へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2007年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
ギョッ
ある日、奥さんは職場の飲み会に行くことになりました。

奥:「(`ω´)あんまり飲み会とか行きたくないんだけどねぇ。」

僕:「(´ω`)たまには楽しんでおいで。」

奥:「(`ω´;)まず、場所がわかんないし…。」

僕:「(´ω`)お店の場所かい?どこでやるの?」

































奥:「(`ω´)んーとね、ぎょみんってところ。」




































なぬ?









































ぎょみん!?






















そんなお店聞いたことない。
ぎょみんって何だろ、漁民か!?














…って、ああ!!



















ぎょみんってひょっとして“魚民”か!?































それはぎょみんじゃなくてうおたみだろう!!(笑)












僕:「(゚Д゚;) ぎょみんって!ひょっとしてうおたみじゃないの!?」



奥:「(`ω´)あー、そうなの?なんかぎょみんって書いてあったから。
  そうやって読むのね。へぇー。」

さすがです、奥さん。
そうこなくっちゃ(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-31 21:08 | 奥さん | Comments(2)
次世代ハード 後編
さて、それではつづきを。
独断と偏見に満ち満ちたお話。

PS3とXBOX360(以下「箱」)ですが、
現時点でどちらがおもしろいかというと
やはり箱の方と言わざるを得ません。

出ているソフトの数が違いすぎます。
箱の方は駄作も含めてですが、やはり数がチガウ。
遊ぶソフトが無ければいくら良いハードでもお話にならりません。
現時点ではPS3は勝負できるソフトがありません。

でも、PS2もかつては遊ぶソフトがまるでなく、
僕もPS2は買ったものの、まるで遊ばず。
FFXI(PS2版)が出るまでほとんど稼動しませんでした。
ドリキャスばっかり動かしてました。
それを考えるとソフトが出揃ったら再び追い上げか!?

これまた偏見ですが、
どうも洋ゲーにろくなのがない
っていうか、口に合わないんですよ。

基本的に作りが大雑把。
操作性は悪く、不親切。
3D系はプレイヤーのことを考えてないほどぐるぐる揺れて
ちょっとプレイするとオエー。

もちろんたまにギラリ!と光る良ゲーもあります。
キラリ!ではなくギラリ!というのがポイント)

この良くも悪くも大雑把、というのは
ソフトのみならずハードそのものにも当てはまります。

箱はまずうるさい。
排気音、起動音がうるさい。
ぶぉー!といかにも電気を食いそうな音。

「(`ω´)そのヘンな機械うるさい!!」

と、奥さんにも大不評
電源アダプタも死ぬほどデカイし。

ハードそのものの操作感については、
箱もそんなに悪いわけじゃないのですが、
やはりPS3と比べると落ちます。

PS3は何かにつけて細やか
やはりどちらも新世代ハードですから
やれることというのは似通ってるんですが、
同じ作業をしているとどうしてもPS3の方が使いやすい。

また、ゲーム以外にやれること自体の性能も
PS3の方が頭ひとつ上
な気がします。

例えば音楽を取り込んだり、聴いたり、
ゲームをダウンロードしたり、と
少なくても僕個人としてはPS3の方が使いやすい

あと、PS3では写真を閲覧する機能がかなり優れてます。
自分が取り込んだ好きな音楽に載せて
写真を閲覧するアルバム機能が大変すばらしい。

でも、肝心のゲームがおもしろくなければ話になりません。
箱のゲームのいいところは、やはりPS3に比べて縛りが少ないこと。
エロ&グロではとてもPS3は箱に敵いません。

高性能の描画エンジンで無駄に緻密に
描かれた女体は匂いまで伝わるようだし、
首や体がぶっ飛んで飛び出る血しぶきも
また臭ってきそうなクオリティ。

というわけでまとめに入りますと、
Wiiは子供やファミリーで遊ぶゲームが充実。
箱はソフトが多く、エロさとグロさではナンバーワン。
PS3はハード自体の性能はやはりすごい、だがソフトがない。

