へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
最新のコメント
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2007年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
霧島:序
ウチの愛犬ピリカはちょっと犬らしくないところがあります。

というのも、食べ物の好みが犬っぽくない。
犬ってやっぱり肉が好きじゃないですか。
でもね、ウチのぺる井さんは肉があまり好きじゃないんですわ。

なんかね、あんまり肉肉したもの食べたがらないんです。
ドッグフードでビーフたっぷり!とか
旨肉シリーズ!とかポークとビーフでワンちゃん大喜び!とか
そういう類の商品はほとんど食べたがりません。

あげても残したり、そもそも食べようとしなかったり、
何日間か食べても

「(゚ω゚)これあんまりおいしくないんだよね…。」

といった感じの顔で残します。

おやつとかもぜいたくビーフ!ワンちゃんまっしぐら!みたいなのには
ウチのピリカは全然まっしぐらじゃない。

ウチのピリカがまっしぐらな肉は、鶏。
鶏ササミとかはかなり好き。
基本的に脂身の多い肉は嫌いなようです。

そして、大好きなのが煮干し。
煮干しだけじゃなく、サカナ系のものが好き。

あと大好物はキャベツとリンゴ。
しゃくしゃく食べてます。

というわけで、まるで高齢者のような嗜好。
ウチのじ様の生まれ変わりじゃないかと思ったり(笑)。

そしてドッグフードにもこだわりがあるようです。

ウチは基本的にドライフード。(乾いた粒タイプ)
でも、これだけだとピリカは食べないのです。
上に鶏ササミのフードをかけないとダメ。

ササミがたっぷりのとろとろっとしたフード。
その名も『愛情物語~霧島鶏』。
e0046214_21132953.jpg



よく知りませんが、霧島鶏ですよ?
何か銘柄ですよ?
松阪牛とかの鶏版みたいなもんですかな。(ちょっとチガウ)

あ、でも高そうな銘柄の割にはこのフードそんなに高くないです。
量が少ないからかもしれませんけど。
なので、この霧島だけでご飯にすると
何袋もあげなくちゃいけないんですが、
ピリカはこれだけでは食べません。

この霧島をメインのドライフードの上にとろっとかけて完成。
更にその中に煮干しを数本入れると、もうピリカまっしぐらですわ。

ピリカも大喜びの霧島鶏。
ドッグフードじゃないやつを一度僕も食べてみたいもんです。
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-31 21:18 | | Comments(2)
おれのしかばねをこえてゆけ
俺の屍を越えてゆけ

ゲームの名前です。
僕自身はさわりだけしか遊んだことがないので
詳しいことはわかんないんですが、
PSソフトの中でも名作とうたわれたひとつ。

さわりだけ遊んだ、というのは、
PS3ではダウンロードして遊べるソフトが配信されてまして、
その中にこの『俺の屍を越えてゆけ』があったのです。

名作と言われながらプレイしたことのない僕は、
数百円でダウンロードできるということもあり、
軽い気持ちでダウンロード。
まだほとんど遊んでない状態なのです。



ある日、奥さんにPS3の操作方法を教えていたときのこと。



PS3を起動すると、メニュー画面になるんですが、
そこからいろいろできます。
音楽を聴けたり、写真を閲覧したり、DVDを再生したりと様々です。

その中に『ゲーム』というところがあるんですが、
その部分をいじらせて説明してました。


僕:「( ´-`)そうそう、ゲームのところにいったら…」



奥:「(`ω´)うん。」



僕:「( ´-`)リストみたいになってるでしょ。」



ダウンロードしたゲームは、この『ゲーム』というところに表示され、
リストを上下にカーソルを動かして選んで、やりたいゲームをいつでも遊ぶことができます。


奥:「(`ω´)あら、このゲームなに?」



僕:「( ´-`)え、どれどれ?」



奥:「(`ω´)おれのへをこえてゆけ?



僕:「( ̄Д ̄)は!?」



奥:「(`ω´)これこれ。俺のを越えてゆけ、だって。」















(゚Д゚;) “屁”じゃぁねェェ──ッ!!


















じゃないですよ、奥さん!!





です、






し・か・ば・ね!!






