へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

<   2004年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
第一発見者
暑いですねぇ。
あれは僕がまだ大学一年生の頃。
あの夏も暑かったです。
2浪してやっと大学に入って、まさか次の年には
留年の憂き目に合おうとは微塵も考えておらず、
まだ希望に燃えていた頃のお話。

大学一年ですから当然僕だけではなく、
周りの連中もおおはしゃぎであります。
そんな夏の夜。
僕のアパートに電話がかかってきました。

「オイ、花火やるぜ!来いよ!」

僕は当時、大学からかなり遠目のところに
住んでいましたが大喜びで馳せ参じました。
自転車をもりもりこいでも3,40分はかかる距離ですから
ほとんどが大学周辺に住む他の友達は既に集まっている状態でした。
僕の大学がS幌市の中心にありながら
広大な土地を有していましたので、
校舎のちょっと裏まで行けばうっそうとした森もあるくらいでした。

そこの森を抜けてさらに裏手の運動場で花火を楽しみました。
そして残るは大量の花火の燃えカス。
このゴミをどうするかと話合ったとき、誰かが言いました。

「あそこの森の中で燃やしてしまおうか?」

確かに森の中で燃やしてしまうなど非常識極まりないですが、
うっそうな森と言ってもあくまで人工的な林ですから、
木々の間にある空き地のような場所で燃やせば
山火事のような危険性も低い、と当時の僕らは思ったわけです。
そこでわいわいと森へ向かったのですが、
それは本当に原生林なのではないかと思うほどうっそうとして
不気味に静まりかえっていました。
その日は日曜日でしたので、大学もお休みですし
本当にお化けでも出そうな雰囲気でした。
しばらく進んでみたものの、あまりにうっそうとした雰囲気に

「やっぱりやめようか?」

ということになりまして、結局花火のゴミは最も近隣に住む友人が
まとめて処理することになったのです。
そうして花火は終わって解散することと相成ったのですが、
問題はその次の日、月曜日になってからです。
とあるニュースが飛び込んできました。
それはかなり衝撃的なものでした。

「森の中で首吊った学生が見つかったってよ!」

それは、その森の奥にある学生寮にすむ上級生でした。
どんな悩みかしりませんが、彼は死を選びそして首を吊ったのです。
しかも死後2,3日経っているということでした。
つまり、僕らが森の中にがさがさ入ったとき、
そこには彼がいたのです。
ぶらーん、ぶらーん、と。
もしかしたら僕らはすぐ横を通っていたのかもしれません。
危なく第一発見者になってしまうところでした。

あの時感じた森の中の不気味な雰囲気は
気のせいではなかったかもしれません。
それにしても自分達が見つけたかもしれないことを思うと
ホントにぞっとします。
たぶん一生忘れられない思い出になったことでしょう。

トラウマともいうかもしれませんが。
((((゚Д゚;))))ガクガクブルブル・・・
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-31 17:04 | 少し不思議なor怖いお話 | Comments(0)
ひじき
ひじきの中に発ガン性のある無機砒素が検出されて、
イギリスで食べちゃダメですよ令が出たとのニュースが出てましたね。

ひじきと言えば健康食品のひとつじゃないですか。
それが打って変わって一気に非健康食品へ。
あまりにかわいそうですねぇ。
ちょっと調べてみたらひじきを紹介したサイトを見つけまして、
そこに書かれていたのは、

『わたしたちのカラダにうれしい栄養がたっぷりなひじき。
 どんどん摂りたいものですね。』

ああ、何か涙無しでは見られません。
しかもその下には、

『ガンにはフコキサイチン
 植物に含まれる色素:カロテノイドの一種で
 強力な抗腫瘍作用を持ちます。」

ああ、ガンにはてきめんの効果どころかむしろ誘発。
とにかくイメージダウンは避けられませんねぇ。
我が家庭内でも、

妻:「(`ω´)もうひじきなんて絶対買いません。」

なんて言ってるしなぁ・・・。
かわいそうなのは全国のひじき生産者のみなさん。
思うと気の毒でなりません。
そして来年の確定申告の時に税務課の職員に愚痴るんですよ。

