へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2億4千万のランナー
ちょっと前のことですが、友人たちと久々にカラオケに行ってきました。

ヲタ友ではなく、カタギ衆の友人たちのとのカラオケ。

僕とて歌う歌の全てがアニソンではありません。
一般人の方たちが歌うフツーの歌だって歌えるんだから!

彼らは僕がヲタであることは、もちろん知っているわけですが、
やはり彼らにあわせてできるだけフツーの歌を歌うようにします。










でもね。













やっぱり歌いたくなるわけ。
















アニソン。















そりゃね、これが職場のひとたちの飲み会か何かだっていうなら
僕だって自粛しますけどね。

彼ら友人たちは、僕がヲタであることを知ってるわけ。

じゃあ、歌っていいじゃない。


わたし!歌うわ!思いっきり!!(byミンメイ)


















というわけで、ランナー歌いました。


ランナー』(超時空要塞マクロス エンディング曲)
※YouTubeにとびます。音が出ます。注意。 
















ぼくはーもぉーぅ♪おいかけはしぃーなぁーいぃぃぃー♪



















君のぉー♪はしるかーげぇーのぉーあとぉー♪























いいなあ、実に名曲だ。

最近のアニメにはこういう名曲が少ない。

普通の邦楽ポップスをアニメのオープニングとかに使うのは、
確かに商売上いろいろと効果があるんでしょうから、
その辺の大人の事情はわからんでもないですが、
やはりアニメの曲はオリジナルの曲がよい。うんうん。





























そんな風な気持ちで気持ちよく歌ってたら、
それを聞いていたある友人は言ったねッ。






































友人:「これって、郷ひろみの曲?











































(*´Д`*)でかるちゃー!!!




























僕:「い、いや、違うよ。」



友:「あ、そーなの?」



僕:「アニソン。」



友:「何のアニメ?」



僕:「マクロス…。」



友:「ふーん。」



























すみません。



















僕の声、そんなに郷ひろみに似てますか?


















昔っからそうなんですよ。
学生のときからずっとこういうこと言われてる。

やっぱり僕の歌声ってどうも郷ひろみっぽいらしいんですよね。
特別似せようと思っていなくても、それっぽく聞こえる。

アニソン稀代の名曲が郷ひろみの曲に聞こえるくらいに。

でも、別に「そっくり!」というほどでもなく
それっぽく聞こえる」というのがまたハンパ…。



でも、何か歌うと、「郷ひろみが歌ってるみたい」と言われてしまうこともしばしば。

郷ひろみってのが、嬉しいのやら何やら微妙な感覚(笑)。

これが、福山だったらかなりモテそうなのに。








ちぇっ。
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-29 21:12 | コラム系雑記 | Comments(4)
らめぇ
「んー、狭いなー。痛い?入んないかなー。」


「んぐ…。」


こっちの穴は狭くて入らないなー。」


「ん…。」


「こっちの穴に入れてみよう。」


「ンあ…ハイ…。」


「んー、こっちの方が入りいやすいな、君は…。」


「ん…んぐ…。」


「狭いかなー、でもイケそうだね。ちょっとガマンできるかな?」



ずるり。


アッー!









