第一、屁を越えるってどうやって!?(笑)



僕:「(゚Д゚;) じゃなくて!!」



奥:「(`ω´)あら。そう見えたの。なーんだ。」



屁じゃなくてすっかり興味をなくしたようです(笑)。

俺の屁を越えてゆけ。

確かにどんなゲームなのか気になるよなぁ。(^▽^;)
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-30 19:43 | 奥さん | Comments(2)
ブラウン管の向こう側
でも、今の時代、TVを表すことばとして
“ブラウン管”って通じなくなってますねぇ。
ちょっとさみしい。

さて。

かつて僕が某町役場にいたときに、
ある番組の取材(?)が来たことがあります。

その番組は世の中の不思議なこと、
アンビリーバブルなことを中心に扱う番組です。(察してください(笑))

それまでは結構楽しく見てた番組だったんですが、
この撮影に来たときから僕は、この番組が実はかなりいい加減に
作られてることを知り、あまり見なくなってしまいました。
更に、「TVってやっぱり信用できないなぁ」と思った出来事でもあります。

そのときのテーマは“杉沢村”。
かつて青森県内に杉沢村という村があり、
昭和初期に村のある青年が発狂して村人全員を殺害し、
自らも命を絶った結果、杉沢村の村民はひとり残らずいなくなり、
廃村となってしまった村は、近隣の市町村に合併され、
杉沢村という名前は地図から姿を消すことになった、という伝説。

その伝説が実際あったことなのか、作り話かは置いといて、
(まぁ、作り話だとは思いますが)
これについて撮影に来たときのTV局がまたひどかった。

まず“杉沢村”について町役場に行って聞き込みをするシーン。

町役場なんですから青森県の某○○町役場なんですけど、TV放映時は


○○市役所では…!


と、ろくすっぽ調べもしないで、放送していることが丸わかり。
また、それも取材許可を得ず隠し撮りのような状態。

スタッフが町役場の某窓口に行き、
この町に“杉沢”という地名が無いか確認する場面があるんですが、
その様子をずっと遠いところ(役場の外から窓ガラスを通して)から望遠で撮影。

職員はカメラが回ってることも全く知らずに対応。
フツーに対応してるので別に問題はそんなにないんですが、
撮影してます、と言ってくれてもいいんじゃないですかねぇ?
肖像権うんぬんまでは言いませんけど、何かひっかかります。

しかも、町には確かに杉沢と名前がつくエリアがないことはないんですが、
単なる森で明らかに件の杉沢村とは全く無関係なのが明らか。

でも、それをさもさも「もしかすると…!」というような内容でつくりあげ、
挙句の果てに、その辺のちっちゃい何でもない神社をわざわざ撮影して



我々の前に姿を現した妖しい社…



とか



不気味なその姿は…



とか



何か関係があるのだろうか…!



とか、おどろおどろしいナレーションで脚色。

普段こんな風に作られた番組を見て喜んでいたのか、と
かなりションボリした記憶があります(笑)。

やっぱりTVって視聴者がおもしろい、と感じてナンボですからね。
青森県の小さな町に行って、何もありませんでした、じゃあ
確かに番組としてはつまらない(笑)。

全ての番組を嘘っぱちとして全く見ない、
またはバカにするのではなく、
そいういうことを踏まえたうえで、
あえて「乗っかって」楽しむ、というのが
TVの正しい楽しみ方なのかな、と僕は思います。(^▽^;)

矢追純一のUFOスペシャルとかを
楽しんで見られるくらいの心の余裕は持ちたい。

そういえば、最近矢追純一のUFO番組見てないような。
もうやらないのかなぁ?
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-29 19:54 | コラム系雑記 | Comments(0)
会費とご祝儀 後編
先週のつづき)

最近、従妹が新潟で結婚式を挙げたんですよ。
僕は行ってないんですが、僕の両親が呼ばれて行ってきたんですよ。

新婦は僕のいとこですから、新婦側のひとたちは、
当然青森県のひとばかり。
つまり会費制の地域のひとたちです。

新婦の両親(つまり僕のおじさんおばさん)の計らいで
新婦側の親戚たちは会費制で出席したようです。

ご祝儀制との差額分は新婦側の両親が負担したとか。
何だか結構すごい金額らしいですぞ?

