へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ようこそ
e0046214_22201371.jpg


僕のに子供が産まれました。
男の子です。
この子の未来に幸せが待っていますように。


そして、我が息子じょうたろうくんにもおめでとう。
君に舎弟ができたぞ(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2011-03-29 22:25 | | Comments(4)
新たなる自衛隊
いろいろと暗い話題が続いているので、
このあたりで奥さんネタを投下したいと思います。
クスリ、と笑って少し元気を出してもらえれば幸い。


さて。


TVを見ると今回の災害での救助活動の様子が
毎日のように放送されています。

様々な国からの支援も日本に届き、中でも米軍の活躍は、
思わず「アメリカ様!」と言いたくなるくらいカッコいい。
そもそもあのひとたちはサングラスかけてヘリから降りてくるだけでも
サマになるというのに、無許可&現場の判断で
避難所にヘリをつけて救援物資を降ろしていくのだからステキ。
日本のお役所にはなかなか出来ない柔軟さです。

もちろん日本の自衛隊もがんばっている。
すばらしいスピードでテキパキと現場を復旧させていく様は、
やはり日本の自衛隊はすごいなぁ、と思わされます。

正確さとマジメさの日本。
迅速かつ柔軟性がある米国。
この2つが組めば最強だなぁ、なんて思いながら
TVを見ていると、奥さんは言ったねッ。





奥:「(`ω´)このひとたちはアメリカ人?」






僕:「( ´-`)そーだね。かっこいいよね。いろんな意味で。」






奥:「(`ω´)うんうん、かっこいいわよね~。」






僕:「( ´-`)うんうん、そうだよね。」






奥:「(`ω´)この人たちはアメリカの自衛隊?







えーと。






惜しい、と言っておきました(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2011-03-22 20:48 | 奥さん | Comments(4)
震災の爪あと
僕の従弟が被災しました。

でも生きてる。
それは良かった。
亡くなったひとたちがたくさんいる中で、
僕だけが喜んでいるわけにはいかないが、
やはり素直に喜ばせていただきたい。

僕の従弟は、仙台市在住。
まだ結婚してそう何年も経っていなくて、
この前子供が産まれたばかり。

地震で、自分が住むアパートは崩れなかったものの
家財道具はぐちゃぐちゃ。
買ったばかりのTVも割れてしまったそうな。

しかし、そんなことは問題じゃないのです。

その頃、奥さんが赤ちゃんを連れてちょうど実家へ帰っていたのです。
奥さんの実家は、石巻(いしのまき)。

そう、あの津波が来た石巻です。

結局その後2,3日も連絡が取れない。
思い立った従弟はクルマで石巻へ。
しかし、交通規制や道路がダメになったりで市内になかなか入れない。
その日はあきらめ、次の日に改めて出陣。
どうにかこうにか歩いて石巻の街へ入ったものの、
街は本当にひどい状態。

歩く場所は瓦礫や壊れたクルマ。
そして、いたるところに遺体遺体遺体
その中を避難所をたずね歩いたそうな。

従弟の心情を察すると心が痛みます。
この瓦礫の下に自分の妻と子がいるのかもしれない。
この遺体の山の中に自分の妻と子がいるのかもしれない。
そんなことは想像したくない。
きっとそんなことを思っていたのではないでしょうか。

結局、いくつ目かの避難所で奥さんと赤ちゃん、そしてその家族を見つけました。
嬉しかっただろうなぁ。
感動しただろうなぁ。
よかったなぁ。
お前の苦労は報われたなぁ、従弟よ。

奥さんの実家はやはり津波をかぶり、
家は崩れなかったもの、1階の天井まで水が来てとても住める状態じゃないとのこと。
とりあえず今はいろいろと大変ながらみんなで助け合って
何とか過ごしているようです。
赤ちゃんはまだちっちゃいと思うので心配ですが、
何とかがんばってほしいと思うばかり。

弘前でも食料品などいろいろなものが不足しています。
ガソリンスタンドには見たことないような列ができています。
計画停電の話だってあります。
でも、いいじゃない。
まだまだ恵まれてる。どうにかなる。

外国では、こんな状態でも略奪が起こらない日本人に驚いているそうな。
棚から崩れた商品のほこりを払って、会計の列に並ぶ我々日本人はすごいのだ。
いろいろ暗い話題が多かった昨今だけど、
あらためて日本人であることに誇りを感じます。

