へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
コロチャー
コロチャー。


最近、CMでもやってますが、みなさん知ってますかね?


カップヌードルに入ってるあの肉。
あの肉がどうやら変わったようなのです。
長年変化がなかった定番の味、カップヌードル。

その中身が変わるというのは、
かなり革新的というかびっくりなことだと思うのです。

というわけで食べてみることにしました。

e0046214_2239429.jpg

買ってきたー。






































e0046214_22392594.jpg

おお、確かに書いてある。
コロチャー。




































e0046214_22411219.jpg

ふむ。
確かに入ってるようですが、
正直、見た目はそんなに変化がないように感じます。































お湯投入ッ。































e0046214_224222.jpg

できたー。
どれどれそれではさっそく…。


















































e0046214_22422848.jpg








































e0046214_22431340.jpg













































e0046214_22432274.jpg















































e0046214_22434090.jpg







































なるほど、こりゃおいしい。

前の肉は、何かのミンチって感じだけど、
これは確かな肉の味と噛み応え。

文字通りチャーシューをサイコロ状にしたような感じ。

味はより肉の脂のうまさがあるような気がします。

味も劇的に変化をつけたわけではなく、
ヘンな批判も招きにくい印象。

こういうマイナーチェンジって賛否両論あるもんだけど、
これは確かなレベルアップではなかろうか。

うんうん、うまいよコレ。

もぐもぐ。

みなさん、是非。



あ、多大な期待はしない方がいいかとは思いますよ。
結局はフツーのカップヌードルです(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-31 22:48 | コラム系雑記 | Comments(5)
家庭菜園
e0046214_7371892.jpg

今年もはじめました、家庭菜園。
これは、トマトと唐辛子。



e0046214_741336.jpg

これはネギ(細)です。

























e0046214_7413395.jpg

んで、これはです。
























・・・謎?

























謎、というのは、何を植えたか忘れてしまったのです。






















てへっ。






















忘れた?なんだそりゃ!?と思うかもしれませんが、これには理由があるのです。


さっきの謎コーナーは、種ゾーン。


トマトとかは苗を買ってきて植えたので、わかります。
ネギは種を植えたのなんだけど、見た目にネギなのですぐわかります。

でも、さっきの種ゾーンは、前の年までに植えたものたちの
余った種がいろんな種類がちょっとずつ見つかったので、
テキトーにぶち込んでしまったのです。

種をまいた当時は、なんとなくわかってまいたんですが、
今となっては自分が何をまいたのか、まったく思い出せないのです。

だから、あとは育ってのお楽しみです。


・・・というとカッコいいんですが、実は困った問題も。


どこに何をどれだけまいたか覚えてないので、
雑草との区別がまるでつかないのです。



これとか。
e0046214_7473594.jpg


これとか。
e0046214_7472727.jpg



雑草なのか野菜なのかわからないので、
うかつに駆除できません。
うぐぅ。


何が育つのやら。

野菜なのか。

やっぱり雑草なのか。

まさに育ってからのお楽しみ。

闇畑。
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-28 07:49 | コラム系雑記 | Comments(7)
ポリ夫
e0046214_22392066.jpg


今日は、ピリカの狂犬病予防接種と
じょうたろうくんのポリオ予防接種の両方があったので、
久々に休暇をいただきまして行ってきましたよ。

当たり前っちゃあ当たり前なんですが、
子供の予防接種ってのはママさんばっかりですな。

男性は僕だけ。

居づらい。
超居づらい。

他のママの

「あら、男性(パパ)?めずらしいわね。」

的な視線で、何だか居心地が…(^▽^;)
終わるまでの間、ずいぶん長い時間に感じましたわ。
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-26 22:43 | 子供 | Comments(4)
争えないもの
争えないもの。

それは血。

そう、その誇り高き血統。


奥さんが北海道帰省から帰ってきたので、いくつかネタを仕入れました。
取れたて新鮮の奥さん関係ネタをお楽しみください。



ある日の奥さんとそのお母さんの会話。


お母さんがガムを買ってきたそうです。


母:「ホラ、きちこちゃん、ガム買ってきたよ、ガム。」


奥:「(`ω´)ガム~?どんなの?」


母:「えーとね、コレコレ。」







































母:「リシトール入ってるやつ。」





























奥:「(`ω´;)キリシトール!?シリトールじゃないの!?」

















母:「うんうん、そのリシトールなんだけど(略)」






















なんどキシリトールだと言っても、そのままキリシトールで続行したそうです。






奥:「(`ω´;)ホント困っちゃうわぁ…血筋かしら。」





あ、一応自覚はあるんですか(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-25 22:11 | 奥さん | Comments(6)
当たった。
仕事が忙しくて帰りが遅くなっております。
ふぅ。