つまり、Wiiは歴代の任天堂ハードの血を受け継いだファミリー仕様
家族やカップルで遊ぶと大変楽しい。
ですが、3度のメシよりゲーム!という連中や
一緒に遊ぶ家族も彼女も友達もいない、というひと(汗)には合わないかも。
あとは、楽しく爽やかにゲームしたいなーというひとにオススメ。

箱は良くも悪くもマニアック
おもしろい作品は確かにあるのになぜかマイナー。
だが、マイナーながらもコアなゲーマーがきっとそれを見逃さないという点で、
かつてのドリキャスと同じ位置に来るか!?

PS3の本体の性能はやはり大したもの
遊ぶソフトが出揃ってからが本当の勝負。
かつてのPS2のようにソフトが充実するとともに
急速に追い上げて再び主力ハードになるかも?

しかしながら、PS2の勝利の原因のひとつが
DVDプレイヤーとしてだったということを考慮すると厳しいか?
ブルーレイがその役割を果たすとは思えないし、
何より本体の価格が高すぎる。
うーん、やはりソフト次第。


結論。

ゲーマーならXBOX360をとりあえず購入して、
そこそこのソフトで遊びながら、
PS3本体の値下げやソフトを充実するのを待つ
、でどうか!?







・・・我ながら偏ってるなぁ(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-30 19:21 | ゲーム | Comments(3)
次世代ハード 前編
今日も今日とてマニアック。
ゲーマーなひとだけついてきて。

さて、ひょんなことからPS3XBOX360がウチにあるオイラ。
最新ハード3つのうち2台もあるとは。
よく考えますとすごいですな。

というわけで、独断偏見を交えつつ
それぞれのハードに対する僕の個人的な意見&評価を。
購入を迷っておられる方は、参考にしていただいてもよいかも。
あまり参考にはならないと思いますが(笑)。

それにしても新世代ハードの代表が2つ手元にあると安心しますな。
どのハードでゲームが出ても大丈夫。
あぁん、僕の持ってないハードで出るの!?ということがない。

思えば昔もそうでした。
スーファミとメガドライブ。
PSとサターン。
PS2とドリキャス。
いつの時代も僕はハードは基本的に
その時代の主力ハードをどちらもそろえてきた。
ゲーマーたるものそうじゃないと安心できぬ。

え?Wii?

へっ。

あんなのゲーマーがやるゲームじゃないやい。
ゲームするためにわざわざ立ち上がってぶんぶん動くなんて、
そんなことはゲーマーはしないッ。
アイドルがうんこしないと同じ!(違)

この前の日記でも

『ゲーマー仕様というよりもむしろ、「オタ」ゲーマー仕様』

みたいな意見も出ましたが…









否ッ!!










キミタチ、ゲーマーの定義を間違ってるッ。





ゲーマーにそもそもライトゲーマーなんてのは存在しない。
「オタ」でないゲーマーなどいないッ。

ゲームを片手間にしからやらない、
ろくにクリアもしない、
買ってきたけど全然遊んでない、
そんなのはゲーマーとは言わぬッ!!




ゲーマーというのはッ!




ゲーセンで朝から晩、むしろ深夜まで過ごしッ。




3食はもちろんゲーセンの中でッ。




むしろメシも食わずにプレイッ。



家にひとりでいるときはコントローラを片手に食事ッ。



やりたいゲームはもちろん発売日に購入ッ。




常にプレイするゲームがないと落ち着かずッ。



ゲームはまさに生理現象。
一般人がトイレに行く感覚でゲームしないと生きていけない。
そんな連中こそがゲーマーと呼ばれるにふさわしいッ!




そんな連中がホントにいるかって?







いるわー!







(゚A゚)俺だー!!