さぁ、みんなでがんばりましょう。
[PR]
by dio-w21 | 2011-03-20 01:34 | コラム系雑記 | Comments(3)
火事場のクソ力的な。
ども。
また風邪ひいてました。
正確に言うと、地震の前にひいてまして、
一番具合が悪い頃に、地震→停電→寒い!→風邪悪化のコンボ。

でも、不思議なことに停電した後は、
キビキビと動いて奥さんにも指示して
防災用のものを準備するやら、暗闇でいろいろ励ましつつ
じょうたろうくんと遊んであげて不安を和らげるとか
いろいろやってたんですよ。

ところが、次の日の朝に僕の父親と叔父が
電気を使わない石油ストーブを持ってきてくれたとき、
僕は身体から力が抜けて、一気に熱があがってしまったのです。

不思議なものですねぇ。

人間、気力である程度何とかなってしまう、というのを
自らの身体で体験しました。
僕なりに家族を守ろうと必死だったんでしょうね。

屁のツッパリはいらんですよ。
[PR]
by dio-w21 | 2011-03-17 21:59 | コラム系雑記 | Comments(3)
東日本大震災
いやー、揺れた揺れた。
そして停電になったときは更にびっくりしました。
結局、約24時間停電しました。

しかし、こんなこともあろうかと





ラジオ付き懐中電灯
e0046214_1739784.jpg








ろうそく
e0046214_17391486.jpg





しかし、ストーブは電力がないと点かないので
かなり寒い夜をすごしました。
(水道とガスは生きていたので助かった・・・)

地震で揺れているときは、じょうたろうくんは
それはそれは怖がり、パパやママにぎゅっと抱きつき、
その後もしばらく抱っこしてないとダメみたいな状態に。

でも、じょうたろうくんは、その後の停電という
生まれて初めての状況に怖がるやらはしゃぐやら。
e0046214_17392555.jpg





パパやママとろうそくを囲みながらご飯を食べ、
暗闇でケータイのワンセグTVやラジオを静かに聞く、という状況が
じょうたろうくんには少し楽しかったのかもしれません。

しかし、弘前はこのように軽く済んだのでまだ良いですが、
その他の被災地の皆様にはエールを送りたい気持ちでいっぱいです。

それにしても、電気ってありがたいなぁ、としみじみ感じましたわ。
[PR]
by dio-w21 | 2011-03-12 17:39 | コラム系雑記 | Comments(4)
子供銀行券
どうも体調が優れない奥さんとじょうたろうくん。
どこにも遊びに連れて行くことができないので、
おうちで何か遊べるものはないか、と模索した結果がコレ。


e0046214_026434.jpg

おもちゃのお札。子供銀行券
ネットで画像を拾ってきました。


こいつらをちょいちょいと加工して…







e0046214_027232.jpg

じょうたろうくん(おもしろ顔)壱万円万札。






e0046214_028993.jpg

ぺる井さん五百円札。



5分程度のやっつけ仕事でしたが、
ぺる井さんの完成度の高さには製作者本人の自分でさえうなる出来。



で。



こいつを使って、お店屋さんごっこをしてやろうというのだ!



e0046214_0291894.jpg

僕:「( ̄Д ̄)はいはい、安いよ安いよー。いらっしゃいませぇー。」





e0046214_0294852.jpg

じょ:「(`・ω・´)これくだしゃぁーい!」






僕:「( ̄Д ̄)電王(フィギュア)かい?こいつは15,580円です。」(高い)





じょ:「(`・ω・´)はい!」(ぺるい札を差し出す)




僕:「( ´-`)ありがとーございましたー。」




じょ:「(`・ω・´)ありがとごじゃいましたー。」




ふっふっふ。
じょうたろうくん。
パパが法外な値段をふっかけているのには気付いていないようだな。

しかし、じょうたろうくんが使うのはぺる井顔の500円札ばかり
自分の顔がプリントされたお札もったいなくて使えないらしい(笑)。

せっかくパパがいろんな値段をふっかけてるのに、
いつもぺる井500円札しか払わない。ちぇー。

っていうか、作るお札に今は亡き500円札をチョイスしたところが我ながらマニアック。
なつかしいですねぇ、500円札。
今の子は知らないんだろうなぁ。
[PR]
by dio-w21 | 2011-03-07 00:39 | 子供 | Comments(3)
水曜どうでしょう新作(報告)
先日言っておりました水曜どうでしょう新作。
昨日、ついに北海道で無事放送と相成りました。

結局我が家のアクトビラちっとも役に立ちませんでした
どうやらアクトビラにもいろいろ種類があるらしく、
ウチのアクトビラは動画配信サービス無のアクトビラの模様。
意味NEEEEE!

