へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2012年8月25日 弘前市上空
ある土曜日の午前中、飛行機のエンジン音が聞こえました。

まぁ、飛行機のエンジン音なんてさほど珍しくもないんでしょうけど、
この日のものは違いました。

何だかとても「近い」。

そして、何度も何度も近づいては遠ざかる。

これは何か変だぞ、と思い
外へ見てびっくり。

一機の戦闘機が何度も上空を旋回しています。



そして次に現れたのは巨大な飛行機。
形状からすると大型の輸送機?
シルエットから想像するにC130なのか?


特にこの大型のは元々が大きい飛行機なのでしょうが、
より距離が近く感じられました。
実際、かなり低空を飛んでいたように感じます。

何なんでしょう。
弘前市は駐屯地もあるので、
自衛隊がらみの何かのイベントの飛行だったのかもしれません。

でも、戦闘機が弘前市上空を何度も旋回し、
挙句の果てに大型の輸送機が旋回を繰り返す。
このやや異常な行動に、僕らだけでなく近所のひとも不安げに空を見上げていました。
実は何でもないイベント飛行だったとしても、
何も知らないとこういうのは、ちょっと怖く感じました。

しばらく旋回を繰り返していたんですが、
いったい何だったんだろ。
わたし、気になります。
[PR]
by dio-w21 | 2012-08-27 22:22 | コラム系雑記 | Comments(8)
TOKYO2012 最終夜(5日目)
TOKYO2012 第5夜(4~5日目)

e0046214_13141324.jpg

e0046214_13142329.jpg

いたッ。
男性二人組ッ。

さっそく声をかけます。
どうやら仙台地元と京都の友人のコンビ。
京都ッ。
当方も青森だが、なかなかの遠距離です。
コンビニに行っていた、というひとが帰ってきて、そのひとは埼玉。
そして、新潟。
日本中からジョジョラーが集まっているのを感じます。
もちろん何があっても見るんだ!という『覚悟』だけでなく、、
遠方ゆえに出遅れて入場が数時間後となると帰りの飛行機や電車の関係で
見られなくなるかもしれない、という『恐怖』も共通でした。

その後は全然ひとが来ず、最初に集まった5名でしばらく過ごしました。
パラパラと集まるものの、せいぜい2、30人といったところでしょうか。
あれ?何か気合い入りすぎったかなぁ、僕たち。

朝5時半頃だっただろうか。
スタッフのひとたちが数名来て、今の時間帯から列を作るのはよくないので
早くから来た方は申し訳ないが一度列を解散してほしいとのこと。
むむぅ、仕方がないですな。
e0046214_1314375.jpg


今こそ着るときだと思い、ジョジョTシャツを着ていったんですが、
e0046214_1315834.jpg

やはりジョジョT率は高く、着ていた者同士で妙な親近感もわき、
一緒にジョジョ立ちで写真を撮ってみたり。

それから一時間ほども立たないうちに、
それでは列を作ってください、とのこと。

「一番最初に並んでいた方はどなたかなー?
 可能な限りでいいので、最初の列の順番でお並びいただけますか?」

ほほぅ!
ウチらの朝の行動は無駄じゃなかったッ!
e0046214_13154837.jpg




というわけで、当初の並び順通り最前列です。
やったぜッ。
e0046214_1316250.jpg

(ちなみにこの最前列プラカードのおねーさん、超美人でした。)

しばらく過ごしていると、どうも地下鉄の始発が動いたらしく、
次々とひとが集まります。
7時過ぎには急にひとが増えて200人ほどのひとが。
何だか大変なことになってきました。
列も時間が過ぎることに長くなり、250、300、とどんどんすごいことに。
e0046214_13165087.jpg



スタッフの中で「社長」と呼ばれている
ひげをたくわえたジョースターさんみたいなひとがおもしろかった。
何よりいいひとでした。
どこから来たのー?とかだけでなく、
ジョジョ展とは関係のないおもしろい話などいろいろしてくれました。

社長:「いやー、君たちみたいな感じのひとたち初めてだな。」

え?

