へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新のコメント
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
目覚める可能性の獣
最近、奥さんネタの許可がなかなかおりないので、
じょうたろうくんのお話ばっかりですなぁ。
まぁ、いっか。
奥さんネタ掲載のチャンスは常に狙っておりますので、
奥さんファンの方は気長にお待ちください(笑)。

さて。

最近宇宙戦艦ヤマト復活編が上映ということもあってか、
にわかにヤマトグッズが市場に出ています。

先日、ゲーセンで見つけた宇宙戦艦ヤマトの模型
e0046214_18201248.jpg

それがじわじわとじょうたろうくんの心をつかんだようで、
最近異常なまでにヤマトにハマってます

一日中そのヤマトの模型を持ち歩き、
e0046214_18242997.jpg

僕がいると、僕にその模型を持たせ、ヤマトの主題歌を歌わせる。

そして、PCの前にパパを連れて行って、
YouTubeでの動画を再生をねだります。
そして歌わされます(笑)

何だかヤマトが好きみたいだなぁ、と思ったので、
DeAGOSTINIの宇宙戦艦ヤマトFACT FILEの第1号、
そしてコンビニで見つけたヤマトのコミックを与えると
それはそれは喜び、模型と一緒にいじりまわしています。

見ていて、不思議な行動は、例えば動画にヤマトが映っていると
なぜか模型を画面に押し付けるのです。
e0046214_18323195.jpg



それはコミックや絵に対しても同じ。
ぐいぐいとコミックや絵に模型を押し付けて
「( ・ω・)あっ!あっ!」
と一生懸命何か言っています。

俺の持っているコレと同じだ!ということを主張したいんだろうな、とは
思うんですが、なんで押し付けるんだろう。
他の子も同じことするんでしょうかね??

それにしても、一時はトンガった黄色いひとにハマってたので、
うちの子大丈夫かとハラハラしてましたが、先日のユニコーンと言い、
身体に流れるヲタの血が少しずつ目覚めているのを感じます(笑)。

アンパンマンをすっとばして
ヤマトというシブいところで花開いたところに
パパとしてもグッときました。
うならずにはいられません。

サイヤ人と地球人の混血はハイブリッドが生まれると言いますから、
ウチのじょうたろうくんも高い潜在能力を持っているのかもしれません。

これを自分の母さんに話したところ、

「小さい頃のアンタそっくりね…。」

と不安を隠せない顔で苦笑い。
僕も昔、ヤマトのおもちゃで遊び倒しましたからねぇ、うんうん。
フフ、成長は極めて順調ですよ。(ムスカの口調で)


それにしても、毎日何度もヤマトの歌を歌わされるので、
パパもいい加減少し疲れてきました。

でもいいぞ、じょうたろうくん。もっとやれ(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2010-02-24 18:37 | 子供 | Comments(6)
ELT 第3夜
前回のつづき)

というわけで、なんとかそこそこノってるような感じで過ごしました。
でもね。
確かにおもしろかったんですよ。
曲もさることながら、トークがおもしろくて。
やっぱりライブってこういうのがあるからみんな行くんだなぁ、と思いました。

実際にアーティストのひととふれあえて、
しかも生の演奏、生の声はCDよりは声は聞こえにくいけど、
CDとは違う生の迫力と楽しさがある。

しかも、東京とかの大きな会場、例えば武道館なんかでは
とてもじゃないけど、こちらの声はアーティストに届かない。

でも、青森の文化会館レベルの広さであれば、
会場からの声に直接答えてくれて、
トークというかほとんどおしゃべりに近いような場面も多く、
青森ならではの利点というのも感じましたね。