1ヶ月待てば我がABA青森朝日放送で放送される。

しかし、待ってられない
そもそもどこでネタバレを拾ってしまうかわからない。
せめてリアルタイムに。
道民と同じタイミングで知りたい。

聞けば、青森県内でも北海道に近いところでは受信可能らしい。
しばさんと

「津軽半島の北端に近いところまで行けば、カーナビで見られるのでは?」

と話しつつも、もし見られなかった場合、かなり切ない。
大間まで行けば確実に見られるようだが、
さすがに弘前→大間はちょっときびしい。
次の日お仕事ですし。
さすがの僕としばさんも実行には移せません
うーん、この手段は無理としててもどうにかならないものか・・・!



よし、久々に本気出すッ。



というわけで、昨日はPCの前に陣取りまして戦と相成りました。
どうにかこうにか様々な手段を駆使しまして、
もしかすると北海道での放送をライブに受信できるかもしれない手段にたどりつきました。
(違法性は無い、とのことらしいですが、グレーゾーンのようなので手段の明言は避けておきますね)

その判明した手段をしばさんをはじめとする我らどうでしょう班にさっそく電話。
我らの中でも最もどうでしょうにハマっている男、ヒデ岡は興奮。
残業をしていたトゥネちゃんは急いで帰宅。

ん?しばさんですか?

しばさん、家にネットがないんです。
この日、どうでしょうの放送が行われることも忘れて呑んでいらしたようです(笑)。

さて、最後の男みっく
彼に電話をしてみますと・・・



僕:「あ、どーも。DiOです。」


み:「はいはい、どーもぉーぅ。」


僕:「いや、実はもしかしたらライブで見られるかも、
   という手段を教えようかと・・・
   ・・・いまどちらに?」


み:「クルマの中。実は北へ向かっておりまぁす。」




は?



なんですと?



僕:「ま・・・まさか・・・!電波を受信・・・しに?」



み:「そーです。」




や、やりやがった!!

っていうか、同じこと考えてたのか!!

しかも、この男、実行に移しやがった!!!

天気は吹雪いてきてるというのに・・・。

な、なんて男らしい・・・!!




僕:「け、検討を祈ります、お気をつけて・・・!!」


み:「おう!!」


この男、真の藩士のようです。

しばらくしたあと、



「我、受信に成功せり。」



というメールが。
場所はどこかというと三厩(みんまや)の道の駅



e0046214_21484267.jpg



げえ、むちゃくちゃ遠い
本州の最北端は竜飛岬じゃないか。
なんてひとだ・・・!
あンたも次の日、フツーに仕事だろうに!
だが、その苦労は報われた!!
惜しみない賞賛をおくろう!!

で。

結局我ら自宅待機班は、まともに見ることはできませんでした。
しかし、ライブで音声だけは拾うことができました。
企画発表も映像無しでしたが、聞くことができました。
いやー、よかったよかった。
映像付きは来月の放送でゆっくり見ることにしよう。
企画発表の内容だけでも聞ければ、心を落ち着けて待つこともできる。

あ、企画の内容は言わないでおきます。

第1夜の企画発表こそが水曜どうでしょうの醍醐味
というひとも多いはず。
ネタバレしないためにも、ここでは言わないでおきますね。


さて、放送後、再びみっくからメールが。


み:「今後コレを楽しみにいきていけそうです。毎週竜飛通いだな、こりゃ(笑)。」


(笑)じゃねぇぇえええ!!!


(゚Д゚;)マ、マジ!?

おそるべし、みっく。
その中にどうでしょう魂を確かに見たぞッ。


何にせよ、放送が楽しみ。
まったく放送されない地域もあるだけに、かなり恵まれている我が青森県。
1ヶ月なんてすぐさ。
待ってますぞ、水曜どうでしょう!


あ、そうそう。

ちなみに、配信が予定されていたアクトビラですが、
我らどうでしょう藩士の荒々しい討ち入りに、早々にその城は陥落し、
配信開始時間付近にサーバが落ちたようです。
我らが力をみくびっては困りますぞ、アクトビラ。
わざわざ竜飛岬まで行く男がいるくらいなんですから。
その辺はビシッと準備しておいてもらいたいものですな(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2011-03-03 22:09 | 水曜どうでしょう | Comments(3)