へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
目からッ!
ある日、僕が帰宅したあと
いつものように奥さんは本日の出来事や愚痴を
僕が聞いていようといまいとベラベラとしゃべり続けます。

僕は何となく聞いてはいるのですが、
向こうも僕がちゃんと聞いているかどうかは
さほど大きな問題ではないらしく、
お構いなしにとにかく息継ぎもなしにしゃべり続けます(笑)。


奥:「(` ω ´;)でね!それがね!そーなんだって!!」


僕:「(´-`)ふーん・・・(もぐもぐ)」


僕はTVを視聴しつつ、じょうたろうくんと話し、
そしてご飯を食べながら奥さんの話にやや生返事。


奥:「(` ω ´;)そしたらさ!それがね!ああなんだってさ!もうびっくり!」


僕:「(´-`)ふーん・・・(もぐもぐ)」



そしたら奥さんは言ったねッ。



奥:「(` ω ´;)もうね!あたしびっくり!
  あたしあんまり嬉しくて、目からタラコが出そうになったって言うの!?」


いいえ、奥さん。

言いません(汗)。




それを言うなら目からウロコだし、
でも、そもそも目からウロコはそんな使い方はしないしで、
もうどこからツッコんでいいやら(笑)。

・・・言っておきますが、実話ですよ。
マジですよ。
僕が作ってるわけじゃないですよ、この話。

さすが奥さん。
レベルが高いぜ・・・ッ。(^▽^;)
[PR]
by dio-w21 | 2012-05-30 21:25 | 奥さん | Comments(8)
牛乳
じょうたろうくんは牛乳が大好き。

何か飲みたい!的なときは

じょ:「(・ω・)ぎゅうにゅう!」

と自ら進んで飲みます。

ぬぅ。
パパはちっちゃい頃、牛乳嫌いだったぞ。
じょうたろうくんは、魚大好きだし、
ピーマンからセロリから野菜も何でも食べる。
なんてヤツだ・・・ッ。


それで、じょうたろうくんに教えてあげました。


僕:「(´-`)じょうたろうくん、チーズ好き?」


じょ:「(・ω・)うん。」


僕:「(´-`)ヨーグルトは?」


じょ:「(・ω・)うん、すき。」


僕:「(´-`)チーズもヨーグルトもバターもミルク(苺用コンデンスミルク)も
  ソフトクリームもみーんなみーんな牛乳から作られてるんだよ。」


じょ:「Σ(;・ω・)!!


じょうたろうくん、生まれて初めて知る衝撃の事実
自分が好きなものたちは、元をたどると全て牛乳だったッ。



僕:「(´-`)じゃあ、牛乳はどーやってできるか知ってる?」


じょ:「(;・ω・)しらない。」


僕:「(´-`)牛乳はね。牛さんが作ってるの。」


じょ:「(・ω・)うし?」



そしたら、横で聞いていた奥さんが言ったねッ。




奥:「(` ω ´ )そーよ。牛乳のおっぱいから牛が出るのよ。」




奥さん。


逆です(笑)。

[PR]
by dio-w21 | 2012-05-23 06:41 | 奥さん | Comments(6)
スマホ
e0046214_2192965.jpg


ジョジョスマホだと・・・!?

どどど、どうしたらいいんだ・・・ッ!?


(僕、スマホあんまり好きじゃないんですよ、実は)
[PR]
by dio-w21 | 2012-05-16 21:10 | ジョジョ | Comments(2)
What a nightmare!
新年度になってお仕事もバタバタしてます。
にも関わらず風邪もひいてしまい、体調も悪い・・・。


で、を見ました。


は?何言ってんの、いきなり?

と思うかもしれませんが、
僕は、仕事が忙しかったり、心にストレスを感じたりすると
結構な頻度で見る夢があります。


それはやテスト受験の夢


僕は、二浪して大学に入りました。
つまり、3年も受験勉強に苦しんでいたわけです。

一回目の高校三年の頃はともかく、
浪人2年間は、僕にとって相当のストレスだったのか、
深いトラウマとして心に刻み込まれているのかもしれませんね。


そもそも浪人生っていうのはすごく情けない気分になるのです。


どこにも所属してない感覚。
社会の歯車に何もハマってないあの感じ。
自分がいなくなっても社会には何も影響がないという事実。

あの誰にも必要とされてないんじゃないか、と思える独特の感じは、
言葉で伝わらないかもしれませんね。

特に二年目がスゴい。
上で述べた感覚が急に強くなるんです。


もう受験時代なんて遠い昔。
しかも、最終的には希望大学に合格しているわけですから、
目的は完遂し、受験に勝利したと言ってもいいのです。

それにも関わらず夢に見る。

僕にとってよっぽどツラい経験だったんでしょうねぇ。
潜在意識の中に深く深く刻まれているのかもしれません。

夢の舞台は、必ず試験会場。
そばにいるメンバーは大体が現在のひとたち。
友達だったり、家族だったり、職場の同僚だったりします。

でも、もうすぐ試験だ、という感じですごくプレッシャーを抱えながら、
試験会場に向かったり、試験直前で席に座ったりしています。
実際に試験は始まったりはしません。
だから試験を実際に受けてる夢は見たことありません。
直前で必ず目が覚めます
イヤでイヤで目が覚めるのかもしれませんが(笑)。

みなさんもそんな繰り返し見るような夢はありますかな?



余談ですが、映画Back to the futureで、主人公マーティーが
ベッドで目を覚まして、それまでの出来事が夢だったのだ、
ああよかった、現実(現代)に戻ってきたと思い、

「What a nightmare!」

とホッとつぶやく場面があります。
試験の夢を見た後は、僕はいつもこの場面を思い出します。

もう二度とあんな目にあうのはごめんです。

第一、たぶんもう一回試験を受けても今の自分だと受かるとは思えませんし(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2012-05-08 20:10 | コラム系雑記 | Comments(2)