へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
デロリアン
またつづきです。

10年前に遊びに行ったアメリカですが、
その理由こそがこれです。




e0046214_2032670.jpg





前にもちょっと書いたんですが、この旅行は僕の長年の夢がかなった旅でした。

中学生の頃から無類の“バック・トゥ・ザ・フューチャー”マニアだった僕。
映画は繰り返し繰り返し何十回と見ました。
ラストシーンなどの断片的なものも含めれば、もう数え切れないほど見ました。

そして、バック・トゥ・ザ・フューチャーに関するものは何でも集めました。
解説書的な書籍から、映画に出てくるタイムマシンのプラモ、

中学生と言えば、アイドルの写真集のひとつでも買ってもよい年頃ですが、
主役のマイケル・J・フォックスの写真集まで買いました。

当時から根っからのヲタ気性な僕は、
英語のスクリーンプレイまで買って、
セリフまで覚えようとする始末。
我ながら異常ですなぁ。

そんな僕がひとつだけ自分の力ではどうしようもないもの。
それがアメリカ、ロサンゼルスのユニバーサルスタジオにある
バック・トゥ・ザ・フューチャー館、つまり『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』でした。

青森に住む僕にとって、
東京のディズニーランドですら手の届かない存在。
(別にディズニーには行きたいとは思ってませんでしたけど)
アメリカなんてとんでもない。


嗚呼、このバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドさえ乗れれば完璧なのに!


そう思ってもアメリカは遠い。
夢のまた夢です。
行きたいと言って連れて行ってもらえる場所じゃない。
自分ひとりで行こうと思って行ける場所じゃない。

まずは自分で自由に使えるお金を稼げるようになってからじゃないと話にならない。

ということは、大人になるまで行けないってことか。
当時中学生の僕にとって、大人になるなんて遠い未来の話。

10年くらいしないと行けないんじゃないだろうか。
そんなに我慢しなくちゃいけないのか。

まさに“かなわぬ夢”として感じていたのです。
ところが、大学生になってから
ひょんなことからロス行きの旅行の話が友人からやってきました。

いつもなら海外に行くお金なんてない、って一笑に付すところですが、
行き先は?なに?ロサンゼルス!?
ロサンゼルスと言えばユニバーサルスタジオがあるじゃないか!!

というわけでユニバーサルスタジオに行ってくれるなら、
他はどこに行ってもいい、好きにしていい。

そう言って参加したのでした。

なので、このバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドに到着した僕は、
もうテンションが上がりまくりで大変でした。



パシャ。e0046214_20231787.jpg








パシャ。e0046214_20235169.jpg









パシャ。
e0046214_2024492.jpg











もう写真撮りまくりです。








あ、ライバルのビフ・タネンのクルマもありましたよ。

e0046214_20251995.jpg





ちょっとマニアック過ぎましたかな?(笑)



そういえば友人もちょっとあきれ顔で写真を撮ってくれてたなぁ。


写真を撮ったあとは、

「キミら、次の見てきていいよ。僕、もう一回乗ってくるから。」

そう言って再びバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドへ。

ヲタここに極まれり。



・・・まさか数年後、日本
ユニバーサルスタジオができるなんて、
当時の僕が知るよしもないんですがね。(;´-`)



いや、でもやっぱり英語ですよ!
セリフは英語で聞かないとつまんないですよ!

USJは日本語吹き替えですもの!台無しですよ!
LAのバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドだって
言ってることは大体わかりましたし、マジデ。



いや、ホントですよ?



くやしくなんかないってば!










…チッ。
[PR]
by dio-w21 | 2007-09-10 20:45 | コラム系雑記 | Comments(0)
世界で二番目
この前のつづきです。
10年前ほど前のアメリカ旅行の思い出。

そういえば、グランドキャニオンにも行ったんですよ。

e0046214_19473616.jpg





いや、すごかったですわ。
目の前に広がるあり得ない景色に、びっくり。
何だか縮尺が狂います。

でも、手すりが限られた場所しかついてなくて、(広すぎるので)
かなりコワイ。超キケン。

僕は高いところがあまり得意じゃないので、
そういう場所にはあまり近づきません。
君子危うきに近寄らず、であります。
まぁ、腰抜けだからなんですけど。

でも、友人たちは我先にとキケンな行為を。

ひぃ、アンタがた落ちても知りませんわよ?