「アンタらはあたしらの税金で暮らしてるからいいけど、
 あたしらは商売上がったりでこれからどうして暮らして
 いったらよいやら…ぐちぐちぐちぐち以下略」

このように愚痴られる税務課職員のたいへんさを思うと
さらに気の毒になります。
ああ、やりきれない。
世界が平和でありますように。(飛躍しすぎ)
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-30 17:03 | 奥さん | Comments(0)
チョコレートは
コレは友人から聞いた話です。

あのチョコレートやら何やらで有名な森永。
そこの入社試験を受けに言ったAくんは、試験官から

「ではわが社のCMソングを何か歌ってください」

と言われて、歌ったのはいいのですが…

「ちょっこれいと♪ちょっこれいと♪ちょこれいとは……ハッ!!」

そう、彼は森永のライバル会社のひとつ
明治製菓の歌を歌い始めてしまったのです。
歌が終盤に近づいて彼はやっと気が付いたわけです。
そこで彼はどうしたかと言いますと、

「ちょっこれいと♪ちょっこれいと♪
 ちょこれいとは・・・・も・り・な・が♪」

とちゃっかり最後に森永のCM中で使われているフレーズを
最後に歌い上げたのです。
これに試験官も苦笑い。
試験に受かったとかいうお話。

友人からのまた聞きなのでホントかどうか・・・。
噂の域を脱してない気がしますが、
ホントだとしたらなかなか大したヤツですねぇ。
僕にはそんな機転はありません。( ̄ω ̄;)
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-29 17:02 | コラム系雑記 | Comments(0)
ご当地ソフトクリーム
いやあ、今年は猛暑ですね。
A森県も暑いですよ~。
暑いときにはソフトクリームとか食べたくなっちゃいますけど、
最近はいろいろな味の『ご当地ソフトクリーム』がありますね。
家の近所にびっくりテイストソフトにとうがらしソフトがあります。
友人に半ば無理矢理買わせて僕もひとくちいただきましたが、
最初は普通なんですよ。普通に甘くて普通の味のソフトクリーム。
「なんだよ、別に全然辛くな…………うっ!」
こんな感じで感想を言いかけたところへ辛さが襲ってきます。
珍しくて面白い味ではありますが、
決してまた食べたいという味ではなかったように思います。(笑)

H海道に行ったときはイカ墨ソフトと
ラベンダーソフトを食べたことがあります。
イカ墨はただ黒いだけ。別にイカ墨の味はしませんでした。
っていうかイカ墨の風味がしたらイヤだけど。生臭いソフト。うへぇ。
ラベンダーは香りもラベンダーなのですが
味も確かにラベンダーでした。
別にラベンダーの花を食べたことがあるわけじゃないんですけど、
確かにラベンダーと納得できる味でした。おいしかったです。
芳香剤を食べているような感覚を受けるかもしれないので
でも人によっては嫌いかもしれません。

今までで一番驚きだったのは醤油ソフトですね。
僕自身は食べたことないのですが、
友人がA田県の醤油醸造店関係のお店で食べたらしいんですが、
色は若干醤油の色である茶色がうっすらと付いていて、
食べると別にしょっぱくなくて甘いのですが、
ただ甘いだけじゃなくコクがあっておいしいかったそうな。
これは食べてみたい一品です。

調べてみるといろんなご当地ソフトがあるようで面白いです。
☆ご当地ソフトクリームリスト☆
誰か面白いソフトクリームを見かけた(食べた)方はご一報を。
京都には生八ツ橋ソフトがあるそうな。
どんな味かは割と想像つきますが、
京都在住の方は是非食べてみて僕に報告してください。

あー、ソフトのこと書いてたら食べたくなってきました。
じゅるり。(´・ω・`)
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-28 17:01 | コラム系雑記 | Comments(0)
水に水分を!
僕は去年メニエール病の一歩手前、めまい症で入院したわけですが、
この病気というのはどうも
「ハイ、あなたはこれで完治!もう絶対大丈夫!」
という境目がないらしく、重度のひとは退院して元気になった後でも
疲れたりして身体が弱ると再びめまいの症状に
襲われることも少なくないそうな。