社長:「最前列に並ぶひとって、何ていうかすごくおとなしいひとばかりなんだよね。」

ほほう。

社長:「言い方を悪くすれば、『暗い』というか。でも、君たちは
さっき知り合ったばかりなんだろう?それに、何だか話していてもすごく明るい。」

さすが、社長。
我らの中にある『黄金の精神』に気づいたようですね。
我々は全員ジョジョ紳士を目指しているからだッ。

そうこうしているうちに時間は9時半。
あまりにも人数が増えてきたので、開場を早めるとのこと。
本当はもっと早く入れてあげたいんだけど、
機械警備等のシステムの関係で、エレベータその他が動き出す時間が決まっていて
30分早めるのが限度とのことでした。

いやー、胸が高鳴る。
e0046214_13173556.jpg

何だ、この緊張。

会場の入り口まで通される僕たち。
花が飾られている。
e0046214_1318062.jpg

台原中学校同窓生有志一同

おお、どうも荒木先生は台原中学校というところ出身らしい。
すごいなぁ。あの荒木飛呂彦と同級生、何だかうらやましい。

さて、いよいよ入場です。
e0046214_13183316.jpg

ここからは残念ながら写真は撮れないので、文章だけでお伝えします。

中には各部の原画イラストが多数。
あの第一部第一話の原稿も。
よく残ってるなぁ、相当古いものでしょうに。

何かうまく言葉で言えないんだけど、
原画を見ていると、身体を『衝撃』のようなものが走るんです。

実際の筆使いがそのままリアルに目に飛び込んでくる。
カラー印刷ではわからなかった部分までが手に取るようにわかり、
ここは印刷では一色だったけど、こんな風になってたのか!
みたいな感じと言うか。
何かしら『躍動感』みたいなのがダイレクトに伝わってくるんです。
正直、こんなに違うものかと感じました。
本当に全然違います。
康一くんや間田のように「本」になってしまうような気がしました(笑)。

下書きの線まで見えたり、ホワイトの修正なんかも見えるので
何だかとても絵自体が生きている、という感覚もありました。

それに、自分が小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、と
この話を読んだのはあの場所だったな、とか
自分の過ごしたあの時間がそのイラストごとに思い出し、
それに、自分が当時ジャンプで読んで衝撃を受けた
あの『瞬間』や『時間』を生み出した存在がそこにある。
それは何とも言えない感動がこみ上げます。

当時の週刊少年ジャンプそのものも何冊か置いてあり、
ジョジョ第二部の第一話のものもそこにありました。
もともと荒木作品は好きでジョジョの前から読んではいたのですが、
僕はこの第二部第一話を連載で読んで、
その衝撃でジョジョマニアとなったのです。
主人公ジョナサンがライバルより先に死亡し、
第一部完という最終頁の文字。
主人公が死ぬ!?どうするの?
でも、まだジョジョの奇妙な冒険続くんでしょ!?
どうするの、来週から!?
あの一週間は今まで生きてきた一週間で最も長く感じた一週間でした。
そして、一週あけてその第一話で、
ジョナサンに顔は似ているけど、性格は似ても似つかないふまじめな男が

「ジョースター。ジョセフ・ジョースター。ジョジョって呼んでくれ。」

あのページを読んだ時の衝撃。
こんなにおもしろいマンガがあるのか!
小学生だった僕は心の底からそう思いました。

その当時のものがそこにある。
あの時の衝撃が心に蘇ります。

他には、実物大(?)の露伴や、
石仮面、弓と矢などのアイテムが立体化されているコーナーも。

壁や床には擬音が描かれていたり、iPadを使ったコーナーなどもあり、
いろいろと凝っていました。

会場を抜けた先には、ジョジョスマホの体験コーナーのほか、
あのごま蜜団子が売られていました。
ジョジョスマホは想像していたよりも完成度はずっと高く驚きました。
実は、東京に来るにあたりスマートフォンに変えてしまっていたので、
(地下鉄の乗換案内アプリや情報を得るために快適なブラウザが欲しかったので)
さすがに予算的にももうジョジョスマホを買うのは事実上無理ですが、
そうでもなければ買っていたでしょうね、という出来でした。
変換候補がジョジョ語ばっかりというジョジョ語変換もよくできてました。
実生活ではあまり必要はない気がしますが(笑)。