熱烈なファンのひとなら、東京の会場でごちゃごちゃのひとの中で見るより、
ちょっと飛行機代をがんばって青森に来たほうが
より近くにふれあえるんじゃないかな、コレ。

ライブ中にはこんなのも降ってきました。
e0046214_23243571.jpg


さすがに直筆ではないですが、手書きのメッセージが書かれたリボン。
これはファンのひとにはたまらないでしょうなぁ。

終わって会場を出るとこんなのも。
e0046214_23275727.jpg



せっかくなので写真をパチリ。

e0046214_23245589.jpg


シャッターをお願いしたしばさんは、

しば:「マジすか、DIOさん。は、恥ずかしいっす…。」

と恥ずかしがっておりましたが、

僕:「気にすんな!知ってるひとなんかどうせいないから!」

そんなこと気にしてたらダメです。負けです。

ですが、なんと職場の知り合いとバッタリ
いくら狭い青森会場とは言え、知り合いに会うことはあるまいと
思っていたのですが、まさかの遭遇。



やばい。



ファンだと思われたかも。




まぁ、別に思われてもいいんですが(笑)。


でもホラ。


やっぱさ。


僕のキャラってもんが。




DiOさんってヲタだからこんな一般人のライブに来るとは思わなかった。
自分はヲタです、なんて言ってたけど、何?
それってキャラを作ってたのかしら。
DiOさん、割とフツーのひとだったわけ?





なんて思われたらどうするんだ!



…あれ、別にいいか、コレ(笑)。
むしろイメージアップなのか!?


何がともあれ、貴重な機会を与えてくれたしばさんに感謝。
ありがとう。
[PR]
by dio-w21 | 2010-02-19 23:31 | おともだち | Comments(7)
ELT 第2夜
前回のつづき)

会場へ向かいながら話を聞いていたら、
彼女が仕事で都合がつかず、
他の女子たちも誘ってみたけど都合がつかなかったとのこと。
うむ、やはり。
せっかくのELTライブ。
男子同士で、しかもドリカムと区別がついてない野郎と行くのは
やはりしばさんにとっても最後の手段だったわけです(笑)。

ちなみに、最近MihimaruGTのライブにも行ってきたらしいんですが、
そのときの同じように連れの都合がつかず、
最終的には特にファンでも何でもない年上の友人(♂)を
無理矢理誘って一緒に行ったとのこと。
MihimaruGTの客層は若者ばかり。
その中でおっさん二人が若者に負けじと
ノリノリでがんばってきたらしいです(笑)。
やるな、しばさん。
っていうか、ファンでも何でもないのに周囲にあわせてがんばった
その友人にむしろ僕は敬意を表するッ。


会場は青森市の文化会館。
周りは若者ばかりではなく、僕らと同じ
またはそれ以上のお歳のひともちらほら。

ちょっとホッとしつつ席へつきました。

確かに前から10番目
めっちゃ近い。
後ろを振り返ると2階席までほぼ満席。

いいんだろうか。
僕はこんなイイ席にいて。

なんだかとても申し訳ない気持ちに。

開場の灯りが消えました。
いよいよ始まるのか!?

開始の音楽がスタート。
すると、さっきまで座っていたひとたちが
「わぁぁぁぁー!!!」という歓声と共に
まるでリハーサルでもしていたかのように立ち上がります。

(゚Д゚;)なんと。

サザンのときはファンに年配のひとも多いからなのか、
立ち上がって跳ねるようなひとは確かに多いものの
座ってるひとは座っていて、
自分の自由なスタイルで楽しめる雰囲気だったので、
てっきり座って見られるのかと思っていたのですが、
これは、立たないと怒られそう

すごい熱気。
隣にいたおねぇちゃんも途端に身体を揺らしてノリノリ。
なんだろ、このアウェイな感じ。

確かに聞いたことがある曲ばかりだけど
このおねぇちゃんのように夢中にはさすがになれない。
しばさんも何だか遠慮気味にノっている。
後で聞くと「何だかやっぱり恥ずかしくて」とのこと。

うむ、確かに。
ワカル。


(つづく)
[PR]
by dio-w21 | 2010-02-16 21:07 | おともだち | Comments(3)
ELT 第1夜
火曜日の夜11時をまわった頃、
一緒に稚内にも行った我が友人しばさんから電話がありました。

なんだ?こんな夜も遅い時間に。
何かあったのかしら??


