へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
最新のコメント
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
弐号機シグナルロスト
さて、昨日書きましたが、チャリが盗まれましたのに気付いたことですよ。
ぐっすんおよよ。
というわけで、僕の嘆きを反映してか、今日の日記はちょっと長いです。
まぁ、長いのはいつもか(笑)。

「昨日、盗まれた」

のではなく、

「昨日、盗まれたことに気付いた」

というのは、恐らく盗まれたのは昨日じゃないから。
実は、昨日奥様がふと

奥:「(`ω´)玄関先にあったマット片付けた?」

と僕に聞いてきたのです。
ウチはアパートでありますが、
玄関の前に靴の雪を落とすマットを敷いていたのです。

はて、そう言えばいつのまにやら無くなっていた。
随分前から無かったような…。
てっきり模様替え好きの奥さんがまた片付けたものと思っていた、
というか今言われるまで、マットの存在を忘れていたという方が正しいか。

僕:「(゚-゚)いや、僕は何も…。そういえば随分前から無いような…」

つまり、こういうことです。
ウチの玄関先のマットが何者かによって持ち去られていた。

足ふきマットくらい盗まれてもどうってことはないと言えばないですが、
あんな安物のマットを持っていってどうするのかしら。
そのとき、ふと頭にイヤな予感が。




本当に犯人は足ふきマットだけを盗ったのか?




そう感じて何気なしに自転車置き場を見ました。








(゚-゚)あれ?







(゚-゚ )三( ゚-゚)キョロキョロ







無いよ?








何が?








僕のTGR-02S 『 (新)津軽号 弐号機 』(チャリ)が!!



















弐号機強奪!!!!



















いやァー!!わたしのガンダムがァ~~~ッ!!!










やはり弐号機は強奪される宿命なのかッ!?
おのれニムバス・シュターゼン!!!(ガトーじゃないのがマニアック)





やられたッ!!
他のショボイ(失礼)量産型のチャリには目もくれず
僕のカスタム機だけ持って行くとは実にお目が高い!!(違)
実は僕の自転車は見た目がすごく「高そう」なのです。

ごてごてといろんなモノがついたマウンテンバイク。
しかし一見高そうなのにお値段2万。
チョー安い。

フレームの真ん中に位置するスプリングはほとんど意味は無く、
前輪部分のフレームについたスプリング状のモノは実は飾り。
見た目は軽そうな車体は実はかなり重い。
ゴツそうなタイヤは安いタイヤなので、もはや溝はほとんど消えてる。

つまり、見た目はガンダムでも中身はジム!!
ジム頭ならぬガンダム頭。
ハリボテの機体なので価値低いんですよ。
横に並んでる別の自転車たちの方がずっと高いですよ。
犯人さん、あんた見る目ないよ!
高く売れませんよ、僕のチャリ!!!

犯人が同一犯かわかりませんが、
この場合、金目のモノ(チャリ)を盗りにきて
ついでに足ふきマットもいただきます、るぱぁんしゃんせい♪
という方が自然か。
おのれ、ルパァン!!!

実は、わたくし。
ここしばらく自転車に乗ってなかったのですよ。
雪降りましたし。

加えて、自転車置き場はアパートの奥の方なので、
ここ2ヶ月近く自転車置き場の方に行くこともなく、
しかも、階段の裏ということで自転車があるかどうかも
全く外から見えない状態なのです。

つまり、僕はここ2ヶ月ほど自転車の有無を確認してないわけです。
仕方ないので、自転車置き場の前に玄関があるお宅へ行って
事情を話し、僕の自転車がいつからないか聞いてみました。

「てっきり雪が降ったからしまったのね、と思ってました。」

つまりこういうことです。
雪が降り始めた頃には既に無かった、と。



つまり僕は間抜けにも自転車が無くなったことを
全く気付いていなかったのです。














2ヶ月間も。











なんてこったァ!!(机を叩きながら)


なんとも情けない。
頭脳がマヌケか、僕はァ。

足ふきマットがなくなった時期と一致しそうですが、
しかし、ここで重要なことはそういうことではありません。
僕が一番ショックだったのは自転車が無くなったからではないのです。

もちろん愛車なのでショックではありましたが、
そういう物質的なことじゃなくて
この辺にそういうひとがいるという事実。

本屋やゲーセンから出てきたら無くなってたというのとは次元がチガウ。
(これらは経験あり。大概駅前とかから見つかる)
これらは、なんかまだかわいい悪意。
だって、彼らは自分の目的地まで乗っていくチャリが欲しかっただけ。