ごま蜜団子はもちろん購入。
これについての感想はまた後ほど。

その後、物販会場へ。
ジョジョ展会場からはやや離れた場所にありました。
信号を3つほど過ぎて、徒歩で7,8分といったところでしょうか。

初日で瞬殺されたという物品は、かなりの数が補充され、
一部の商品を除いていろいろ買うことができました。

これが戦利品の数々。
e0046214_13201144.jpg

さすがに複製原画はあきらめました。
35,000円はさすがに厳しい。

さて、会場を後にした僕が行ったのはまず『むかでや』。
e0046214_13202837.jpg

ここでは、靴などを買うと「吉良吉影」の名前で領収書を切ってくれるらしい。
予算のこともあり、あきらめましたが。

そのあとは、仙台GUCCIへ。
e0046214_13205159.jpg

e0046214_1321522.jpg

荒木先生のサイン入りのものが展示。
くぅ、これ欲しい…!

あと、LOFTの中にあったヴィレッジ・ヴァンガードでは、
バオーTシャツも売ってました。

ああ、楽しかった。
興奮した。
このDiO、もう後悔はない…満足だ。
今まで起こった事柄に後悔はない。


その後新幹線でようやく帰路に。
自宅へ戻り、さっそくごま蜜団子を食べてみます。
e0046214_13212612.jpg


ごま蜜団子はジョジョの奇妙な冒険第8部、
ジョジョリオンに登場するお菓子。
実在のお菓子をモデルになっています。
団子の中にはたっぷりと液体状の「蜜」が入っていて
口の奥のほうで噛まないと、それがブチュゥゥゥ!と飛び出すので
食べ方には注意が必要なのです。


それにしても凝ってる。
e0046214_13214233.jpg

e0046214_13245017.jpg

e0046214_1325661.jpg

仙台銘菓ではなく杜王銘菓となっていて、
架空のお菓子をしっかりと再現している様が見えます。

中にはちゃんと「奥歯で」という注意書きも(笑)。
e0046214_1321527.jpg

というわけで実食です。
e0046214_1322741.jpg

e0046214_13234636.jpg



ちゃんと奥歯で噛むと中から大量のごま蜜が!
うぉぉ、なるほど、こりゃすごい。

そしてうまい!

これはすばらしい。


んー、でもやっぱり「ブチュゥゥゥー!」ってのもやりたいなあ。

そうだ。
じょうたろうくんに食べさせよう。


ニヤニヤしながら、何も知らないじょうたろうくんに
食べ方を何も教えずに食べさせてみました。



じょ:「Σ(;・ω・)・・・あむっ!?」
e0046214_13255391.jpg

e0046214_132667.jpg

やった!
すばらしいぞ、じょうたろうッ。
パパが期待した通りの結果になってくれたなッ。
でかしたぞッ(笑)!


というわけで、ジョジョ展リポートも終了です。
ひとつ言います。
ジョジョファンであるなら、ジョジョ展は行くべきです。
あんな感動、他にありません。
幸せだァ~!幸せの連続だよォ~ッ!って感じです。
もし、地理的に、そして予算的に可能であるなら、
この仙台展でなければ東京展でもいいので行くことをおススメシマス。

東京展の展示内容はどうなるんだろう…。
さすがに僕は予算的にも行けないと思うので、
東京展に行かれる方はぜひご感想を聞きたいものですな。


(TOKYO2012 おわり)
[PR]
by dio-w21 | 2012-08-18 13:27 | ジョジョ | Comments(0)
TOKYO2012 第5夜(4~5日目)
TOKYO2012 第4夜(3~4日目)


さて、東京で職場の研修をし、青森まで帰る途中で仙台に降り、
ジョジョ展を堪能する。もちろんチケットも購入済。
予定は完璧だぜェ~と思っていたのですが、
研修をしていた僕に友人から一通のメールが。

「DiOさん、ヤバいです。
チケットを持ってても入れないひとがいたらしいです。」



なん・・・だと・・・!?