なので、あまり長々と書けませんが報告だけ。


久々にスクラッチ(宝くじ)を1,000円分(5枚)買ったら、
当たって2,200円になって戻ってきました。


バンザーイ。


当たったときに動揺して写真を撮り忘れたのが悔やまれる。
当たったくじって回収されちゃうんだもんなぁ。
ちぇっ。

でも、うれしい。
バンザーイ。

…オチもなんもないですね、今日。
(でも、本来『日記』ってこういうもんなのかしら)
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-20 21:27 | コラム系雑記 | Comments(6)
サイコロの旅 最終夜
前回のつづき)

さて、角館を満喫したものの、
宿が決まっていないことには変わりがありません。

でも、角館はちょうどさくら祭りの真っ最中。
宿は全く空いてないもよう。
とりあえず大都市である秋田に戻ることにしました。






























僕:「とりあえず飯食う?そのあと宿探す?」





















































そう言ったらみんなにすごい顔で



「飯より宿!鉄則ですよ!」



なるほど確かに。

下手に飯を優先すると

「ここをキャンプ地とする!」

と、野宿をすることにもなりかねない(笑)。
どうでしょう班と同じ過ちはしない!と。


というわけで、移動の電車の中でも休まず片っ端から
電話をかけまくりますが、全く空いていません。
仮に空いていても4人は無理!みたいな状態。




「少々お聞きしたいのですが、4人なのですがお部屋空いてますか?」

「ええ、今夜です。」

「あー、そうですか。満室…。いえいえ、ありがとうございました。」

「すみません、今夜お部屋ありますか?…あ、ある!?
 4人です。あー、2人まで…?あー、そうですか。」

「4人でその部屋に泊まるわけには…?あー、ダメですか。」





こんな調子でどこもダメ。

友:「どう?」

僕:「全然ダメ。トゥナイ!?って感じで言われちゃう。


ヨーロッパでのどうでしょう班のごとく、

「フォーパーソン!ウィーアーオールメン!イエース、トゥナイト!」

「トゥナイ!?」


という展開で、ホテルのひとも
「4名?今夜ですか!?」
と、全く部屋は見つかりません。













見つからないまま秋田に到着。














































時刻表を確認すると、
弘前へ帰る最後の手段である特急
10分後に出ることがわかりました。
































僕:「サイコロの目は確かに泊まりだ。
  でも、宿はなかなか見つからない。

  もう時間も結構遅いし、帰る手段はもうないし、
  宿を探すしかないと思ってたけど
  今みたところ、弘前を通過する特急がまだあることがわかった。
 
  帰るならこの特急が最後のチャンスだ。
  これを逃せば帰れる列車はもうない。
  つまり泊まらずに帰るならこの列車に乗れば帰れる。

  でも悩んでいる時間はない。
  その列車は10分後。
  今まさに出ようとしているところだ。

  一応みんなに最後に聞こう。
  本気で探すか。帰るか。

  このまま泊まるのならもちろん本気で宿も探そう。

  ただ…!

  いいのか、コレをこのまま見逃しても。」









































・・・・・・。














































沈黙。

みんなも揺れているのです。
この状況に。



























































「…サイコロで決めますか。」






























ある友人が言いました。

そうだ。

迷ったらサイコロで決めればいいのです。
それがどうでしょう流。























































1~3 弘前へ帰還
4~6 秋田で一泊






































今回ばかりは確率はキッチリ1/2です。
ズルはしません。

「なんとかインチキできんのか?」

インチキしません。
泊まりはもともと確定事項。
それに最後のチャンスを与えてること自体が既にボーナス。



さぁ!さぁ!恨みっこなし。

振れサイコロを!
1/2の夢旅人2009!
























