というわけで(?)、割とお子様ゲーが多い任天堂系のハードは
あまり買いませんな、僕は。


次世代ハードについて1個もふれないまま明日へつづく。
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-29 19:59 | ゲーム | Comments(5)
わからない女ゴコロ?
ある日の奥さんはとてもションボリ。
その日は激しく落ち込んでいました。

結局寝るときまで落ち込んでいて、
かわいそうに思った僕は、布団に入ってからも、
そばにいて頭をなでてやりながら

僕:「(´・ω・`)よしよし、かわいそーに。」

と元気づけようとしていました。

僕:「(´・ω・`)どーしたの?」

奥:「(-ω-)うん…。」

僕:「(´・ω・`)しょんぼりして…どーした?言ってごらん?」

奥:「(-ω-)うん…(ぼそぼそ)。」

僕:「(´・ω・`)なーに?よく聞こえないよ。
  どーしたの?大丈夫?」

奥:「(-ω-)…うん…(ごにょごにょ)…(ぼそぼそ)」

僕:「(´・ω・`)なーに?どした?」

























奥:「(-ω-)えだまめ、わたし食べないよ…!









は?



































枝豆?











聞き間違いか!?







僕:「(゚Д゚;) は?枝豆!?」

奥:「∑(`ω´;)はっ!きゃぁぁー(恥ずかしそうに)」

僕:「(゚Д゚;) どした!?」

奥:「(`ω´;)ちょっと寝てた!夢見てた!

僕:「(゚Д゚;) へ?」

奥:「(`ω´)夢でアナタが枝豆茹でてた。
  ザルにざーっとあけて、いっぱい。」

僕:「(゚Д゚;) 枝豆を!?なぜ!?」

奥:「(`ω´)知らなーい。んで、たくさんだから
   あたし、食べきれないよーって言ったの。」

なぜ枝豆なのか、全く不明。しかも、

奥:「(`ω´)なんだか一瞬寝たらスッキリしちゃった。
   落ち込みどっかいっちゃった♪」



∑ヽ(゚Д゚;) うぉーい!!




次の日。





奥:「(`ω´)このまめゆで夫が~!」




名字が“まめ”で名前が“ゆでお”!?
なんで、そんな不名誉なあだ名をつけられているんだ!?(笑)

僕は何もしてないし!

無実だ~!!
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-28 21:55 | 奥さん | Comments(0)
Mr.Moonlight
ウチの映画に出たことがあります。
うぉ、すげーぜ。

…まぁ、エキストラなんですがね(笑)。


その映画は『満月-Mr.Moonlight-』(1991)という映画。
主演は時任三郎と原田知世。

e0046214_2115311.jpg




この映画は、江戸時代の侍が現代へタイムスリップ。
偶然出会ったヒロイン原田知世が彼を助けるのですが、
彼は現代でいろいろ騒ぎを起こしてしまいます。
果たして彼は元の時代に戻れるのか?
彼を愛してしまった原田知世はどうするのか?
そんな感じの映画。

んで、その侍の出身が津軽藩、つまり現代の弘前市ってことになってまして
その撮影に我が街弘前へ来たわけです。

当時の僕は高校生。
興奮しましたねぇ。
普段は華やかな芸能界のニオイがかけらもしない田舎です。
学校でも大騒ぎになってました。

「今日は○○の通りで撮影があるらしい!」

そんな噂がいつも飛び交って、
市内のいろんなところに撮影を見にも行きました。

そんな中、ウチの父さんが役所関係ということもあり、
とあるルートでその映画のエキストラの話が舞い込みました。
それに妹が参加することになったのです。

その撮影場所は、青森空港。
札幌から弘前に向かうべく飛行機に乗ってくるヒロインが、
青森空港に降り立つシーン。

そのシーンで原田知世と共に降りてくる他の乗客、
その中に母娘で乗っている乗客の娘役です。

んで、ホントに映っていたのか撮影時はわからなかったんですが、
実際に劇場でみたらバッチリ映ってましたね。
家族4人で観に行ったんですが、思わずウチの父さんと母さんが立ち上がって