さっそく詳しい情報を検索すると、
どうも想像を超える人数が殺到し、
入場制限が急きょ行なわれ、チケットを持っているにも関わらず
入場整理券ももらえず、しかも物販は入場した後でないと
行けないため物販にも行けない、という阿鼻叫喚の地獄絵図との情報が。
しかも、物販は瞬殺でろくなものが残っていないとか。

ひでぇ…。
遠くから来たひとはどんなに無念だったか。


一応仙台には前日入りし、ホテルに泊まったあと
次の日ゆっくりと観に行くはずでした
が、
そんな悠長に構えているわけにはいかなさそうです。

覚悟とはッ。
暗闇の荒野にッ。
進むべき道を示すことだ。
ピストルズ!てめーらも覚悟を決めろッ。
遠方より参加しなくちゃあいけないのがツラいところだな。
覚悟はいいか?
俺はできてる。



ぽち。


情報を得てから数分もしないうちに
ホテルのオンライン予約ページから宿泊をキャンセル
これは俺の覚悟だ。
泊まらない、と思ったならッ。
行動はスデに終了しているんだッ。

ああ、どうしよう。
でも、もう後戻りはできない。
これは『試練』だ。
参加に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。
僕の『覚悟』は…
その日昇りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らすだろう。
そして僕がこれから『向かうべき正しい道』もッ。
だが、ホテルをキャンセルするという行為により、
退路を自ら断った自分に僕は恐怖する!

そして研修終了日、仙台に着いたのは夜8時半。
本来であればガンダムバーにでも行って、
ゆっくりホテルで休み、次の日の朝にでも行くはずだった
ジョジョ展会場、仙台メディアテーク。
もうガンダムバーに行ってる心の余裕もない。
駅に降り立ってそのまま歩いて探しに行くことに。

いや、その前にオーソンだ。
期間限定でオープンしているというオーソンに行かねば。




あったッ。
e0046214_20512815.jpg




すごい、看板もちゃんとオーソンだ。
e0046214_20514798.jpg




それにしても、およそコンビニらしからぬ様相を呈している。
e0046214_20523718.jpg




しかし、残念ながらオーソン限定グッズたちは在庫ゼロ。
せっかくなので少々のジョジョグッズを購入して
再び仙台メディアテークの探査に戻ります。




途中で江陽グランドホテルを発見。
e0046214_2052516.jpg

杜王グランドホテルのモデルになったホテルかな?




それにしても結構キョリがある。
歩いたのは失敗だったか?
ようやく探し当てるも、むぅ、さすがに誰もいない

すると入口に張り紙が。要約すると、
e0046214_20532841.jpg

徹夜して並んだり、深夜来場、座り込み等したら許しませんよ

ヒィィ、何なら前日の夜から並んでようかと思っていたのですが、
さすがにマズいか…。
仕方ない、スピードワゴンはクールに去るぜ。


近場でまずは食事。
その後、夜11時頃に再び様子見。
さすがにまだ誰もいない
仕方がないので、一度仙台駅前まで戻り、
マンガ喫茶で仮眠することにしました。

3時間ほど仮眠して、朝4時前には起床。
さっそく仙台メディアテークへ。
到着は朝4時半頃。


いたッ。
男性二人組ッ。


つづく
[PR]
by dio-w21 | 2012-08-15 20:56 | ジョジョ | Comments(0)
TOKYO2012 第4夜(3~4日目)
(TOKYO2012 第3夜(2日目))


3日目、朝から原宿へ。
EVA STOREに行ってきました。
e0046214_20551010.jpg

e0046214_20552164.jpg




入り口には加持さんの菜園が。
e0046214_20553050.jpg


店内にはエヴァグッズがぎっしり。
テンションがあがります(笑)。
でも、在庫なしの商品もありちょっと残念でした。




それにしても、各駅で目撃したこの自販機。
e0046214_2055476.jpg

すごいなぁ、超デカい画面にジュースの画像が。
タッチパネル式で、画面を押すといろいろ動いて、
お金やSuicaで購入できる。
都会仕様ですなぁ。
僕の地元では見かけたことないぞ、このタイプ。