サイコロに力を込める。





































振るのは、今まで比較的いい目を出してくれている友人。



友:「何が出るかなっ!何が出るかなっ!!
   それはサイコロまかせよっ!
   どぉぉぉぉーん!!!」



























































転がるサイコロ。

駆け寄る僕たち。

出た目は…































































2。


弘前帰還決定。










みんな安堵の表情

帰れる…。

サイコロの旅の終わりの大泉さんたちの気持ちがよくわかります。

旅は楽しい。

でも、帰れる目が出たときのこの「ホッ」とした安堵感。
やったひとにしかわからないのです、この感覚。

夜遅く列車が弘前に到着したあと、
僕たちは居酒屋で打ち上げ。
泊まりの宿泊代を考えれば安いものです。





こうして、僕たちのサイコロの旅は終わりました。



ここをご覧のどうでしょうファンのみなさん。
是非一度やってみてください。

この日記ではあまり伝わらないかもしれませんが、かなり面白いです。
異常なまでに盛り上がります。


その証拠に


友:「またやりましょう!是非第2回を!」


とみんな興奮してました(笑)。


きっといつかやりますサイコロ2。
また、誘うぞ、友よ。

あ、そうそう。
第2夜のコメントでkurosyukeさんが言ってましたが、
お知り合いの方に、
秋田でサイコロの旅をしてた連中を見かけた
と言ってたひとがいたそうです。



僕らなのか?

それとも僕らと志を同じとする藩士なのか?



ヽ(´―`)ノどちらにせよなんだかおもしろいですねぇ。


(おわり)
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-16 09:26 | 水曜どうでしょう | Comments(6)
サイコロの旅 第5夜
前回のつづき)

第4夜でまさかの6を出した神展開。
スタンドでの不正疑惑か!?とも言われておりますが。

























e0046214_2351634.jpg






























e0046214_237362.jpg



































e0046214_2371393.jpg




































e0046214_2372170.jpg























こんな感じでサイコロにスタンドでイカサマがしてあったのかもしれませんな(笑)。




さて、自転車に乗り、目指すは安藤醸造元北浦本館。


ナビ役の友人が道を間違え(笑)、
えらく遠回りするというハプニングもあったものの、なんとか到着。


ここです。
e0046214_2311113.jpg


e0046214_23104891.jpg























































そしてコレです。
e0046214_23113146.jpg


これが数年越しで夢見た醤油ソフト…。

ゴクリ、だよん…ふつう…。


e0046214_2314071.jpg






























それでは恒例の















































e0046214_23141385.jpg
































































































e0046214_23151216.jpg

































































































e0046214_23154177.jpg











































なんだコレ!?


これは!?


この味は!?


うまい!


なんだこのうまさは!?


かすかに塩気は感じるような感じないような…?
しかし、確実にちゃんと甘い。
でも、ヘンな甘さではない。

そして、押し寄せるコク
でも、しつこい甘さや違和感のあるような濃さではない。

濃厚は濃厚なんだけど、なんていうのか。
北海道にあるようなミルクたっぷりの濃厚ソフトとはまた違う濃厚さ。

とにかくソフトクリームの旨さの全てを引き立てる風味



それが醤油なのか?

何も知らずに食べたら醤油が入ってるとは絶対わからない。
わからないけど、とにかくウマい

ある友人なんか

「…僕、もうひとつ食べていいっすか?」

ともうひとつ買いにいったくらい。



いやー、驚きました。
食べに来た甲斐がありました。



ソフトだけじゃなくて、醤油そのものや味噌、
そしてそれを使った名産品が数多くあり、
とてもすばらしい店でした。

商品のほとんどが味見ができるのでかなり楽しい。
なんといろんな醤油の味見もできちゃう。
e0046214_23184688.jpg




いつのまにか長くなってしまってますが、
次回でサイコロの旅最終夜です。


つづく
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-14 23:24 | 水曜どうでしょう | Comments(3)
サイコロの旅 第4夜
前回のつづき)

しかし、前にも言ったとおり、
参加者4名のうち「泊まりはちょっと…
というのが2名いたので、選択肢はこうです。



































1~5 帰ろう!弘前日帰りコース!
6  角館付近で一泊!





























情けない選択肢と笑わないでいただきたい。
だって、帰らなくちゃいけない友人は、
まるでラジオの収録があるため帰らないといけないミスターのような表情なんですもの。

いままでの結果を見てると、
結局は多めに書いたところに落ち着いてる。
やっぱり確率には勝てませんよ。


















だから出ないのはわかってるけど、ひとつくらいは何か書かないと。























しかも!
