しかし、今回のはわざわざ住居に侵入し、
高そうなモノだけを持っていくという
明らかに金品目的の犯行。

こんな田舎にもそんなことを生業にしてるひとがいるなんて。

いや、近年は弘前市も武富士事件とか強盗殺人とかありましたし、
いろいろ物騒なので、正確に言うと「わかって」はいたのですが、
実際に住宅地の奥のこんな金が無さそうなアパート付近にまで
そういう方々が来ているという現実をつきつけられたような、
なんかそういうことがショックなのです。

犯罪の性質上、もはや戻ってこないだろうなぁ。
新型機の導入は難しそうなので、
旧型の(新)津軽号初号機をひっぱり出してくるしかなさそうです。
今は引退して埃をかぶってあちこちボロボロで走行不能なので
かなり改修しないといけませんが。


それにしても、本屋やゲーセンで盗まれたのなら
駅前で見つかることはあるかもしれませんが、
今回はもうどこに売り飛ばされたやら。

もう県内には無く、下手すると国外にあったりして…。
今頃どこかの国で

「いい自転車ニダ!」

と誰か乗っているのかもしれませんね(苦笑)。

それにしても僕の人生はホントにネタに困らないなぁ。(泣きながら)
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-31 21:03 | コラム系雑記 | Comments(0)
嗚呼
今日はチャリを盗まれていたことに気付いたのでションボリ。

書く気力もないので明日にでも詳しく書きますね。

みんな!オラに元気を分けてくれ・・・。
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-30 20:52 | その他雑記 | Comments(4)
2006新作!!
届いたッ!

何が?

ビデオがッ!


何の?

水曜どうでしょう!!!



ワーワー、ドンドンドン、パフパフ。
というわけで、今日はどうでしょうに興味が無いひと置いてけぼり。
2006年新作についてはネタバレはしないので、
興味があるひとはどうぞそのままご覧下さい。

ついに届きました、2006年新作。
録画して届けてくれたのは、札幌在住の友人ぜん。

今回の新作は、10回前後の放送回数ということで、
早くて終わっても3月まで放送することになってるんですが、
ぜんは、その録画を快諾してくれたわけです。

しかも、今まで放送された第2夜まで送ってくれまいかという
僕の無理なお願いも快諾。
なんていいやつだ、ぜんよ。

すばらしいぜんくん!
君は英雄だ!
大変な功績だ!!!

(ばきゅーん)

あ、ネタわかりにくいですか。
ラピュタです。


前回2005年新作のときもそうだったんだけど、
第2夜くらい、つまり企画発表だけでも見てると
あとは安心してしばらく我慢できるのよね。
だから第2夜までだけでも早く見たくてお願いしたわけ。

ぜんよ!
君のおかげで数々の藩士たちが涙を流して喜んでいるぞッ!
(※藩士:どうでしょうマニアの意)
みな群がるように借りていったわ!!
大変たすかった!
ありがとう心の友よ!!
これからもよろしく頼むッ!!(私的なメッセージ)


さて、感想ですがネタバレを避けるため多くは書きません。
企画自体のインパクトはやや薄め。

でも、前回は祭会場で実際に出演の4人と、
そして周りには同じ価値観をもったひとたちが何千人といて、
真駒内アリーナいっぱいに笑い声を響かせつつ
見ましたからねー。

そして、
牛か!?牛追いなのか、やっぱり!?
…あれ、“む”?
“うし追い”じゃなくて“むし追い”かよ!!!

というような演出もありましたしね。

それに比べればインパクトが薄まるのも詮無きこと。
力がいい具合に抜けたどうでしょうらしい展開だったと思います。

それに、今回はロケ期間も長かったし
単にこの企画がすんなりいくとも限らないかも?
それはあとのお楽しみですかな。

以上!解散!!
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-29 18:53 | 水曜どうでしょう | Comments(0)
地方CM
夕張市がたいへんなことになっていますねぇ。

さて、その地方にはその地方だけで流れるCMってありますよね。
僕が覚えているというか忘れられない北海道の地方CMは、

ほっかいどーのいえ~♪きのしろっきのしろっきのしろ♪
きのしろっっっ♪木の城たいせつー♪
(住宅メーカーのCM)

出てきた出てきた山おやじー♪
(お菓子のCM)

バーリバリッ夕張ッ♪
(バリバリ夕張は夕張市のキャッチフレーズだったらしい)

ですかねぇ。
もはや『バリバリ夕張』という
元気にあふれた響きは、今では…(涙)。

札幌(北海道)で見る地方CMですと、
やはり大都会がありますのでそうでもないですが、
地方CMって他の地方のひとに見られたくないようなCMって多いですよね。
そして修学旅行生がそれを見て笑ったりするわけです。