その後、秋葉原へ。
e0046214_20561711.jpg

少々あたりを物色したのち、昼過ぎには
いよいよ今回のメインのひとつ、ワンフェスへ向かいます。


おお、着いたぞ!
e0046214_20564912.jpg



広い。
すごく広い。
e0046214_20574620.jpg




コスプレイヤーさんたちも多数。
不知火舞ッ!すばらしい。
e0046214_2057121.jpg


すごいな、本物のコスプレイヤーって。

他にもいろいろなジャンルのコスプレがありましたが、
それ、おしり見えてますよね?みたいな服もありました(笑)。


個人ブースと企業ブースに別れていますが、
どちらのブースもすンごく広い。
見きれないくらい。

個人ブースにはそれこそ様々なジャンルの立体物の数々。
企業ブースにも「おお!」と思わずうなるモノたちばかり。

バイファムだ!
e0046214_2058433.jpg






バルキリーだ!
e0046214_20583189.jpg

e0046214_20585211.jpg

e0046214_2059756.jpg




ジョジョだ!
e0046214_20592275.jpg

e0046214_20593581.jpg

e0046214_210628.jpg

e0046214_2102062.jpg





ガラスのオブジェの中に浮かぶホログラム的な何か。
何だかすごい。
e0046214_2111398.jpg



ほかにももりだくさんです。
e0046214_218816.jpg

e0046214_2183012.jpg

いやー、実に楽しい。
いいなあ、コレ。
また来たい。


3日目終了し、その後宿泊所へ帰還。

あれ・・・身体が・・・!?
部屋へ戻るとドッと疲れが。
研修はあと一週間あるってのに(笑)。




それからさらに一週間の研修を終え、
次の週の金曜、8/3午後には開放されました。

さて、まずはどこへ行こうか。
前にTVで気になっていたHOOTERSというところに
行ってみることにしました。

HOOTERS」とは、アメリカ・フロリダ州発祥のエンタメ性に特化したレストラン。
フーターズガールと呼ばれる、タンクトップにホットパンツという
セクシーな美女たちが接客してくれます。
しかし、決していかがわしいお店ではなく、
ただただお客に楽しくなってもらおう!的なコンセプトみたい。
なので、フーターズガールの採用基準はただ容姿端麗であれば
よいというわけではないらしいです。
高学歴だったり立ち振る舞いがしっかりしてないとダメとか、
知性が伴わないとダメ
だとか。
そのあたりが、変ないやらしい店にならない秘訣なのかもしれません。

というわけで、TVで見たあのHOOTERSに突入。
e0046214_216987.jpg


お店に入ったとたんフーターズガールたちの明るい声でお出迎え。
日本人からハーフっぽいひと、それにどうみても外人さんというひとまで
いろんなタイプがいるようです。
そして、とにかく明るい。すごいノリです。

入った途端、フーターズガールが

「あ!ジョジョ!」

次の日のジョジョ展に備えて既に来ていたジョジョTシャツ
まさかこのお店で看破されるとは…ッ!
なるほどなフーターズガールッ。
容姿だけではなく高い知性と教養が採用基準というのは
偽りではなかったようだなッ!(汗をかきながら)

なるほど、フーターズガールたちはどのひとも
ルパンの不二子がそのまま実写化したようなひとばかり。
なんていうか、迫力です。
でも変にいやらしくない。
健康的なお色気といいますか。

席に着くと、ひとりのフーターズガールがやってきて、

「このお店はじめて?
 ここはネ、テーブルひとつひとつに担当制になってるの。
 だから何かあったら私が来るから。私エイミー。よろしくね♪」
e0046214_2162855.jpg


その後もエイミーさんだけじゃなく、
いろんなフーターズガールがテーブルを通るたびに
話しかけてきたりします。
むぅ、これは少しコミュスキルが要求されるな(笑)。

その後、写真を撮っても?と聞いたら

「もちろん!他のコたちも呼ぶネ!」

と集まってきたフーターズガールと並びます。



「ジョジョ立ちする?」


(;゚Д゚)!!