「いた!映ってるよ!妹子(仮名)ちゃん!」

と、大きな声を出しておおはしゃぎ。
他に観てたひとも大勢いたのでエラい恥ずかしく、
兄妹で父さんと母さんに随分怒ったものです。
今では父さんと母さんの気持ちがよくわかりますけど。

もちろん一瞬ですし、大したシーンではなかったのですが、
ちゃんとギャラが出ました。
確か5000~8000円くらい。(正しい金額は失念)

それを僕は大変うらやましく、悔しく思いました。
だって映画に出られた上にお小遣いまで!
なんと憎らしいのか、この妹は!と。



ずるい!ずるい!ずるい!」と言っていると…





















































妹は僕に3000円くれました。


























高校生の兄が中学生の妹から3000円もらうなんてあまりにも情けない。

しかも、妹に小遣いなんてあげたこともないし!

受け取るわけにはいきませんよ、普通は!!









































でも、僕は普通じゃないので、ちゃんともらいました。



























あ、もちろんちゃんと言ってやりましたよ。


















































ありがとう!」と!






























えへっ♪















痛い。









何だかみんなの視線が痛い。


仕方なかったんですって。
当時、ゲーセンではスト2が大流行り。
僕はゲーセン代を捻出するのが超たいへんだったんです。

まぁ、言い訳にもなりませんがね!

プライド?何それ?ウマイの?



( ´∀`)HAHAHAHA



思えば、当時から兄と妹との力関係はできあがっていたんですなぁ。(遠い目)
ウチはドラえもんとドラミちゃんの関係ってことで。
どうかひとつ。



…ドラえもんにもいいところたくさんあるでしょ!?(泣きながら)
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-25 21:25 | | Comments(3)
ちゅき
僕は、大学生の頃にバドミントンサークルに入ってました。

そのサークルに妙なあだ名で呼ばれる男の先輩がいました。



「ちゅきさーん!」



(゚Д゚;) ちゅきさん!?


「さん」は「○○さん」の「さん」か!?
ってことは、「ちゅき」部分があだ名?




「ちゅき」って何!?



名字?




名前?




名字だとしたら何?
“忠木”とかそんなん?
何で読むのか知らないけども!


名前だったら何?
“忠貴”とかそんなん?
“ただたか”と読むわけ??


頭には疑問だらけ。

近くにいた別の先輩に聞いてみました。


僕:「(゚Д゚;) あの先輩、“ちゅき”さんって呼ばれてるんですか?」

先:「そーだよー。チュキさん。」

僕:「(゚Д゚;) 本名なわけないですよねぇ?
  ホントの名前はなんていうんですか?」

先:「うん、あだ名。本名は鎌田さん。」




鎌田さん!?






ぜんぜん関係ねぇじゃん!






なんで鎌田なのに“ちゅき”なのさ!






…ん?



待てよ?



“かまた”と“ちゅき”?



“ちゅき”で“かまた”?





チュキ…かまた?







…って、ああ!!!!




わかった!!!




チュキカマタかよ!!!





チュキカマタ(チュキカマタ銅山、チュキカマタ鉱山)は、
南米チリにある、世界最大の露天掘りの銅山。
海抜3,180mの高地にある。太平洋沿いのアントファガスタは銅鉱の積出港。
米国のアナコンダが経営していたが、1969年に国有化された。(Wikipediaより)


何かそれ地理で習ったわ!
思わず手を打って納得してしまいました。


なんだか文系ならではのあだ名って感じです。
やるなぁ、このあだ名考えたひと(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-24 20:03 | コラム系雑記 | Comments(0)
スパイダーマンの中のひと
世間では『スパイダーマン3』が上映されていますが、
実はウチの奥さんは『スパイダーマン』と『スパイダーマン2』の
どちらもまだ観ていませんでした。