僕の場合は軽度の方だったのでその後目立った症状もなく
元気そのものだったのですが、
最近ちょっと仕事が忙しいことがあるせいか
何度か「疲れたなー」と思ったときに
何かフラつきを感じることが多く、
これが噂の『再びめまいの症状に襲われる』というヤツか!?
と、ひとりビクついておったわけです。
昨日も軽いめまいを感じてちょっとぐったりしていたのです。
やはりここ最近の暑さで身体から水分が随分と出てますので
血流がわるいことも一因と言われる病気ですから
その辺もめまいの原因かもしれません。
ぐったりしながらその症状を妻に告げると心配そうに彼女は言いました。

妻:「(´・ω・`)だいじょうぶ?もっと水分取らないと!」

僕:「(-Д-;)うん、そうだよね。」

妻:「(`ω´)ホラ!水に水分入れて飲むの!!」

(゚Д゚)!?
み、水に水分!?そ、そりゃまたけったいなお話で。
彼女は僕にずいずい迫ってきます。

妻:「(`ω´)ホラ!何嫌がってんの!飲まないとまた倒れるよ!」

僕:「(゚Д゚;)う、うん。で、でも…ど、どうやって!?」

妻:「(`ω´)どうやってって、水に水分入れて飲むんでしょ!!」

僕:「(゚Д゚;)い、いやぁ…だからそのぅ…。」

妻:「(`ω´)だって熱中症とか水だけ飲むんじゃだめらしいよ!
   なんか塩も取らないといけないんだってサ!ホラ!!
   味がいやだとか言ってられないんだよ!!」

僕:「(゚Д゚)し、塩…!?」

妻:「(`ω´)だから水に水分だって言ってるしょ!!」

僕:「(´ω`;)み、水に塩分ってこと?」

妻:「(゚ω゚)あ、まちがった。水に水分じゃなくて水に塩分。」

あー、びっくりしましたよもう。
水に水分って水が水分そのものじゃないですか。(笑)
どうしようかと思いましたよ。
その後、僕は手にしていたアイスティーに塩をたっぷり入れられて、
何とも言えない味のアイスティーを飲むことになったのでした。

おえっぷ。

( ̄ω ̄)塩辛いアイスティーで感じる妻の愛。
げふっ。
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-27 17:00 | 奥さん | Comments(0)
糸を引く牛乳
今朝の朝食で出た牛乳が何かおいしかったんですよ。
なんというかその『爽やか』みたいな。
後味がフル-ティな感じでサラっとしているっていうか。
濃厚な牛乳というわけでもなく爽やかでおいしい牛乳。
そこで妻に、何か混ぜた?と聞いてみると、

妻:「(`ω´)あ、ワカル?おいしい?うふふふ。
   実はコレ『おいしい牛乳』なのよっ。」

と牛乳パックを差し出しパッケージを僕に見せびらかします。
そこには確かに『おいしい牛乳』と書いてありました。

妻:「(゚ω゚)コレ高かったんだよー。でも高いのはやっぱり違うね。」

そうなのか。やっぱり高い牛乳だったのか。
僕は味の違いがわかる男です。うーんマンダム。

妻:「(`ω´)あたしも飲んでみよっと。ごくごく。」

飲み干した後、妻は言いました。

妻:「(`ω´)おいしいね~。やっぱり高いのはおいしいねー。
   安いのってさやっぱダメだね。糸引くっていうか。」

((((゚Д゚;))))糸を引く牛乳!?それって腐ってるだけなんじゃ!?
なんだよ!糸を引く牛乳って!安くっても糸引かないよ!
そう主張するも、妻はため息をついて言いました。

妻:「(`ω´)糸引くじゃん。わかってないね~。」

僕はどうやら違いがわかる男どころか何もわかってないようです。
こうやって僕の価値観や概念は毎日打ち砕かれています。
毎日が激動の日々であります。

うらやましいですか?
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-26 16:59 | 奥さん | Comments(0)
2億円
当たった宝くじを被災地の福井県に匿名で寄付したひとがいたようですね。
しかも2億円。

あ り え な い!!

