」

と話していたら、妻が唖然としている。
何?なんか僕おかしいこと言ったかな!?
どうしたのか聞いてみると、

「そんなに詳しく解説しだすと思わなかった…。やっぱりH大生だねぇ。」
※当時僕は札幌市の某H大に通っていました。動物のお医者さんで有名。

( ´_ゝ`)引かれちゃった。

数年に渡る妻との付き合いのうちに僕が学んだこと。
余計なことを言わずにただ「そうだね」と言っておけばいいということ。
でもいまだにその教訓を活かせず余計なことを言って叱られてます。
ハイリホー。
[PR]
# by dio-w21 | 2004-03-24 15:32 | 奥さん | Comments(0)
もうダメぽ
ワ トゴヤサ イッテクルハンデ~♪

僕 床屋に 行ってくるからね~♪

というわけで、いよいよ床屋に行く決心をした。(3/16日記参照)
昨日ばっちり有給休暇の申請もし、準備万端。
朝も早く起きて開店時間になって電話した。

床屋:「もしもし、こちらカットタイム○○です~。」

僕:「もしもし予約したいんスけど~。」

床屋:「ハイ、お時間いつですか~?」

僕:「えーと、11時頃でお願いします。」

床屋:「今日のですか?」

僕:「え?ハ、ハイ。」

床屋:「あー、もう予約いっぱいですねぇ。」

僕:「Σ(・ω・ノ)ノ えぇ!?」

床屋:「今日の午後3時頃からなら大丈夫ですよ?」

僕:「・・・・・・じゃあ3時頃お伺いします・・・。(泣)」

Σd(゚Д゚)今日お休みした意義ナッシン!!
なんのために俺は・・・・。
くっそぅこのヒマ学生どもめ!!!きぃぃ────!!!

(⊃Д⊂)しくしくしく・・・。

(`・ω・´)一日中ゲームしてやるっ!!
[PR]
# by dio-w21 | 2004-03-23 15:30 | コラム系雑記 | Comments(0)
大きくなれよ~
この前TVを見ているとアルプスの少女ハイジが写った。
それを見ながら家事をしていた妻が歌をくちずさんだ。

「(`ω´)~♪ハイジ、ハイジフレ♪ハイジホォ~♪」

違う。
何かが違うぞ妻よ。
どこからツッコんだらいいんだこれは!?
一般的には「ハイリ、ハイリフレ♪ハイリホ~♪」だと思っていたのだが。
そうだよな、確か「ハイリ、ハイリフレ♪背理法~♪」という
ネタもあったくらいだからたぶんこちらが少なくても一般的だと思う。
昔、妹とパートを分けてよく歌って遊んでいた覚えがあるし。

妹:「ハイリ、ハイリフレ♪ハイリホ~♪」
僕:「ヤッハッハ♪」(←あいのて)
妹&僕:「ハイリ、ハイリフレ♪ホッホー♪」
僕:「大きくなれよぉ~。」(できるだけ野太い声で)
妹&僕「まーるだぁーい♪」
妹:「はんばぁーぐっ♪↑」(高い音程パートを上がり調子で)
僕:「はんばぁーぐっ♪↓」(低い音程パートを下がり調子で)

よし、そうだ。「ハイリフレ」が正しいんだと思う、たぶん。

僕:「あのー、それってハイジじゃなくてハイリじゃ…」

妻:「(`ω´)うるさいっ」

(TДT)やっぱり怒られた。
[PR]
# by dio-w21 | 2004-03-22 15:29 | 奥さん | Comments(0)
オイッス!
(´・ω・`)いかりや長介さんがお亡くなりになりましたね。
ドリフ世代の僕としては本当に悲しいです。
最近の大捜査線等での俳優としての顔も好きだったし、真に残念です。
ご冥福をお祈り致します。

(>Д<)ノ オイッス!!
[PR]
# by dio-w21 | 2004-03-21 15:28 | その他雑記 | Comments(0)