んで、引き出物ってヤツは新郎側・新婦側も同じものでした。

何やら分厚いカタログの冊子が2冊来て、
この中のものであればどれでもひとつ頼んでOK、というもの。

その中を見せてもらってびっくり。
ホントに何でもあるんです。

旅館の日帰りチケットから、日用品、
電化製品、洋服、お菓子、酒、高級松阪牛、
果てはマスターグレード・ガンダム(プラモ)まで。
ありとあらゆるジャンルに渡っています。

もちろん安いものもあるんですが、

「え?こんなの頼んじゃってもいいの!?」

ってモノも数多くありました。

なるほど、こりゃ金がかかるわ。

こんないいものをお返ししてたんだったら、
1万円そこそこの会費じゃやってられないわな。

そういえば名古屋の結婚式ってすごいって聞いたことあります。
ゴージャスで。
娘が2,3人いたら家が傾く、とか何とか。
水曜どうしょうの藤村D(名古屋出身)だってカボチャの馬車に乗ったって言うし(笑)。

ご祝儀制の地域は、きっと式自体も
こちらよりも豪華なんでしょうな。(想像)

まるで遠い外国の風習を聞いたが如くびっくりしました、今回。
本州の方たちはたいへんなんですな。
(青森も本州の最果てではありますが)

(^▽^;)北国に住んでてよかったなぁ、とちょっと思ってしまいました。

でも、僕もそういう式に出る可能性がないわけじゃないんだよな。
南に住んでる友人もいるけど、まだ誰も結婚してないだけ。

早く結婚して幸せになって欲しいとは思うけど、
ちょっと複雑な気分?(笑)


友だちだといくら包むんだろ…?(ドキドキ)
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-27 19:23 | コラム系雑記 | Comments(2)
地域防衛軍
昨日のつづきは来週にしますね。

今日、大規模な防災訓練がありまして、
それに参加してきましたよ。
e0046214_20244789.jpg





天気がよくて絶好の防災訓練日和(?)でした。
e0046214_2024640.jpg




ちょっとわくわくしてしまったのは、自衛隊による川に橋を架ける訓練。
何もないところに橋を作ってしまうんですから驚きです。
e0046214_2031131.jpg

写真の奥に見えるでしょうか?
トラックが鉄骨のパーツを組み合わせて、橋を組み上げています。
大掛かりの割にはかなり素早く完成。
すげぇぜ自衛隊。
感動した!



盛り上がったのは消火訓練でした。
e0046214_20335250.jpg



これがまた燃える燃える。

e0046214_20342674.jpg



なかなかの迫力で、
火事ってこぇー!って思いました。
窓からでかい火柱が上がったかと思っていたら
あっという間に炎に包まれた小屋。

放水によって無事消火完了。
e0046214_20355585.jpg





その後のレスキュー隊の活躍がまたかっこよかった。
e0046214_2039061.jpg



仮設ビルで行なったんですが、人力であっという間に
ビルの上まで昇っていく姿に感動。
4人くらいのひとが綱を引っ張りながら勢いよく走っていくと、
滑車を使って一人が上へぎゅーんと昇っていくんです。

他にはヘリが来たり、重機が来て道路の障害物を撤去する訓練など
様々な訓練が行なわれました。

これだけの大規模の訓練は、なかなか見る機会がないので、
お近くでこういうのがあったら、一度行ってみるといいかもしれません。

自分が参加するような訓練ではありませんが、
災害時にそれぞれの機関がどう動くか知っておいて損はないかと。
おススメ。


あ、ドコモのコーナーに何かすっごいでっかいケータイがありました。
何に使うんだろ。
ただのデモンストレーション用なのかな???

e0046214_20425174.jpg
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-24 20:45 | お役所 | Comments(0)
会費とご祝儀 前編
結婚式に出たことありますか?
正確に言うと披露宴ってことになると思いますが。

自分の結婚式はまだのひとも、
友だちや親戚の式に出たことが1回くらいはあるのでは?

以前、ちょこっと書きましたけど、
恥ずかしながらワタクシ。
自分の結婚式をするまで、つまり結構最近まで
結婚式って会費制が当たり前だと思ってました。

日本全国で見れば圧倒的にご祝儀制の方が多いんですってね。

いや、むしろこの日記を今読んでるひとの中には、

「何言ってんの?ご祝儀をやらない結婚式ってどういうこと?
 会費制?…はァ?」


という僕の逆バージョンなひともいるかもしれませんね。

地域はどこまでかわかりませんが、
少なくても青森県、北海道は会費制。
この辺では、僕の知る範囲では会費制以外の結婚式は聞いたことありません。

会費制というのは、決められた額を受付で払います。
その際には特にのし袋も何もいらない。
その場でサイフからお金を出して払えばよいのです。

相場は地域によって違いますが、札幌は1万円前後、
青森市は1万7千円、津軽圏域は1万5千円が多いようです。
(僕の経験上、です。)