我が青森県の地方CMで、
僕が個人的に最も修学旅行生に見られたくないCM。
それはサン○イヤのCM。

サ○ダイヤのCMとは我が青森県が誇る有名人、吉○三が
石油タンクを謎のラップみたいなナニカを
踊りまくりながら歌うという恥ずかしいCMです。

○幾三のラップがラップとして許されるのかということもさることながら
彼の表情が実ににこやかではなく、
妙に気合の入って力がこもってる姿が何とも痛々しい。

しかも放映されるときは必ずと言っていいほど
2回連続で放映されるところがまたツライ。

他にも津軽弁満載のCMとかたくさんあります。
やっぱり他の地方のひとが見ても
何て言ってるのかわからないのかなぁ(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-26 23:50 | コラム系雑記 | Comments(2)
なるホロ
シャーマンキングってマンガありましたでしょ?
最初おもしろかったのに、なぜか後半グダグダになってしまった作品。

個人的にはとても好きでした。
それだけにちゃんと決着つけてほしかったなぁ。

さて、そのシャーマンキングにホロホロという名前のキャラが出てきます。
北海道から来たアイヌの少年シャーマンと設定でしたが、
その妹も出てくるんですよ。

そのときは何とも思っていませんでしたが、
そのコの名前ピリカって言うんですね。
最近知りました。(きっと当時は何も気にせず読んでいたんでしょうけど)

だからどーしたって話ですけど。

札幌の円山動物園の白くまもそうですし、

“ピリカ”って実は意外にメジャーな名前…?
人間の名前、つまりピリカって名前の女の子って
案外いるかもしれませんねぇ。

e0046214_21543443.jpg
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-25 21:55 | | Comments(2)
ラーメンで死刑
ラーメンを食べるときの順番って
みなさんにはありますかね?
今日は前に書いた話もまざってるかも。

僕はちっちゃい頃、家の近くに食堂がありました。
そこによくラーメンを食べに行った記憶があるんですが、
ある日の夜中、荒々しい運転をしたクルマが店に突っ込みました。
別に誰も怪我をしたわけでもないのですが、
それ以来客足が遠のいてつぶれてしまったのです。

記憶はおぼろげですが、おいしかったんです、そこのラーメン。
たぶん生まれて初めて食べたラーメン。

そしてしばらく食べ続けたラーメンだっただけに、
今の僕がラーメン好きなことや、
醤油ラーメンばっかり食べるのを決定付けた
(醤油ラーメンがおいしかったんですよ、その店)
お店だったんだろうなぁと思います。

ちなみに僕はラーメンを食べるときはほぼ醤油です。
メニューに味噌やとんこつしかない店ならともかく、
醤油があったらまず間違いなく醤油ラーメンんを頼みます。

その頃から僕はお肉が好きでした。
大好きなラーメンの中にあるお肉、チャーシュー。

ショートケーキのイチゴは最後にとっておくタイプの僕。
おいしいものは一番最後にとっておきます。

なので、ラーメンを食べるときはチャーシューが最後。
全てを食べ終わってからチャーシューを食べるくせがあるのです。

大学生だったある日、僕は友人と共に学生食堂へ。
そして僕はラーメン、友人は定食を注文。
僕が食べている間に友人は既に完食。
そして僕が食べ終わろうとするとき、悲劇は起こったのです。

残っている麺をスープの中から探し、
そろそろ最後のチャーシューを食べようかと思っていた刹那、
横から箸が伸びてきてチャーシューをつかみ、
それは友人の口元へ持って行かれ

「チャーシュー食っていい?」

その言葉を言い終わる前にチャーシューは友人の口の中へ。





いやぁ、怒りました僕。





烈火の如く。





友人もびっくり。
普段温和な僕がまさかのマジギレ。

楽しみに残していたチャーシューを食べられた。
もちろんそれだけで僕をキレさせるに十分だったのですが、
せめてもっと手順を踏んで欲しかった。

まず箸も何も動かさずに「食べていい?」と聞いてからなら
僕も半分なり何なりと考えたかもしれないのに、
もう口にほぼ入れてから「食べていい?」とは何事か。

貴様のそれは「食べますね。」だろう!
僕の答え聞いてないじゃん!
僕に選択の余地ないじゃん!

そもそもおまえさっき自分の定食しっかり食ったじゃん!
おまえが金無くてロクなもの食ってないなら
同情であげるかもしれんけど、ちゃんと食ってるじゃん!