すごい!
なんていうひとでしょう!!
2億円当たってそれを全て寄付!!
さらに匿名で!!
カッコよすぎますよ、どういうことですかっ。
いやあ、すごいなあ。
僕だったら絶対そんなことできないだろうなあ。
せめてやってもその一部とかかなあ。
でもそんなイイひとだから当たったんですかねぇ。
当たるべくして当たった、みたいな。

ちなみに家の遠い親戚でも1億円当たったひとがいます。
そのひとのウチはお兄さんが村始まって以来の秀才で
東大まで入ったのに卒業間近で死んじゃいまして、
しかも、その弟さんはやっぱり「紙一重」の裏側なのか
あんまり頭脳が賢くありません。
お兄さんなんかは就職や婚約者も決まって
順風満帆でしたから亡くなったときはそのお母さんは
気が狂わんばかりだったそうです。
そんな不幸なお家ですが、その弟さんが
老人ホームみたいな施設で働いてて、
その施設に入っているおばあちゃんから

「あなたにはいつも世話になっているけど、
 あたしには何のお礼もできないの。
 もらいもので、しかも大したことなくて悪いけど
 コレもらってちょうだいな。」

ともらった宝くじ一枚がなんと1億円当選したそうです。
いやあ、ドラマチックですねぇ。
やっぱり大抵の場合は幸と不幸のバランスが取れてるんですかねぇ。

いずれにせよ僕には当たりそうにありません。
(;´Д⊂)とほー。
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-25 16:58 | コラム系雑記 | Comments(0)
星セントルイス
「田園調布に家が建つ!」などの強烈なフレーズで人気を呼んだ
元漫才コンビ、セントルイスの星セント(本名村山袈裟夫)さんが、
22日午後0時28分、肺がんのため東京都世田谷区の病院で死去した。

こんなニュースがTVで報じられていました。
それを見ていた僕ら夫婦。

僕:「うーん、そもそもこのひとたち知らないからなぁ。」

妻:「( ・ω・)星セント・・・かわったなまえだね・・・。」

僕:「(・∀・)そだねー、変わった名前だねー。」

妻:「( ・ω・)本名?」

僕:「ΣΣ(゚Д゚;)いや、違うから!芸名だし!そもそも・・・」

妻:「(`ω´)あ!思い出した!このひとたち知ってる!」

(-_-;)あー、やっぱりもう聞いてないし・・・。
っていうかなんでそんな古いひとたち知ってるの!?
よく妻は僕の知らない古い芸能人を知っていたり、
とてつもなく古い歌を歌えたりします。

( ゚Д゚)もしかして年齢ごまかされてるんじゃ・・・!
ホントに僕と同じ20代?(笑) 
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-24 16:57 | 奥さん | Comments(0)
悲しいなあ
今日の日記はちょっと悲しくて長いです。

***************************
7/19(月・祝)午後0時20分ごろ、
A森県F浦町K金ケ沢の千畳敷海岸から約30メートル沖で、
地方公務員Mさん(42)の長男(16)Tくん=I高校二年=が、
沈んでいるのを家族が発見した。近くのダイバーらが引き揚げて
Aケ沢町立中央病院に搬送したが同1時35分、死亡が確認された。
 Aケ沢署の調べによると、亡くなったTくんは
午前10時半ごろから家族四人で海水浴に来ていた。
シュノーケルを装着し漁具のヤスを持ち遊泳。
昼食後、再び海に入ってから五分ほどで姿が見えなくなったという。
***************************

これは先日の海の日に起こった痛ましいニュースです。
なぜ今日の日記でこれを取り上げるかと言いますと、
このMさんというのは僕の日記の5/28「CD-ROM」、
7/8「もとの濁りの田沼こひしき」に出てきた
Mさん(マイケルさん)その人だからです。

今日はそのTくんの通夜があります。
なんとも痛ましいです。
Mさんだって先週の今頃は連休に子供達と海に行くのを
楽しみにしながらその準備をしていたでしょうに、
まさか次の週にはその子供のひとりの通夜の準備を
しなければならないとはまさに夢にも思わなかったに違いありません。
みなさんも想像してみてください。
自分の子供や近しい人が突然死んでしまう悲しみ。
自分が15歳で死んでしまうその恐怖。
MさんとTくんのことを考えると心が痛んでなりません。