でもご祝儀ってこんな金額じゃすまないんでしょう?
2万3万は当たり前、4万5万ってこともあるって言うじゃないですか。
恐ろしいですね。
月に2,3件結婚式があったらチヌ。

いくらめでたいこととは言え、かなり痛い出費ですよね。

ここまでは自分の結婚式のときに知って、
このときはこのときで驚いたんですが、
最近更に驚く出来事が。

(長くなってきたので明日へつづく)
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-23 19:36 | コラム系雑記 | Comments(2)
ぺる井さん
ふゃん。
e0046214_20345988.jpg



先月の7月22日で1歳になったウチのピリカ
今もなお子供のときと変わらず元気いっぱいはしゃぎまくり。


犬も人間もそうですけど、長く一緒にいると
本来の名前の他にあだ名のような別の呼び方で呼ぶことあるじゃないですか。

ピリカもウチに来て1年近くになりますから、
呼び名もいろいろ生まれました。
今日はそのいくつかを紹介。















(`ω´)ピリ!
この辺は前にも書きましたが、オーソドックスな省略タイプですね。
僕と奥さん以外のひとでもこの呼び方をするひとは多いです。






















(`ω´)ぴーちゃん。
これは、ウチら二人から生まれた呼び名じゃない珍しいケース。
最初は奥さんのお母さんが呼びはじめました。
なんか犬じゃなくて小鳥みたいな感じがします(笑)。
























(`ω´)ピゥルゥィ!
さっきの「ピリ!」の派生版。
でもここから更に派生したのが生まれました。






















(`ω´)ピドゥィ!
上の「ピゥルゥィ」の更に派生版。
「ル」を巻き舌にし過ぎた結果生まれたもの。























(`ω´)ピ!
これは奥さんが多用します。
例えば「(`ω´)ピ!おいで!ピ!ごはんだよ!」
というように、言葉と言葉の間に挟みやすいのが特徴。
不思議なことにピリカはこの「ピ」という音に機敏に反応します。

自分の名前「ピリカ」の中でもやっぱり音として
インパクトが強いんでしょうか。ピ!
そういえば韓国の歌手でもいましたよね。ピ!
あわててレインに改名してましたが。手遅れでしたね。ピ!























(`ω´)ぺるいさん!
僕がふざけて呼んだら定着してしまったもの。
「ぺる井さん」という名字っぽい発音で呼んでみたのが始まり。
奥さんのお気に入りのひとつ。

この前、この呼び名を使っていたずらしました。
家に用事があって電話したときに、
ちょっと声色を変えながら


僕:「もしもしィ。」


奥:「ハイ。」


僕:「ぶらん堂さん(僕の名字(仮))のお宅でしょうか。」


奥:「ハイ、そうですが。」


僕:「あのォ~、ワタクシ、ぺる井不動産の者ですがァ~。」


わざと「ぺる井」を強調しつつ言ったので、
すぐ僕だと気付くだろうと思っていたら、
電話の向こうで一瞬の静寂が。

あれ?と思ったのでもう一度、


僕:「あの、ぺる井不動産ですがァー。」


奥:「…ハイ。




(゚Д゚;) あれェー、気付いてない!?




仕方ないので、もう一度



僕:「あのォ、ぺ・る・井です、がァー。」



そこでようやく電話の向こうから笑い声が聞こえてきました。
あとで聞いてみたところ、一回目の段階で

ぺる井

と聞こえていたそうなんです。しかし、

まさかそんな名前あるわけない。
きっと照井さんとか寺井さんとかの聞き間違い。
でもこんなおもしろいことないわ!
今も電話しながら吹き出してしまいそう。
でも相手に失礼だし、ヘンなひとだと思われるから我慢!
今日の晩、D(僕)が帰ってきたら教えなくっちゃ!
きっと喜ぶわ!!


そんなことをあの一瞬の静寂のときに考えていたそうな。

どーりで一瞬黙ったわけだ(笑)。

というわけで(?)、
ウチのぺる井さんは今日も元気。

e0046214_20414031.jpg


新しいおウチにもすっかりなじんでおります。(^▽^;)
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-22 20:50 | | Comments(2)
愛妻弁当?
僕は毎日職場へお弁当を持っていっています。
奥さんが作ってくれるのです。
愛妻弁当ってヤツなんですかな?