というわけで、僕が所有するDVDで2日間連続で視聴。

僕:「(´ω`)どーだった?おもしろかったしょ?」

奥:「(`ω´)おもしろかったー。」

僕:「(´ω`)でしょう?それはよかった。」

僕はアメコミヒーローが結構好きです。
ちょっと読んだこともあります。

昔、カプコンからアメコミヒーローの格闘ゲームが出た際に
一時期ちょっとハマった時期がありまして、
アメコミ自体は手に入りづらいながらも、
そのときにいろいろ読んだり、情報を仕入れたりしてたのです。

僕:「(´ω`)向こうのヒーローって屈強でマッチョで
  みんな勇気があって、まさにヒーローって感じなんだけど、
  スパイダーマンは違うんだよー。」

奥:「(`ω´)へぇ。」

というわけでオタクらしくうんちくをたれていました。

僕:「(´ω`)やっぱり主人公は基本的にオタクで、
  ヒーローのときは強いくせに、私生活ではパッとしないの。
  ヒーローの能力を私的な目的だけに使っちゃったり、
  いろいろ悩んじゃうし、女の子の前では話せなかったり。
  そういうところがすごく共感するんだよね。」

奥:「(`ω´)あー。どーりで。」

僕:「(´ω`)え?」

奥:「(`ω´)スパイダーマンってあんたに似てるなーと思って。」

僕:「(´ω`)そう?」

奥:「(`ω´)うん、オタクなところだけだけど。」


(゚Д゚;) ぎゃーす!
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-23 20:52 | 奥さん | Comments(0)
黄色い潜水艦
ある日の奥さんとの会話。

何をしゃべっていたか忘れてしまいましたが、
“英語の歌”の話になりました。

奥:「(`ω´)この歌は何て言ってるの?」

僕:「( ´-`)うむ、これは○○っていう意味だよ。」

奥:「(`ω´)へぇ~。じゃぁアレは?」

僕:「( ´-`)ん?なぁに?」

奥:「(`ω´)あのさー、ビートルズのさー。えーと…」

僕:「( ´-`)どの歌?」


奥:「(`ω´)いぇろーさぶまりん♪ってやつ。」






またも爆笑。





イエローサブマるリンって!!(笑)




おもしろいなぁ、もう!



奥:「(`ω´;)あれ!?さぶまるりんじゃなかった!?
  じゃぁ、何て言ってるの?」

僕:「(´ω`)あれはね、サブマリン。潜水艦ってことだよ。」

奥:「(`ω´)へぇー。」


でも、英語の歌ってすごいですよね。
ずっと「僕らはみんな黄色い潜水艦の中に暮らしてる(働いてる)」とか
「自転車♪自転車♪自転車♪」(Queen)って繰り返しても
何かカッコイイ感じに聞こえるんだもんなぁ。
日本語だったらかっこ悪くて歌にならないもんね(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-22 22:11 | 奥さん | Comments(2)
ポン
本日はプチトリビア。

雑誌で読んだか、ネットで見たのか忘れてしまいましたが、
ともかくどっかで手に入れた情報。
ネタ帳に書いておいたんだけど、情報源をメモするのを失念。くぅ。


さて、ポン酢とポンジュースの「ポン」について。

ポン酢の「ポン」ってどんな意味があるんでしょーか?

実はコレ、柑橘類の搾り汁という意味の
オランダ語“ポンス(pons)”の“ス”を
日本語の「酢」にかけて『ポン酢』ということになったらしいですぞ?