e0046214_13402438.jpg





















というわけで、鼻から胃カメラ飲んできましたよ。

胃ェー。

もとい、イェー。


元来、胃腸は結構丈夫な方なんですが、
やっぱり今の勤務状況がアレなだけに、
僕の身体に負担がかかってるんでしょうかなぁ。

最近たまになんだか胃のあたりがギューっとなることがありまして。

というわけで、胃腸科内科に行ってみたら、

「胃カメラ検査をしましょう。」

ということに。


胃カメラ初体験ですよ。
どうしましょう。

昔から胃カメラというとかなり苦しいと聞いてましたが、
最近では鼻から入れるタイプになって
かなりラクになったとは聞いてますが…。


まずは、前の日の夜から食事制限。
その日の朝も水一滴飲まない状態で病院へ。

入院着(?)に着替えさせられ、胃の中をキレイにするクスリという液体を飲み、
仰向けにベッドに寝かされます。


「それじゃ麻酔をしますねー。」


看護婦さんが取り出したのは小さな注射器。
やはり鼻からノドを通して異物を入れるわけですから、麻酔は必須です。


看:「どっちの鼻の穴がいいでしょう。」


僕:「僕、年中鼻がつまり気味なんですが、
  今日は左の方が…通りがいいかなー。」


看:「じゃあ、左にしましょうか。」
  ゼリーみたいなものを鼻から入れていきますね。
  ノドまで垂れてきたら飲んでもいいですから。」


そういうと、左の花の穴に注射器からゼリー状のものを注入。


うげぇ、なんだこの感覚。


しばらくするとノドの奥にもクスリがたれてきます。





しばらく待機。






なんだろう、この感覚。
これが鼻とノドが麻痺しているという感覚なのか。
今まで経験したことのない違和感。


先生がきました。


医:「それじゃあ、いきましょう。」


左の鼻の穴になにやら突っ込みます。
僕はもう目をつぶってますのでよく見てません。
っていうかそんな余裕ないです。


これからのやり取りが最初に書いたとおり


最初、左の鼻の穴に突っ込むも、
鼻づまりのせいか、狭くて入っていかないとのこと。


「それじゃ右のを試そう」


ということになり、右の鼻にも麻酔ゼリーを注入。

鼻がダメだなら、口からってことでしょ?
それってあの苦しいと評判の…ゴクリ、だよん…ふつう。

年がら年中、鼻水出まくりで鼻もつまってることが
多いのがデフォルトの僕としては、これが普通なので、
むしろ鼻が両方スッと通っているときの方が違和感があるくらいで、
特に鼻づまりは気にしたことはありませんが、
このときばかりは、自分の鼻の悪さを恨みました。


でも、右もかなりキツめでしたが、なんとか入った様子。
鼻からノドに行くのはなんとなくわかりましたが、
あとは麻酔のせいかよくわかりません。


でも、何だかノドに異物感。






医:「ちょっとごっくんしてみよー。」





飲み込む動作をしてみると、
何かがノドを通って胃の方まで降りていくような…そんな感覚。


正直苦しい。


なんだこの感覚。



吐き気とかそこまでのものは感じませんが、
なんと言いますやら、この感覚。



「オェェェー」



って感じじゃなく



「おごごごご…っ」



って感じ。



医:「テレビ(画面)とか見てラクにしていいよー。」



無理。
そんな余裕ないっす。
ってか、『自分の中身』なんて見たくないし。



あー、なんだろ、この感じ。

ご飯食べたりしたときのお腹が重くなるような感覚に似てる。

昨日の夜の早いうちからモノを食べたり飲んだりしてないので、
お腹はすいてるんです。

でも、なんだろう。
お腹いっぱいなんです。



お腹がすいてるのにお腹いっぱい。



なんだ、コレ。


でも、最初は苦しかったけど、今はそれほど感じません。
まぁ、ひどく苦しくない、というだけで
何だかツライということには変わりはありませんが。



医:「はい、もう終わるよー。」




しばらくするとお腹を満たしていた何かがひけていくような感じ。
ノドと鼻からズルリと抜けるときはやっぱり痛苦しい。


時間にしておそらく5~10分程度だったんでしょうが、
随分長く感じました。




ふー、やれやれ。




結果は、ちょっと胃の粘膜がうんぬんとか粘液がどうとかはありましたが、
基本的には『大きな問題なし。健康。』とのこと。
よかったよかった。

でも、コレでまだマシだったんでしょうね、胃カメラ。
これよりもっと苦しかったっていうのはゾッとしますな。
現代医学ばんざい。
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-25 13:38 | コラム系雑記 | Comments(3)
ちなみに、私の戦闘力は53万です
先日エヴァチェッカーなるものを紹介しましたが、
なんちゃってスカウターにも挑戦してみましたよ。

まずは本名でチェック。













































e0046214_234969.jpg


















































( ̄~ ̄;)うーん…。





































なんともおもしろみのない結果。
いや、結構高いとは思うんですが、何か中途半端な感が否めない。
つまらんのぅ。

それじゃ奥さんはどうだろう。







































































e0046214_2352566.jpg


















































∑( ̄□ ̄;)高ェーッ!!!
























戦闘力18万超とは・・・。

さすがです、奥さん。
やはり戦闘力はハンパないようです。
ギニュー隊長もびっくりです。


























それじゃあ、先日エヴァチェッカーで信じられないほどの
高いシンクロ率をたたき出した、我が息子じょうたろうは!?

地球人サイヤ人との間にできた雑種は、
強大な戦闘力を有している
らしいじゃあないか。

凡庸な僕と強大な戦闘力を持つ戦闘民族の奥さんとの子なら
さぞかし強大な力を持っているに違いない。

おとうさんをいじめるなーっ!