なので、帰ったらまずお弁当箱を出さなくちゃあいけないんですが、
たまーに忘れるんですよ、コレ。
まぁ、忘れると奥さんに「(`ω´)…。」という顔を
されるので忘れるわけにはいきません。
でもたまーに忘れちゃう。

ある日のこと。

職場から帰ってカバンをおろし、一息ついていると



奥:「(`ω´)ホラ!えさ箱は!?」



僕:「(゚Д゚;) え!?」



奥:「(`ω´)えさ箱!」



僕:「(゚Д゚;) えさ箱!?え!?ピリカの!?」



奥:「(`ω´)えさ箱…あ、チガウ。お弁当は!」






えさ箱ってお弁当箱のことですかァー!?






僕:「(゚Д゚;) オイラはピリカと一緒か!」



奥:「(`ω´)まちがったの。忘れないうちに早くおべんと出して。」



これは単に間違っただけなのか!?
僕は奥さんにとって実はペット的扱いなのかもしれません(笑)。
実はポロッと出た本心だったりして…(汗)。



そういえば、昔子供のころ、ウチのかーさんも僕と妹に


「もう5時かぁ。そろそろアンタたちのエサつくんないと。」


って言ったことがあったような…(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-21 19:26 | 奥さん | Comments(3)
フリーマーケット
ちょっと前に撮影した写真。

e0046214_21343853.jpg



自転車に乗りながら撮ったので
うまく撮れていませんが、
右の方に見えるでしょうか。



特設 安い! 安い!
フリーマーケット



でも、これってボローいちっちゃい商店の入り口なんですよ。

フリーマーケットって、広場とかでやる古物市のことですから、
これってちょっと違うんじゃ・・・。

そもそも店の中でモノを売ったら、
フツーのタダのマーケットなんじゃぁなかろうか。

でも、この字はお年寄りの字。
きっとがんばって考えて書いたんだろうなぁ。

このフリマの表示は結構すぐになくなっちゃいました。
間違いを指摘されたのか、
それとも全然ひとが入んなかったのか。

ちょっと聞いてみたいです(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-20 21:35 | コラム系雑記 | Comments(3)
ブルジョワ気分
通勤に電車を使うようになりましたので、
定期券というのを買ったというのは前にも話したと思います。

定期券って結構高くて、4万円弱もしました。
半年分なのでそのくらいであたりまえだとも思うんですが、
高いなぁというのが率直なトコロ。


今日はその定期券を買ったときのお話。


その定期券を買うべく、駅へ。
奥さんにお金をもらっていこうとしたら、

奥:「(`ω´)今、おさいふの中にお金入ってないから、
  立て替えといて。あとであげるから。」

と言われたので、仕方なく貯金から4万円をおろして
駅に向かい、無事定期券を買ってきました。

その日の夕方、奥さんが買い物から帰ってきました。

奥:「(`ω´)お金おろしてきたよー。4まんえん。」

僕:「( ´-`)ありがと。」

奥:「(`ω´;)でもね、ちょっとこまかくなっちゃったの。」

そう言って出してきたのは札束

僕:「(゚Д゚;) エーッ!?何コレ!?」

奥:「(;`ω´)何かね、千円札が40枚出てきたの。」

僕:「(゚Д゚;) 何でそんなことになってんの!!!」

奥:「(;`ω´)知らないよー。勝手に出てきたんだもの!」

勝手に千円札が40枚も出てきてたまるもんですか(笑)。

僕:「(゚Д゚;) まちがって押したんでしょ、きっと!40千円とか。」

ATMで『1万円』とやれば、1万円札が1枚、
『10千円』とやれば、千円札が10枚出てきます。

奥:「(;`ω´)やってないもん。勝手に出てきたの!」

そうは言うけど、きっと押し間違えたんでしょう。
とにかくそんな札束渡されても困ります。

僕:「(゚Д゚;) どーでもいいけど、ちゃんと両替してきなさいよ!」

奥:「(;`ω´)定期買うんでしょ?このまま払えばいいじゃん、ホラ。」

僕:「(゚Д゚;) もう買ってきたよ!それに、仮にこれから買うんだったとしても、
  駅のひとだって困るよ!千円札が40枚も!何の嫌がらせだよ!(笑)」

奥:「(;`ω´)あうー。」

びっくりしたけど、かなり笑ってしまった。
それにしても、同じ4万円でも40枚もの札束になってると
随分お金持ちになった気分がするから不思議です。

くらくてお靴が見えません。

ホラ、これで明るくなったろう。



…知らないかな、コレ?(^▽^;)
[PR]
by dio-w21 | 2007-08-17 19:25 | 奥さん | Comments(5)