えぇぃ、今思い出してもハラが立つ(笑)。

いや、わかりますよ。
きっと僕がチャーシュー嫌いなのかと思ったんだよね?

嫌いで残してると思ったんだよね?

そうじゃなきゃ、ネギも麺も全部すくうまで
チャーシューがキレイなまま残ってるのおかしいと思ったんでしょ?

だから僕の承諾は間違いなくOKだと思った、と。

つまり僕からの返事は聞くまでもないと思ったというわけでしょ?

















(゚A゚)違うわ、ヴァカ!!!















同情の余地無し。死刑。









友人は平謝り。
そのときは「僕の返事を待たずにってのが気に食わない」と
こんこんと説教をして何とか笑って許したカタチをとりましたが
僕は今でも恨んでいますよ?

げに恐ろしきは食い物の恨み哉(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-24 19:58 | コラム系雑記 | Comments(2)
耳なし○ういち
ピリカは耳がおっきい。
とにかくデカイ。
遠めに見たらまるでキツネ。(足は短いけど)

北海道の道端でみたらキタキツネと間違われるかもしれません。
あれ?でも尻尾がねぇな、足短くね?みたいな感じで。

そんなピリカですが、あんまり耳が大きいので
耳が無いときの顔や耳を下に下げた状態だと
あれ?ピリカどこ行った?ってくらい印象が変わります。



ホラ。
e0046214_19235930.jpg


別の犬?

【参考画像】ふだんのピリカ
e0046214_19303963.jpg




耳が下げられた姿はまるでビーグル犬か何かのよう。
僕はそのいたずらをピリカにするときは、

僕:「(・∀・)耳ぴたっ!!」

とやって耳を手で押さえて隠して遊んでるんですが、
ウチの奥さんは違います。
一生懸命話しながらじゃれつついたずら。

奥:「(´ω`)うーちのかわいぃ子だぬきがぁ~♪」

いつもピリカが眠そうに静かにしているときを見計らって
奥さんはピリカを『襲い』(笑)ます。



奥:「(´ω`)かわぃぃねぇ、ウチの耳なしよういちが~♪」




耳なし洋一!?





それを言うなら耳なし芳一じゃないのか!?



【耳なし芳一】小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が書いた怖いお話。
琵琶の名手である芳一は悪霊にもその腕を気に入られてしまい、
お寺の和尚さんが一計を案じ、身体中にお経を書き込んで
悪霊から見えないようにしたのだが、耳だけにお経を書き込むのを忘れてしまう。
なので耳だけが悪霊から見えてしまったため、
結果その耳を悪霊に持っていかれてしまったというお話。


僕:「∑ヽ(゚Д゚;) 洋一だったらアンタのお兄さんの名まえでしょうが!!」

奥さんのお兄さんのお名前は“洋一”なのです。

奥:「(`ω´)あれ、じゃあ何だっけ。」

僕:「(゚Д゚;) ほういち!!耳なし芳一です!!」

奥:「(`ω´)へぇ。」

やっとわかっていただけましたか!

奥:「(´ω`)うーちのかわいい耳なしよういちがー♪」

(゚Д゚;) わかってなァァい!
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-23 19:36 | 奥さん | Comments(2)
嬉野夫妻のあしあと
今日は水曜どうでしょう関係のお話。
興味がない人置いてけぼり。

先日の日記で水曜どうでしょうのうれしーこと嬉野Dが
弘前市近郊の黒石市にふらりとやってきたことを書きました。
嬉野Dの日記を抜粋しますと

>今回、黒石という町を通りましてね。

>黒石は弘前の近くにある町で、「こみせ」という江戸時代から続く
>木造のアーケードで有名ですから立派な観光地なのですが、
>それでも観光客でごった返すこともない、
>静かでひっそりとしたたたずまいを見せる町でした。

>ぼくら夫婦は「こみせ」を歩いた後、
>長崎屋さんという町中にある食堂でラーメンを食べました。
>長崎屋さんの隣は地元のデパートのようでしたが、
>中を覗くとガラン堂で、既に営業はしていないようでした。
>そんな古いつくりの店がまだ営業してる。
>ぼくはなんだか嬉しくなりました。


というわけで小さな食堂でラーメンを食べたというわけです。
せっかく近い場所に住んでるんだから行ってみませんか?ということで
どうでしょう仲間のシバさんと共にに行ってみました。