くっ、やるなフーターズガールッ!(笑)
さすがに恥ずかしいので普通にパチリ。
(あとで知ったんですが、写真のweb掲載は許可が必要っぽいので、
 ここでは掲載を控えます)

ハンバーガーやケーキを注文。
おいしかったですよー。
いやらしくなく、とにかく楽しいところなので、
また東京へ来る機会があったら来てみたいお店でした。

その後は秋葉原を少し見て、仙台へ向かいます。

そうッ。
いよいよこの旅のメインイベントとも言える
ジョジョ展へ向けて出発です。

つづく
[PR]
by dio-w21 | 2012-08-12 21:10 | コラム系雑記 | Comments(4)
TOKYO2012 第3夜(2日目)
TOKYO2012 第2夜(2日目)


e0046214_229269.jpg

いいなあ、ガンダム。
圧倒的じゃないか我が軍は。


e0046214_2283565.jpg

さて、ガンダムフロントへ向かいます。



e0046214_229576.jpg

行くと、入口にはプラモがズラリ。
もしかして今まで発売されたものが全てある?
e0046214_22121746.jpg

e0046214_22105129.jpg



夢中で観賞。
e0046214_22154342.jpg

e0046214_2212537.jpg

e0046214_2213915.jpg

e0046214_2213228.jpg

e0046214_22133028.jpg

e0046214_22141115.jpg

e0046214_22143048.jpg

今まで作ったことないプラモというものも見ごたえがありましたが、
やっぱり子供のころに実際に作ったものが懐かしかった。
e0046214_2212211.jpg

昔は今みたいに色分けもされてなくてほぼ一色。
接着剤だって必要だった。
それでも、夢中で作って遊んだなぁ。

それにしても、ガンプラの進化はスゴイ。
e0046214_22123950.jpg

このように実際に目にするとよくわかります。


トイレも凝ってました。
e0046214_22151441.jpg

e0046214_22152810.jpg


中に入ると小用トイレの目の前には、こんなのが。
e0046214_22162331.jpg

e0046214_2217633.jpg


しかも照準まで!
e0046214_2218351.jpg

そこっ!(ドギューン!)

男性用でこんな感じでしたが、女性用のトイレはどうなっていたんだろう。
気になるが、さすが入るわけにはいかないし・・・(笑)。
わたし、気になります!




それではいよいよ入場です。
e0046214_22145366.jpg

ギレン閣下やラクス・クラインから会場での諸注意の演説を受けます(笑)。
e0046214_22191181.jpg



まずは360°シアターに入ります。
ここは撮影禁止です。
最初に、池田ボイスによるお台場ガンダムの解説。
次に歴代のガンダムの映像が次々と360°スクリーンに映し出せれます。
まさに∀ガンダム劇中に登場した黒歴史の映像の部屋そのもの。

また、キャスバル総帥による演説。
「天へ召されるであろう!」のあとはジークジオンと叫びたくなる。
ネオジオン兵の気持ちがよくわかる。

そのあと、描きおろしのCGによる戦闘映像が次々と。
ガンダムvsゲルググ、ユニコーンinラプラス残骸など、
それを様々な角度から見ることができ、見ごたえ抜群の出来。
最後はνガンダムvsサザビー。これが燃える。
νガンダムのコクピット視点で、フィンファンネルバリアの中に
入ってみたり(画面一面ピンク!)と今までにない映像に興奮。
そして、最後は劇中ではなかったセリフが。
場面的にはνガンダムが見下ろして、こちらを巨大な手で押さえつけているもの、
つまり、サザビーの脱出ポッド内にいるシャアの視点。
そして、アムロが最後に行ったセリフの

「お母さん?ララアが…? うわっ!」.

を言っていたとき、シャア側のセリフと思われるものでした。
ややうろおぼえですが次のようなことを言っていました。


「ええぃ、アクシズは堕ちたのではないのか!?
 何だ、この暖かい光は…!?うわっ!」



こんな感じだったかと。
360°シアター終了後はやや広いスペースになり、撮影も可に。


1/1ストライクフリーダム(胸像)。
e0046214_22204025.jpg



1/1コアファイター(アムロ脱出後)。
e0046214_22205750.jpg



ア・バオア・クー。
e0046214_22212478.jpg



などなどです。
その他にもキャラクターや擬似コクピットでの撮影スポットも。

そして、個人的に見入ってしまったのは、絵コンテの展示。
逆襲のシャアのνガンダムvsサザビーのシーンの絵コンテ。
また、∀ガンダムのOPの絵コンテ。
どちらも富野監督直筆で、しかもすごく丁寧に描かれており、
指示もすごく細かかった。
これがあの名シーンたちを生み出していたんだな、と思うと
やっぱり富野監督はすげぇなぁ、という印象。