とっておきの無茶なヤツを(笑)。



























フリップを見せると一泊の文字にみんな大笑い。



僕:「( ´-`)6はシャレです。」




そして日帰りを主張していた友人にサイコロを振らせることに。





僕:「そして振るのはキミだ。」




友:「まずいですって!なんでこんな選択肢あるんです!?
  僕、かなり6を出す自信ありますよ!?」




僕を含めた他の3人は笑いながら


僕ら:「いやいや、フツー出ないから!」


友:「出たらどーするんです!?」


僕ら:「出たら泊まるしかないなぁ…。」


友:「いやいや!ちょっと!」


僕ら:「大丈夫。(6を)出さなきゃいいだけの話だって。」


僕:「( ´-`)そうそう出るもんじゃないよ。確率的に。」



友:「うぐ…えぇい!知りませんよ!?」




サイコロを持って儀式の踊りを踊りだす友人。






























  何が出るかな♪何が出るかな♪
  それはサイコロまかせよ♪…どーん!!



























一段と空高く放り投げられたサイコロ。































カツーン!!




























地面に落ちて激しく転がります。



























駆け寄る僕たち。



















































e0046214_23242094.jpg

(あまりの動揺に写真を撮り忘れたのでイメージ映像です)


































呆然と地面に崩れる友人。






































爆笑する僕たち。





























僕:「ウソだろ!?」


友:「だから、自信あるって言ったじゃないですかぁ~!」






















とは言え、ホントに出すなんて




まるでサイコロ5ではかた号(2回目)を出した大泉さんの表情の友人(笑)。



すごい。

サイコロには魔物が棲んでいます。

みなさんもご注意を(笑)。



冷静に宿を探して電話をかけはじめる僕たち。
でも、このゴールデンウイークではなかなか見つかりません。




友:「どーするんですか、コレ!?ホントに泊まり!?






僕:「まぁ、僕らも本意ではないんだけど…」




























僕:「( ・ω・)出ちゃったからねぇ…6が。……ねぇ?」


うなづく他の友人たち。


なかなか宿が見つからないので、
宿探しは後回しにして角館を満喫することにしました。


まぁ、時間はたっぷりできた(笑)ということですし。







ところで、角館にちょっとこだわっていたのは理由があります。






それは、僕が学生だったころ、そう今からもう10年近くも前、
とある友人が角館に行き、



友:「すげぇうまいソフトクリーム喰った!」


僕:「どんなの?」


友:「醤油ソフト。」


僕:「(゚Д゚;)醤油!?


友:「それがうまいの!しょっぱくないの!でもうまいの!」


どんなソフトクリームなんだろう…。
一度食べてみたい…。





















というわけで!

その夢、叶えにきました!

その場所は、結構離れていたので、
レンタル自転車を借りて出陣。


つづく
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-12 23:53 | 水曜どうでしょう | Comments(6)
サイコロの旅 第3夜
前回のつづき)

それでは、次の選択肢を発表。









1 まだまだ行くよ 大曲

2 もっと行くよ 角館

3 やっぱり行こう 角館

4 どこだよ 岩城みなと

5 マジかよ 羽後本荘

6 戻るよ 能代
























この辺から選択肢がカオスになってきます。
角館に行きたいので2つ書いてますが、
目によっては山形方面に向かったりします。

日帰り希望者が半数を占めるこのメンバー。
山形方面になんか行っちゃったら、
宿泊の可能性が極めて高くなります。
もし、出ちゃったら彼らはどーする!?
中には


「僕は午前は仕事して、午後から友達の家に行くって言って来ました。」


なんてひともいるんですよ、ええ。

そんなことなら確かに大変です。
友達の家に行くって言ったら、
泊まりだっていうことになって、
友達の家に泊まるのかと思ったら山形
ですもの。
これぞどうでしょう的。



ですが!



なればこその山形方面!

























出たらヤバイ!そんなスリリングな出目も必要なんです。

























テレビ的に。




























…残念ながらカメラは回ってませんが(笑)。


















































「何が出るかな♪何が出るかな♪
 それはサイコロまかせよ♪どーん!!」























































コロコロコロン。































2。




























結局は角館行き決定。
まぁ、確率的にも当たり前か。













































あれ?


























なんだろ、この感じ。


































ホッとしているはずなのに、
僕はどうしてちょっとガッカリしてるんだろ(笑)。





























選択肢のフリップを書いていると、
1個か2個、「マジデ!?」という選択肢を混ぜたくなるんです。

みんなのびっくりする顔が見たい、というのと、
でも、それが出たら自分もひどい目にあってしまうという、
SとMが交じり合うこの矛盾した感覚。

























































僕もあなたの気持ちがわかりましたよ、藤村D(笑)。























さて、秋田で稲庭うどんを食べて、いざ新幹線で角館へ。
e0046214_21532747.jpg




































e0046214_21535695.jpg

どどん!