じゃあ、ポンジュースの“ポン”も同じかというとそうじゃないみたい。

ポンジュースの“ポン”は「日本一(にっぽんいち)」の“ポン”。

原料が同じ柑橘類なだけにまぎらわしいですなぁ。
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-21 21:50 | コラム系雑記 | Comments(2)
ひとの目には見えないもの?
プチミステリーその2

今日は、以前書いた日記を読んでいるとより楽しめます。
というわけでその抜粋。

○他の人間が通ると、すぐに愛想を振りまきに行く。
 特におっちゃんやおばちゃんが好き。


○他の犬を全く意に介さない。
向こうが必死に形相で「ウワン!ゥワンワン!!」と吠えていても
ほとんど無視してスタスタ歩いていく。
気にするときも、2,3度チラリと顔を向ける程度。


このように、ウチのピリカは人間や他の動物に向かって
吠えるとか警戒するとか、そんな態度を取ったことが一度もありません。
相手が例え宅急便のひとだろうが、
新聞の集金のひとだろうが、
カラスだろうが、猫だろうが全く警戒せず。

警戒しすぎて吠えまくるよりいいか、とは思ってはいますが(笑)。

あ、怖がってガクガクふるえるのはのとき
耳を下げて怖がってそわそわして窓の外をじっと見て、
僕らを見つけると

「(;>ω<)だっこして~!」


とばかりに僕らの身体によじのぼろうとします。萌え。



というわけで、本日の日記始まります。



先日、愛犬ピリカの様子がおかしいときがありました。
誰もいない台所の方をじ~っと見ています。

僕や奥さんがいるときは、
いつも僕らの姿を目で追うのに、僕らがそばで

「ピリカー!ピリカー!」

と言っても見向きもしない。
台所の向こうはアパートの2階へ上がってくる階段。
誰かが階段の方にいるとか?

でも確認しても誰もいない様子。

「どしたの、ピリカ?何かいるの?」

一瞬こっちをチラっと見たあと、
また台所の方をじ~っと見てます。

「犬って人間の見えないものが見えるって言うよね。」

そんなことを奥さんと言いながらも
その日は深く気にしませんでした。


別の日。


僕が夜遅くまで残業していると、ウチにいる奥さんからメールが。
※メールは原文をそのまま載せています。


>ピリカの様子がおかしい。


最初は、ピリカが体調でも崩したのかと思って
心配していると次のメールが。


>なんかわかんないけどやたら台所?周り
>みてびくびくしている 耳下げて  
>んで、抱っこしてってなるから 今膝においてるんだけど
>きょろきょろして 足震えて恐がってる(´д`)



次のメール。


>最初 小屋からでてこないから 
>どうしたかなとおもってサークルにはいって
>のぞいたら やたら膝にあがってきて 
>昨日の雷んときみたいで 変だなとおもったんだけど・・・
>まだ同じところ じっとみている(´д`)



そういえばこの前もそうだったね、とメールを返信すると


>あの時は だれか来たからかとおもったんだけど・・・ 
>なにかいるのかしら・・・(´д`)はやくかえってきて



奥さんが恐怖を感じ始めたようです。
かわいそうに。
早く帰ってやりたいが、仕事がまだ終わらぬ。


>サークルにはいりたがらない
>(´д`)まだかえれないの?



むぅ、どうやらかなり怖いようだ。
何とか早く帰ってやらねば。


>なんか 一転みつめて 
>「う~う~!」ってうなり声あげだした(´д`)

※一転=一点 動揺して打ち間違えたのでしょう


(゚Д゚;)こぇー!!

あの何に関しても全くもって
吠えない&うなり声もあげないピリカがうなり声!?

一体何が起きてるんだ!?

しばらくしてから、仕事を終わらせて帰ってみると
ピリカは奥さんの膝の上に座ってました。

奥:「(`ω´;)ようやく落ち着いたわ、ピリカ。」

僕:「(゚Д゚;)何があったん?」

奥:「(`ω´;)わかんない。なんだったんだろう。
  少し前から落ち着きだしたんだけどさ…。」

結局ピリカの態度の原因はわかりませんでした。

別にホントにピリカには幽霊が見えてたとか言うつもりはないけど、
そういう態度取られるとちょっと怖くなりますよね(笑)。

ホント、何だったんだろう??
[PR]
by dio-w21 | 2007-05-18 23:23 | 少し不思議なor怖いお話 | Comments(2)