というわけで、これはきっと期待できるはず。










































































e0046214_23105589.jpg














































(´・ω・)えー…。






































やはり、そうはうまくいかないか。

ちぇっ。























でも、最後にこんなのもやってみました。
僕のハンドルネーム“DiO”。

真ん中の“ i ”が小文字なのがポイント。
DIOやDioだと本物のディオ様になってしまいますからな。

































































e0046214_23143418.jpg







































Σd( ´-`)キター!!!




















戦闘力たったの8!!


ゴミめ!!














こういうのを待ってたんですよ!

妙な満足感が得られたところでオチといたします。

では、本日はこれにて。
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-22 23:34 | コラム系雑記 | Comments(4)
心のかたち 人のかたち
エヴァチェッカーなるものがあるそうです。

自分の名前を入れるとシンクロを計算してくれるんですって。
というわけで、さっそくやってみましたよ。


どれどれ、まずは本名で・・・













































































e0046214_20141811.jpg


































Σ(;´Д`) 低っ!!!!

























なんだ、コレは。
悲しいくらい低い。


この後、ハンドルネーム等、僕が持つ“呼び名”を様々試してみましたが、
シンクロ率は下がるばかり


うぅ、何かくやしい…。

僕はエヴァには乗れないのね。


よし、それならアイツはどうだ?
というわけで、僕の友人で、死ぬほどエヴァが好きな
エヴァマニアなヤツの名前を入れてみると…











































































e0046214_20224357.jpg
























ちょっwwwww

















し、死ぬほど低い。

今までの最低記録をマーク。

気の毒に。
彼がこのEVAチェッカーに出会わないことを祈ろう…。

他にも僕が知るエヴァ好きのヲタ連中の名前は気の毒なくらい低い。
やはり基本的に低い数値が出るシステムなのか。
まぁ、エヴァですしね。
適合者じゃないとダメってわけですかな。


ふむ。
それならば、奥さんだとどうだろう。









































































e0046214_2020693.jpg























































Σ(゚Д゚;)高ェーッ!?
























なんでだ…超くやしい。

みんな低く出るわけじゃないのか?

やはりウチの奥さんが秘めたるパワーはなかなかのもののようです。







ぬぅ、それでは我が息子、じょうたろうくんはどうなんだ?






















































































e0046214_2026767.jpg




















































Σ(゚Д゚;)エーッ!!!!!!























よ、434.5%!?









































パソコンの前でひっくり返りそうになりました。


す、すげぇ…。


400%と言えば、ゼルエル戦で


「エ、エヴァ再起動!!」


「信じられません!シンクロ率が400%を超えています!」


「やはり目覚めたのね、彼女が。」


「使徒を…喰ってる…!」



のアレのときに出した最高数値じゃないですか!?




マヤちゃんの気持ちがわかりました。
まさに「信じられません!」ですわ。


我が息子ながら恐るべし…。
どうやら相当のポテンシャルを秘めているようです。

きっと僕を超えるニュータイプorスタンド使いに育つに違いない。
どきどき。



今回のこの結果はウソ偽りはありません。

もちろん、ちゃんと本名で試した結果です。
僕の友人たちは軒並み低い数値。

そんな中、ウチの奥さんはかなりの高い数値で、
じょうたろうくんに至っては極めて高いシンクロ率。

…そして家族でひとり、極めて凡人の僕。(泣きながら)
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-20 20:46 | コラム系雑記 | Comments(4)
知能テスツ
やっぱり自分の家は落ち着くヨネー。
e0046214_2122145.jpg



さて、ウチのスーパーリラックス犬、ぺる井
家の中では、お手だの伏せだの一通りはできるのですが、
外でのお散歩中はほとんどできません。

そもそもお散歩に出た瞬間から、
テンションは一瞬にしてMAXに到達し、
僕の声など耳に入ってない様子。
うーむ。


そしてウチのじょうたろうくん

最近、モノはモノとして判断しているようで、
狙ったモノに手を伸ばしてきます。
例えば、ケータイやテレビのリモコン、何でも触って確かめようとしているような。

ひとの顔を見て笑ったり、
声や音がする方向を見たりします。














































e0046214_21484668.jpg


























犬の知能は、小型犬・大型犬や固体差はあれど、
一般的に3歳児程度だと言われているようです。



つまり、現時点ではまだじょうたろうくんよりピリカの方が賢いということ?

どうなんだろう。


例えば名前

もうピリカは、自分の名前をピリカと理解している様子。

「ピリカ!」

と呼べば振り向くからです。

『自分の名前』という概念で理解していなかったとしても、
「ピリカ!」と言われて振り向くとイイことがある、とは
少なくも感じているはずです。




では、じょうたろうくんはどうか?







































e0046214_21495631.jpg




































僕:「いかりやさーん!