すると、友人たちが僕も危険なところに座らせようとします。
うぐぅ、いやだよー。

e0046214_1948401.jpg



でも、結局座らされました。(;´Д`)



ガイドさんも笑顔で言います。

「落ちないでね~。」

全くそのとおり。
落ちないでくれよ、頼むから。

「毎年、何人か落ちるんだわ。
 落ちたらすごいよー。
 切り立った岩がごろごろしてて、
 下まですごーく距離あるから、
 転がった身体が止まるころには、もうグシャグシャ。」

(゚Д゚;) ひぃぃー。

毎年何人か落ちるというのはホントなのか冗談なのかわかりませんけど、
落ちたらグシャグシャというのはどう見てもマジ。
下の方のぞいてみれば納得の高さと地形。

でもガイドさんが言っていたこのひとことが今でも気になります。

「グランドキャニオンには街があって、映画館でも何でもあるの。
 もしせっかくここまで来て、天気が悪くて見学できないときは、
 その街で映画観たりするんだよね。
 あ、マクドナルドもあるんだけど、このマックは
 アメリカで2番目に高いところで営業してるマックなんだよ。」

おお、マジですか。
じゃあ1番はどこなの?

しかし答えを聞くチャンスもなくツアー終了。

どこが1番なのか、今でも気になってます(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-09-07 19:50 | コラム系雑記 | Comments(0)
さよならマイコー
ニュースサイトを見てたら超びっくりしました。










e0046214_201790.jpg

















Σ(・◇・;)ちょっっっっ!?







マジで!?








何ンンンで!?









やっぱり麻薬のやりすぎとかそういうの!?









・・・と心底びっくりしてクリックしてみたら













e0046214_2061383.jpg





(-_-;)そういうことっすか・・・。



本気で焦りましたわ。



別にファンでも何でもないけど。



ホッとした、と言うとお亡くなりになったマイケルジャクソンさんには悪いですが、
正直なところホッとしてしまいました。



あー、びっくりした。(^▽^;)



・・・僕と同じようにびっくりして、
今日のブログのネタにしたひとは何人いるんだろう(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-09-06 20:09 | コラム系雑記 | Comments(2)
ジュラシックパーク・ザ・ライド
実家でアルバムを見ていたらいろいろ写真が出てきたので
しばらくそのネタを。

10年ほど前にユニバーサルスタジオ(米国)に行ったときのお話。
当時は日本にユニバーサルスタジオができるなんて夢にも思ってない。

その当時、まだできてそんなに経っていない新しいアトラクション、
ジュラシック・パーク・ザ・ライド』というのに乗りました。

e0046214_21525674.jpg



僕は、ちょっと前に同じくユニバーサルスタジオに
遊びに行った友達が言っていたことばを思い出しました。

「乗り物に乗って水が張ってある場所を行くんだよね。
 途中で恐竜が出てきて動いたりするの。
 結構おもしろかったよ。

 んで、最後に暗いトンネルに入ったかと思うと
 乗り物がストーン!と高いところから落ちるんだよね。
 落ちるっていうか、すごく急な坂をすごい勢いで滑っていくの。

 んで、下に着いたら水がバシャーン!ってなって
 すごく濡れちゃうんだ。

 外国って日本と違って水がかかっても誰も怒らないんだよね。
 むしろYEAH!とか言って楽しんでる。

 でも、降りたところで女の人がTシャツ脱いで下着姿で、
 濡れたTシャツの水を絞ってたときはびっくりしたけど。
 しかも笑顔で(笑)。

 あ、そうそう。その急な坂を下りるとき
 周りは真っ暗なんだけど、
 正面が何か一瞬ピカッと光るの。

 あれ、フラッシュなんだよ。カメラの。
 んで、降りたあと、記念に写真買いませんか?って言われるよ。」


僕は動き出したジュラシックパーク・ザ・ライドの乗り物の中で
彼の言葉を思い出していました。

よし、他に乗ってる連中と違い、僕は写真が撮られる箇所を知っているッ。
何かおもしろい格好で映るとしよう。

そしてしばらくコースを進むとTレックスに追われます。
そして暗いトンネルに入りました。


よしッ。

クライマックスだ!

そして暗いトンネルッ。

ストーンと落ちるぞッまもなくッ。


そう思っているとガクン!と乗り物が下りはじめました。

周りに乗っているひとたちは必死に前の手すりにしがみつきました。
キャー!と叫んでいるひともいます。

僕もしがみつきたい!
目をつぶってしまいたい!
うわぁー!ってみっともなく叫びたい!

だが退かぬ!

すごい勢いで乗り物が下り始める中、
僕一人だけがポーズを取って正面を向いています。

ぐぉぉー、フラッシュはまだか!?
あれはガセだったのか!?