駅に着いたら、角館の街をみる前にまずはサイコロです。


角館は実は弘前からかなり遠いのです。

そう、ここでの選択が、
日帰り泊まりか!
本当のポイント・オブ・ノーリターン

角館から奥へ行ってしまうと宿泊はほぼ確定です。






つづく
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-10 21:59 | 水曜どうでしょう | Comments(7)
サイコロの旅 第2夜
昨日のつづき)

水曜どうでしょうファンなら誰しも一度はやってみたいと考える。
それがサイコロ。

集めた友人たちもどうでしょうファン。
この企画を拒否しようはずもありません。

と言っても、完全に再現するとお金も時間もかかってしまうため、
あくまで雰囲気だけの擬似サイコロ

まず、スタートも最初からサイコロを振りません。
青森県内の近場をぐるぐる周ってもおもしろくないので、県外を目指します。
だけど、青森は本州の最果て。
北に道はありません。

というわけで、待ち時間も少なくすぐ乗れる秋田行きに乗りました。
e0046214_2254624.jpg


切符はとりあえず一駅分のみ購入。
だって、どこに降りるか決めてないんですもの。
降りるときに清算すればいいんです。

おお、これは。
e0046214_2252128.jpg

つばめ号みたいですなぁ。

車窓からの景色も美しい。
e0046214_2273496.jpg


さて、どうやら秋田の角館に向かうこの列車。
このまま乗っていると鷹ノ巣という駅から
秋田内陸縦貫鉄道という鉄道会社の路線に異動して
JRの路線でないルートで角館に行くもよう。

迷ったらサイコロで決める。
それがルールです。

というわけで、フリップにJRと内陸線の選択を書き、
第一の選択をサイコロにまかせます。





















友:「何が出るかな♪何が出るかな♪
  それはサイコロまかせよ♪どーん!!」






















結果はJR。

乗り換えが決定したのですが、
次の列車まで1時間くらいあるので、
鷹ノ巣駅周辺を探検してみることに。

e0046214_22105849.jpg


普段ならまず降りることのない駅で降り、
これから来る機会なんて普通はないだろう土地を歩く。
こういうのが楽しい。

銀行のポスターもおもしろい。
e0046214_226045.jpg

(秋田のご当地ヒーロー超神ネイガーのキャラのようです)

さて、やってきた列車に乗り込み、
次なる選択肢を考えます。

この選択肢を考えるのが僕なのですが、
これがなかなか楽しい。
やってるとやっぱり「この目が出るとヤバイなぁ」という
スリリングなものも混ぜたくなるのです(笑)。
藤村Dの気持ちがよくわかります。

















1 近い!近いよ! 二ツ井

2 選択肢ひろがる 東能代

3 有名だよね 八郎潟

4 男鹿線に分岐するよ 追分

5 やっぱここでしょ 秋田

6 余っちゃったから 東能代


























友:「何が出るかな♪何が出るかな♪
  それはサイコロまかせよ♪どーん!!」






















結果は2。東能代です。
2つ書いたので確かに確率的には当たり前。

e0046214_2210383.jpg

駅に降り立つと不思議とどうでしょうの番組内でよくある



「どどん!」




という太鼓の音が聞こえてくるようです。
駅に降りたらすぐに次の選択肢を用意。




















1 近いよ! 能代

2 やっぱ行っとく? 八郎潟

3 男鹿行っとく? 追分

4 おいしいものあるよ 秋田

5 いいから行こう 秋田

6 どうしても行くよ 秋田




















秋田の方へ行きたかったので、秋田を多めに。
これこそがディレクター(笑)の特権。


結果は4。秋田行き決
僕の思惑通りにコトは進んでおります。

東能代でも乗換えまで駅の周りを散策。


e0046214_2210696.jpg

こういうのを見つけると「秋田に来たんだなぁ」という気持ちになります。


鷹ノ巣駅でもそうでしたが、
観光地でもなんでもないところでぽっかり1時間くらい時間があくと何もすることがないんです。
でもそれがいいんです。
フツーの旅行ではなかなかそういうことはできません。


それにしても、こうやって淡々と書いていると
サイコロのおもしろさが全然伝わりませんなぁ。
あのサイコロを誰かが振るときのドキドキ感はやったひとにしかわからないのかも。
自分たちの次の行き先がわからない、運まかせ、というのは想像以上に楽しい。



さて、時間が来たので列車に乗り、無事秋田につきました。
e0046214_22115593.jpg

次なる選択肢は…



つづく
[PR]
by dio-w21 | 2009-05-07 22:18 | 水曜どうでしょう | Comments(6)