じょうたろうくんは振り向かない。

単にまだ呼びかけに対する反応が鈍いだけ?





じゃあ、次。


























僕:「しむらさーん!


























振り向かない。






















僕:「しむらー!うしろー!!





















全く振り向かない。

単に僕の声に反応してくれないだけなのか?






























僕:「じょうたろうー!


























































( ・ω・)くるっ



































































e0046214_21514347.jpg













(゚Д゚;)振り向いたー!!!



おお、でも少なくても『名前』には反応することがわかりました。

じょうたろうくんがピリカの知能を追い越す日も近い…のかな?(^▽^;)
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-16 21:53 | 子供 | Comments(6)
どす恋
先日、我が友人が函館に行ってきたときに見つけたもの。


































e0046214_1151791.jpg





















すごいですねぇ、このセンス。


どすこい平成ピリカ ですよ?





うちのぺる井もびっくりですよ。

まぁ、「ピリカ」は、もともとアイヌ語で「美しい」とか「良い」とかそんな意味だからいいとして、
そこに「どすこい」をつけてしまうそのセンスに脱帽です。

やるな、函館!
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-11 11:57 | | Comments(5)
もぐらが見ていた運動会
以前書いた「にんげんっていいな」。



くまの子見ていたかくれんぼ。
おしりを出した子一等賞。




まぁ、このへんは有名ですよね。
でも、2番の歌詞って意外にマイナー。
僕もこの前知りました。


もぐらが見ていた運動会。
びりっ子元気だ一等賞。



なんですって。
へぇー。


さて、うちのじょうたろうくんにバカうけのこの歌。
べそかいてるときに他の歌だと全く効果がないのに、
この歌を歌うとキャッキャと喜ぶ。

うーん、やっぱりこの歌には何か特別な力が…?
フォールド波でも含まれてるのだろうか。
ヤック・デカルチャー。


というわけで、いつものように歌って
じょうたろうくんをあやしていました。



僕:「くまの子みていたかくれんぼー♪
   おしりを出した子いっとーしょー♪」


すると、奥さんが横から来て
一緒に歌いだしました。


奥:「(`ω´)ゆーやけこやけでまたあしたー♪まーたあーしたー♪」


よろこぶじょうたろうくん。

よーし、こうなったらパパとママで合唱しちゃうぞー。



































僕:「(´▽`)いいーなーいーいーなー♪」




































奥:「(`ω´)じーんせいって♪いーいーなー♪」



































ストップ、奥さん!



















人生っていいな!?



















なんか随分深い感じの歌になっちゃってますよ!!(汗)




















僕:「(^▽^;)ちょっとちょっと!歌詞違うよ!」













奥:「(`ω´)あれ?そーだっけ?」



















じょうたろうくん、君にもいい人生が待ってるといいですなぁ。
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-06 21:53 | 奥さん | Comments(5)
マクロス級ふたたび
青森はそろそろ『寒い』と感じる時期になってきました。
家庭菜園も終わりの時期を迎えつつあります。

というわけで、ごっそり収穫してしまいましょう。





















あいかわらずトマトはすごい。
とってもとってもまだとれる。
e0046214_22325383.jpg

























あれ?



























(゚Д゚;)・・・。






















e0046214_22323667.jpg



でかっ!?























デカルチャー!!



なんだ、このお化けナスは!?



今年、ナスを植えていたんですが、ほとんど話に出てきませんでしたよね?

というのも、バカみたいに育ったトマトに押されてしまい、
トマトの枝の下になったナスは、実が全然ならず、
今年のナスはダメだったなぁ、と
僕もすっかり忘れていたのでした。

しかし、トマトの枝をかきわけてみると、
2個のお化けナスがなっていました。

e0046214_22354279.jpg





でも、これ米ナスでもなんでもない普通のナス。
普通のナスがこんなに育つもんですか!?


















じょうたろうくんもびっくりの大きさ。
e0046214_22363387.jpg


写真だとこの迫力がなかなか伝わらないのがもどかしい。



肥料は、苗を植えたときに一緒にちょっとやっただけで、
あとの手入れは全くなし。
追肥も全くせず!

にもかかわらず、バカみたいにとれるトマトといい、
この前のキュウリといい、ウチの土には
妙な物質でも入ってるんじゃないかと心配になりますなぁ(笑)。

それにしても食べるのがちょっと怖い。
こんなにデカくておいしいのかなぁ…?
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-02 22:40 | コラム系雑記 | Comments(6)