夜は中野に行って、このサイトにもよく遊びに来てくれる東海林さんと会うことに。
しかし、僕が中野に着く時間の頃には、
東海林さんはもう帰らねばならない、ということに。
ジョジョバーで待ち合わせしたんですが、
おそらく10分も会えないだろうと思い、
とりあえず中野ブロードウェイ前で待ち合わせ。


僕:「…もしかして東海林さんです?」

東海林:「…!はいッ。」


個人的には貴様のことは知らん…。
だが、我がサイトに来て、しかもわざわざ会いにくれてきた
貴様に対してあえて言おう。

とうとう会えたな!

ガッシリと握手をし、少し話したあと別れました。
会えてお話できた時間はわずかでしたが、
同じジョジョ紳士同士、濃密な会話ができました。
また会おう!わしのことが嫌いじゃなけりゃあな!

もう時間は夜8時過ぎ。
中野ブロードウェイ内の店はほとんど閉店。
2年前と同様、どうも縁がないなココ…。

まあいい。
中野に来たのはッ。
ジョジョバーに行こうと思っていたからだッ。
何の問題もないッ。


2年ぶり!
e0046214_22215717.jpg



いざ!
e0046214_22221770.jpg





店員さん:「すみません、予約の方もいて満席なんですよ~。」



ギャース!

どなたか帰られれば座れるかも、と言われたので、
とりあえず店をあとにし、しばらく誰か出てくるかも、と
様子を見ていましたが、誰も出てこず。

なんということだ、このDiOがァァァーッ!
まぁ、いいか。
2年前は一応行ってるわけだし。
スピードワゴンはクールに去るぜ!

そして、2日目の夜はまたもマンガ喫茶に宿泊。
今度は中野の駅前のマンガ喫茶です。
六本木よりは随分静かでよかったんですが、
やっぱりマンガ喫茶ってしょせんはマンガ喫茶。
寝るための施設じゃないんだな、と改めて痛感。
ちゃんと寝るというよりは、仮眠程度。
ぐっすり眠れた感じはしません。

まずい。
さすがに2日連続でマンガ喫茶は無茶だったか(笑)。
体力が全然回復してる気がしない。
安くはあがってるんだけど…。

つづく
[PR]
by dio-w21 | 2012-08-10 22:24 | コラム系雑記 | Comments(2)
TOKYO2012 第2夜(2日目)
TOKYO2012 第1夜(1日目)

東京自由時間2日目。

まずは、千駄ヶ谷にあるグッドモーニングカフェというお店へ。
オサレなお店で朝食をいただく、これは田舎ではできないことですので、
ぜひやってみたかったのです。

店内も実にオサレ。
e0046214_6272028.jpg

出てくる商品も実にオサレ。
今回注文したのは、ハンバーガーのほか、
メニューから3種のドリンクを選べるというもの。
e0046214_6274362.jpg

今回はグァバ、バナナ、ハニージンジャ―を頼んでみました。
これがまたウマい。

いいですなぁ、落ち着きますなぁ。
こんな朝の時間を過ごしてから職場に行けば、
仕事の効率もあがりそうです。


その後、再びお台場へ。

見えた!ガンダァァム!(二回目)
e0046214_6282512.jpg


昼間見るとまた印象が違いますねぇ。
e0046214_6292024.jpg

何も動いてない状態を見ると、本物ってよりは
ドデカいプラモって感じがします。
e0046214_6284472.jpg

e0046214_631043.jpg

そして、昨日の夜のように一部でも動いてる姿を見ると、
うわぁ本物だ!って感じがするのです。
きっと有事の際はお台場から飛び立ち、迎撃してくれるに違いない。
圧倒的じゃないか我が軍は!
こんなのが実際の戦場に立ってたら戦意喪失間違いなし。