シバさんは既に一度行ったことがあるとのことで、
迷わずに連れて行ってもらったんですが、
いやぁー、実にわかりにくい。

看板は出てない(無いこともないのですがわかりにくい)、
地味、小さいとシバさんもよく見つけたなぁ、という印象。

ガラガラガラ…と建て付けがあまりよろしくない戸をあけると
薄暗く、お世辞にも小ぎれいとは言い難い店舗。

でも、イヤではありません。
遠い昔行ったことがあるような懐かしい雰囲気。
古き良き日本って感じでしょうか。
そこだけが時間が止まっているような空気。

「いらっしゃい。」

やさしそうなおばちゃんが出てくる。
店にはおっちゃんが既にラーメンをすすっています。

僕とシバさんはラーメンをひとつずつ注文。
待っている間にもおばちゃんが2人やってきました。

「ラーメン、ふたっつ~。」

時間はもう2時半になろうという時間帯なのに
お客さんはやってきます。

そうこうしているうちにラーメン到着。
これがウマイ。

今流行りの奇をてらったような凝ったラーメンではなく、
シンプルなにぼしだしの透き通った正統派のスープ。
飾り気はありませんが、シンプルな分ストレートにウマイ。

昔、僕が子供の頃に弘前公園のさくらまつりに行ったときに、
屋台のような店で父さんと母さんと一緒に食べたあの味。
そんな気がしました。

嬉野Dが書いたことがふとわかった気がしました。
どんどん失われていくものがまだこの街にはあるんです、きっと。
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-22 21:03 | 水曜どうでしょう | Comments(3)
割れないグラス
奥さんは“ひゃっきん”こと百円均一が大好き。
何かが必要になったらいつもダイソーに行きます。

そこで買ってきたもののひとつがコレ。
e0046214_2250288.jpg





なぜこんな趣味の悪いグラスを買ってくるのか理解に苦しみます。
写真だとそんなにヘンに見えないかもですが、
実際見るとヘンです。
他の食器に対して随分浮いています。

奥:「(`ω´)何でこんなの買ってきちゃったのかねぇ。」

いや、買ってきたのはアナタですよ?(笑)
でも買ってきた本人もこのグラスを見るたびにうんざり。

ところで奥さんはよく食器を割ります。(前にも書いていたかもしれませんが)
僕がPCをいじっていたりテレビを見ていると
よく台所から

「あ!きゃぁあー!」


がらがっしゃーん!(パリーン!)




という物音が聞こえてきます。
結婚当初は慌てて

僕:「(゚Д゚;) だ、大丈夫!?」

と駆け寄っていたのですが、
あまりに頻繁にあるので今では「またか…(半笑いで)」と
動じなくってしまった自分がいます(笑)。

しかし、奥さん、なぜかこのグラスだけは割りません。

かなり前からあって同時期に買ってきた兄弟たち(グラス)は
ほとんど割れて廃棄処分になってしまったのに、
なぜかこのグラスだけは生き残っています。
歴戦のツワモノであります。

ある日、奥さんは言いました。

奥:「(`ω´)早く壊れるようにこのコップいっぱい使ってね。」

僕も全く同感なので、言われた通り、
毎日このグラスを使うことにしたのです。
奥さんが手を滑らせる機会を増やすために!

しかし壊れない。
他の皿はパリンパリン割るくせになぜなんですか奥さん。
しかし、しばらく使い続けたある日、奥さんはまた言いました。

奥:「(`ω´)いつもそのコップ使ってるけど、それ好きなの?」

∑ヽ(゚Д゚;) コラー!!
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-19 23:01 | 奥さん | Comments(0)
伝説の秘境
妹から聞いたお話。

妹の友達の友達が某県に学生の頃に住んでいたとき、
その子は住宅地図で有名なゼン○ンでバイトしていたそうな。

ゼ○リンは地図を作っているところですから、
バイトもその地図を作成するお仕事だったようです。

実際にその場所へ行き、現地を調査して
住宅地図を作るわけです。
かなり地道な作業ですが、その作業の上で
地図ができあがるわけですなぁ。

んで、その子は派遣された某県の某エリアから会社へ戻ってきたときには
それはそれは大興奮だったそうです。

「(>Д<)ちょ、ちょっと!見つけた!!見つけちゃった!!!」

『え、どうしたの?何を見つけたの?』



「DASH村!!!」



某局で放送されている番組内に出てくるDASH村を
調査していたら見つけてしまったというのです(笑)。

ネット世界ですからこのDASH村がどこにあるのかは、
調べようと思えば調べられるんでしょうけど、
何ともなしに行った場所で見つけちゃったら
そりゃあ興奮もしますわなあ(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-01-18 19:31 | コラム系雑記 | Comments(0)