第一、周りは暗くて何も見えない。

僕は何も見えない暗闇の中、
カメラがあるんじゃないか?という方向を見てがんばってるけど、
本当にカメラなんてあるのか!?
いつまでこの体勢のままがんばれば!?

そう思っていたら前がピカッと光りました。

来たッ!

フラッシュだッ!

やはり写真の話はウソじゃなかったッ!

一気に安堵した僕は周囲のひとと同じように
前の手すりにしがみついて、うひぃーと叫びながら
落ちていきました。


バシャーン!


いやー、やっぱり水すげぇ。
容赦ねぇ。
周りの外人、全員超うれしそーにしてるし。
さすがだ。

降りた僕らに待っていたのは、
友だちの言うとおり落ちる瞬間を写した写真。

おぃ、DiO。おまえだけ何でこんな風に映ってんのさ!?

一緒に見た写真には、ひとりだけ『浮いた』僕が写っていました。
その写真がコレです。
























e0046214_21515142.jpg






















ニヤリ!




大成功!




ひとりだけカメラ目線ピースサイン

いやー、満面の笑みでカメラ目線の僕の顔を
お見せできないのが、実に残念。


…我ながらくだらないことをがんばったもんです(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-09-05 21:56 | コラム系雑記 | Comments(0)
猫菓子
僕が仕事から帰ってくると、
今日一日あった出来事を報告する奥さん。
僕はいつも


( ´-`)へぇ、そうなんだね~。


と右から左へ受け流しているんですが(笑)、
先日、ちょっと受け流せないことがありましたですよ?


ウチの奥さん、その日はどうやらぺる井さんのご飯を買いに
某ホームセンター内のペットショップに行ってきたようです。


奥:「(`ω´)今日ね~ペット屋さんに行ってきたの。」



僕:「( ´-`)へぇ、そうなんだね。」



奥:「(`ω´)ホラ、ピリカって霧島ないとダメだからさ。
  霧島買ってきたの。」



僕:「( ´-`)そうなんだね~。」



奥:「(`ω´)んでさ、ついでに売ってるこいぬこねこを見てきたの!」



僕:「( ´-`)ソッカーイ。」



奥:「(`ω´)いぬもかわいかったんだけど、
  すっごくかわいいネコがいたの~!」



僕:「( ´-`)へぇ、そうなんだね~。」



奥:「(`ω´)すっごくかわいかった!
 アメリカンショートケーキとかもいて!」



















e0046214_2075744.jpg


にゃー。













(゚Д゚;) アメリカンショートケーキ!?









奥さんチガウチガウ!!!











ケーキじゃありませんよ!!!











何だかお菓子みたいな名前になってますよ!!!







僕:「(゚Д゚;) ショートケーキじゃなくてショートヘアでしょ!!!
  アメリカンショートヘア!!



奥:「(`ω´)すっごくかわいかったの~。」




ここで動揺するのはまだまだ修行が足りない証拠でしょうか。


でも、誰だって動揺するよね!?(笑)
[PR]
by dio-w21 | 2007-09-04 20:13 | 奥さん | Comments(4)
霧島
さて、前回お話した霧島鶏の話。

ピリカはこの霧島鶏のペットフードが大好き。
このおかげで食欲も出て大変喜ばしいんですが、
ひとつだけ欠点がありまして。

それはにおい

もちろんイヤなにおいじゃないんです。
袋を開けると鶏ササミの香りがして実に食欲をそそる。
人間が食べてもおいしそうです。

でも、そう思ったのは最初のうちだけ。

というのも、この霧島を食べるとピリカのう○ちがすっごくくちゃい(笑)。

しかも、そのすさまじい臭気の中に
強く鶏ササミのにおいを感じるのです。

なので、霧島鶏フードのササミのにおいが
なんだかピリカのう○ちのニオイにイメージが重なって
僕と奥さんの中では何だかイメージダウン(笑)。
奥さんなんか最近すっかり霧島鶏の袋を開けるのをいやがります。

それどころか、奥さんの中では“霧島”という名前自体が
どうやら少しイメージダウンしてる様子。

前にTVで“霧島”の銘柄を関した何かを紹介する番組を見て
げらっげら笑ってました。

この前もウチのじ様の法事のときに、
従兄が“黒霧島”という焼酎を持ってきたんですが、
その話を聞いた奥さんは、

(`▽´;)うわぁ…。

と言って何だかニヤニヤしてました。

おかしいですねぇ。
本来“霧島”自体はすごくいいイメージのハズなのに…(笑)。

九州の霧島エリアの方たちすみません。(^▽^;)
[PR]
by dio-w21 | 2007-09-03 19:38 | 奥さん | Comments(2)