雨などによる天然のウェザリング。
すばらしい。
e0046214_6304087.jpg



みんなァ!ガンダムフロントはいいところだー!
早く戻ってこぉぉぉぉーい!
e0046214_6295878.jpg


それではダイバーシティの建物の中へ。
e0046214_6344145.jpg

まずはガンダムカフェでお買いもの。


ビームサーベル箸。
e0046214_6335058.jpg



e0046214_6325485.jpg

かさばると知りつつも限定プラモ。



e0046214_634934.jpg

e0046214_6341766.jpg
e0046214_6342576.jpg

カフェラテで一服。


ビームサーベル傘もありました。
e0046214_6323520.jpg

さすがにかさばり過ぎるので購入は断念。
っていうか、開いたらただのピンクのビニール傘ですし(笑)。


さて、ガンダムフロントへ向かいます。

つづく
[PR]
by dio-w21 | 2012-08-10 06:37 | コラム系雑記 | Comments(2)
TOKYO2012 第1夜(1日目)
東京レポートをしばらく掲載しますね。



新幹線から東京に降り立つ。
e0046214_4524456.jpg

暑い。

っていうか、もう熱い
何コレ空気がおかしい。
それにひとが超多い
e0046214_4525770.jpg

今日、何かあるのか?

違うと知りつつ以前東京に来た時と同じ思いを
ついつい抱いてしまいます。
すごいな、東京。これが日常なんですね。
っていうか、この日は7/24(火)。
平日の午前なのでむしろ少ない方ってことか。

暇だったので用はないのに山手線に乗ってみる。
見せてもらおう!山手線の性能とやらを!
んで、しばらく行ったら逆回りで帰還。
まぁ、意味はないです(笑)。

それから千葉にある研修所へ。
3日ほど研修を受けました。

さて、研修をした金曜日夕方から自由時間。
日曜の夜に帰ってくればいいのです。
いよいよ出発です。


まずはどうするか。
よし、まずは夜のガンダムを見に行こうじゃないか。

というわけでお台場に向かいます。

ゆりかもめから降りて歩いて行くと…


見えた!
e0046214_4574872.jpg








e0046214_458596.jpg

ガンダァァァムッ!

いやーすばらしい。
e0046214_4583128.jpg

でかいでかい。
e0046214_4593824.jpg

実際見るとすごい迫力だ。
3年越しの夢がかなったよ~。

しばらく見ていると、イベントが始まりました。
こいつ!動くぞ!
動画も撮ってみたんですが、最後の首が動くところで
誤操作で録画が止まってしまい、一番いいところを撮り逃しました。
無念。



音楽と共にアムロやバナージの声が聞こえてきて、
首が動いて、機体の各所から排気っぽい煙(水蒸気?)が。
実にかっこいい。


よし、夜ガンダムは見たぞ。
明日、昼ガンダムも見に来よう。
ガンダムフロントのチケットは既に購入済。
時間指定で明日の昼12時からのもの。

あ、チケットを発券してもらわないといけないんだった。

説明しよう!
インターネットでチケットを申込し、
実際のチケットはセブンイレブン等で発券してもらうのだ!


え…青森県にセブンイレブン、無いんですけど…。


というわけで、東京に着いてからでないと発券できないのだ。
にもかかわらず、

「お客様はまだ発券されてませんので、できれば前日までにうんぬん」

みたいなメールが届きました。
うるさいよ!こっちだって発券したいんだよ!

というわけで、セブンイレブンを探し出し、何とか発券。
その後宿泊費を浮かせるためにマンガ喫茶へ。
いろいろあって最寄りの大きいマンガ喫茶が六本木だったので
六本木へいったんですが、これが失敗でした。

街はゴミだらけ、リアルにGを道端で目撃。
北国って寒いせいであまりGがいないんですよ。
んで、その辺を歩いていても外人さんだらけ。
外人さんは騒いでいて、特に黒人さんのテンションがおかしい。
いきなり背後から

「YEEEAAHH!HOOOO!」

みたいな声がしょっちゅう。

マンガ喫茶に行っても店内はもとより、
店の外での騒ぎ声がうるさくてうるさくて
寝られるもんじゃあない。
完全に失策。


つづく
[PR]
by dio-w21 | 2012-08-08 05:25 | コラム系雑記 | Comments(0)
ただいま
昨日、無事に帰ってきました。

今後、トーキョーでの出来事をゆるゆると報告する予定。
気長にお待ちくださいねぇ。
[PR]
by dio-w21 | 2012-08-05 21:39 | その他雑記 | Comments(3)