しば:「もしもし、DiOさん。すみません夜分遅くに。」


僕:「いやいや、いいけど。どーしたん?」


しば:「あの…実はですね…。」


僕:「な、なんだい?(ゴクリ)」


しば:「あさってのお休みの日の夜、おヒマありませんか?」


僕:「どーだろ。予定は今のところないけど、家族サービスもあるから場合によるかなぁ。」


しば:「ELTのライブ行きませんか?」


僕:「(;´-`)はい?」


しばさんの説明によると、要はチケットを2枚購入したものの、
一緒に行けるひとがいなくて困っているとのこと。
費用その他は一切心配しなくていいので、
一緒に行って欲しいとのことでした。

僕自身はコンサートというかライブというか
そういう類のものは行ったことがありません。
学生の頃にタダ券をもらってサザンのに1度行ったくらい。

ELTというのは確かに知らないわけではない。

知らないわけではないけど、でも正直言ってよく知らない
めっちゃ行きたい!ってわけでもないけど、
ライブというもの自体はこういう機会でもないと
自分ではまず行くことは皆無。
そういう意味ではよい機会なのではないだろうか。


うーん、どうしよう。


しば:「前から10番目なんです。すっごい近いです!ぜひ!」


ほほう、近い。
そりゃ近い。
もうすぐそくにいますよ!みたいな近さ。
やるな、しばさん。
そんなチケットがあるとは。


僕:「全く知らないってことはないけど、よくわかんないんだけど
  大丈夫なんでしょうかねぇ。」


しば:「大丈夫だって!
   みんな聞いたことあるような曲ばっかりだよ、きっと。」


僕:「んー…代表曲って何だっけ。」


しば:「えーとですね…例えば…。」



ここで僕は致命的なミスを犯します(笑)。



僕:「あ、わかった。未来予想図とか。」


しば:「全然違います…それドリカムです…DiOさん…。」


僕:「Σ(;´-`) くっ!!」


このあたりでしばさんが、
僕を誘ったことを後悔しはじめたような
気がしましたが(笑)、
せっかくのお誘いなので行くことにしました。


(つづく)
[PR]
by dio-w21 | 2010-02-13 21:55 | おともだち | Comments(3)
黄色いアイツへの憧れ その後の後の後
つづきです。



じょうたろうくんのトンガリ好きは、意外なカタチというか、
ああ、なるほど!そりゃ食いつくよね、というところにたどり着きました。


それはコレです。





















e0046214_21731.jpg

今ちまたで話題のユニコーンガンダム(のプラモ)。




e0046214_2193321.jpg

前から見るとこう。




e0046214_2194879.jpg

横から見るとこうです。



どうですか、このトンガリ具合。
見事でしょう。
そりゃじょうたろくんの心にもズギュゥゥゥンと来るわけですわ、確かに。


あ、ガンダムのことなんか知らねーよ!ってひとのために説明しますと、
このユニコーンガンダムは、小説が原作で近々アニメ化もされる
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」に出てくる主人公機。
その名のとおりガンダムです。

え?ガンダムって顔じゃなくね?というひともいるでしょう。
そうでしょう。



実はこのガンダム、実はこうなります。
e0046214_21124683.jpg

パカッ




e0046214_2113889.jpg

ジャァァァーン!




このように変形すると途端にガンダム顔に。

んで、このこれでもかとトンガってるガンダムは、
じょうたろうくんの心を強く揺さぶったようで


「(;・ω・)いーち!いーち!いーちぃぃぃ!」


とすごく欲しがります。
やばいやばい、こいつでこんなに反応するとは。
ちょっと警戒してなかったですわ。

まぁ、確かにヤバイくらいトンガってるしなぁ。
そりゃ反応するよなぁ。

だが、この良さがわかるか我が息子よ。
よい傾向だぞ。
この私の跡継ぎにふさわしい。
トンガリフェチを利用して、息子を正しい道へ導かねば。

ストレッチマン → ガンダム

という正しい道に。
ユニコーンガンダムの角が二つに割れてもカッコいいだろう?と教えて
ジョジョに…もとい徐々にトンガリからガンダムのカッコよさを説いて・・・

まずはファーストガンダムのDVDから勉強だ!
[PR]
by dio-w21 | 2010-02-09 21:23 | 子供 | Comments(5)
黄色いアイツへの憧れ その後の後
黄色いアイツへの憧れは更に派生します。

僕が入手した仮面ライダーWお面
最初はあまり反応がよくなく

「( ・ω・)・・・。」

という程度であまり興味なさげだったのですが、
ある細工をしたら
途端に気に入りまして
そのままじょうたろうくんが遊び倒したおかげで
既にデストロイされてしまったため写真がありません。

というわけで、代わりの画像で説明します。










e0046214_11555966.jpg

当然最初はこんな感じのお面だったのですが、
ちょいとハサミとテープでいじりまして・・・

























e0046214_11564285.jpg

こうしてみました。



こうしたのを見せたら



「(;・ω・)!!〇△㌫g%♪$だよねぇー!!
   いーち!いーち!いーちぃぃぃ!!



と心の底から大興奮
そのままずっと遊んでいました。

じょうたろうくんのトンガリへの憧れはまだ続きます。

というわけでもうちっとだけ続くんじゃ。
[PR]
by dio-w21 | 2010-02-06 12:01 | 子供 | Comments(4)
黄色いアイツへの憧れ その後
なんとか復帰しました。

じょうたろうくんはちょっとおなか壊して
5時間たっぷり昼寝をしたらケロリとしてました。

僕は数度嘔吐の上、腹を壊して、熱も8度まで急上昇。



おそらく同じ原因の病気でこうも症状が違うものなのか

生まれながらにスペックが僕より遥かに高いのか!?

さて、そんなじょうたろうくんですが、
黄色いアイツへの憧れは最近どうなったかといいますと、
少々変化してきています。
確かにアンパンマンへも興味を示してきてはいるものの、
黄色いアイツの影響は確実に存在しています。

まず、黄色いアイツ、ストレッチマンのことは、


「(`・ω・´)いーち!」


と呼んでいます。
ストレッチマンがストレッチをしているときの

「いーち!にーぃ!さー(略)」

「いーち」ストレッチマン「ッチ」の部分が混同されているのか、
ストレッチマンを指して

「(`・ω・´)いーち!いーち!」

と言っているのです。
そしてトンガっているもの全てに対して

「(`・ω・´)いーち!」

と言っています。つまり、
この世のトンガっているものは全て「いーち!」であるという認識

そして、トンガリ自体に凄まじく魅力を感じるようです。

自分がパーカーを着せてもらっているときに、
フードをかぶってその頭のてっぺんがうっすらトンガっていると

「(`・ω・´)いーち!」

と興奮。
膨らました風船の先っぽが少しトンガってると

「(`・ω・´)いーち!」

と騒ぐ。

我が息子じょうたろうよ。
なぜそこまでトンガリに…。

(つづく)
[PR]
by dio-w21 | 2010-02-03 21:08 | 子供 | Comments(4)
KO
熱が8度まで上がり、お腹もゆるく、しかも何度も吐きまして

これはインフルか!?

と思いましたが、どうやら胃腸炎のもよう。
最近流行ってるらしいですな…。

奥さんもダウン。
我が家は大ピンチでございます。

ひとり元気なのはじょうたろうくん。
ちょっとうんちがゆるかったぐらいでピンピンしてます。
なんだろう、このスペックの高さは・・・(笑)。

それにしても身体中が痛い…。
ボスケテー。
[PR]
by dio-w21 | 2010-02-01 18:07 | コラム系雑記 | Comments(3)