僕が大学生だった頃、自分が住むマンションの屋上(立入禁止)から
落ちて亡くなった法学部の女の子がいました。
その子は柵のない立入禁止の屋上で友人と一緒に花火をしていた時に
ねずみ花火のパン!という音に驚いて飛びのいたら
そこには地面がなかったそうです。
咄嗟に飛びのいた所はもう屋上ではなかったというわけです。
柵がない立入禁止の場所にいたための悲劇でした。
学年も学部も異なる子だし、特に知り合いではなかったのですが、
僕がこの事件を特に忘れられない理由は
その子が発した『最後の言葉』をある友人から聞いたからです。

「…ウソ・・・っ。」

その子はそう言って10階ほどの高さから落ちて亡くなったそうです。

また、僕が大学時代に在籍した中国文学の研究室の先輩で
自分が住む寮の屋上から飛び降りて亡くなった人がいます。
僕はあまり熱心な研究生ではなかったですし、
そんなに知り合いではありませんでしたが、
同じ研究室ですから何度も話す機会があったひとでした。
面倒見がよく、ちょっと豪快でワイルドな感じのするひとで、
自殺とは縁遠いイメージでしたが、結局自ら命を絶ったわけです。
詳しい理由はよくわかりませんが、研究の行き詰まりを感じていたとか
その辺が理由という話を聞いたことがあります。
その人の通夜は両親、弟、友人、教授、全てが悲しみに包まれて
大変居たたまれないものでした。

どんな理由があれ、自殺はよくありません。
もちろん気持ちはある程度はわかるつもりです。
僕もそんな気持ちになったことは一度や二度ではありません。
でもどうして死ぬぐらいの気持ちになるのだったら
その気持ちで何でもやってみようとしないのか。
別に外国に逃げたっていいんです。
何でも出来たハズです。
僕はその先輩の通夜で正直その人にあまり同情できませんでした。
世の中には生きたくても生きられないひと。
生まれつき障害を抱えるひと。
突然の病気や事故で生き残っても大きな後遺症に苦しみ、
そして亡くなってしまったひと。
そんなひとたちが大勢いるのです。
第二次世界大戦当時の生活がどんなに大変なものだったか。
はるか昔、戦乱の世を生きたひとがどんなに苦労したのか。
それに比べれば今の自分の立場くらい、そう思わないのでしょうか。
咄嗟に死を選ぶほど追い詰められていたということなんでしょうけど…。

今回亡くなったTくんはまだ16歳。
まさにこれからという若さ。
それが突然、未来がなくなってしまったのです。
亡くなった法学部の女の子が発した言葉、
「…ウソ・・・っ。」というのは、
自分にもしそのような災難が降りかかったときの
素直な心境を表していて心に刺さります。
そしてこれ以上の悲しみが今もイラクで繰り返されています。
なんとも痛ましいことです。

それにしてもTくんの父親であるMさんの心境を思うとたまりません。
子供達が友達同士で海に来て亡くなった、というのではなく、
自分がすぐ側にいながら助けてやれなかった、
そして息子の危機に気付いてやれなかったというのは
彼は生涯悔やみ、そして自分を責め続けるのでしょうか。
心底気の毒です。
Tくんのお母さん、弟や妹の悲しみも深いものでしょう。
心よりご冥福をお祈りいたします。

ちょっとまとまりがない文章で申し訳ないです。
何と言ってよいのかわからなかったものですから。
Mさんとはそんなに面識があるわけではないですが、
その気の毒さ加減を思うと心が乱れるものですから。

(>_<)合掌。
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-23 16:56 | コラム系雑記 | Comments(0)
マシュマロ
先日どうしても食べたくて購入したマシュマロの袋の後ろに
マシュマロの語源が書いてありました。

「マシュマロとは元来、フランスにおいてmarsh(沼地、湿地)に
 群生するmallow(アオイ属の植物)の根から取れる粘りのある汁に
 卵白や砂糖を加え味付けし、軽い泡がたつまで撹拌混合して
 作られた薬用食品に由来しています。」

(゚∀゚)!!
DiOはレベルが上がった!
かしこさが2上がった!
体重が○○kg増えた!
すばやさが2下がった!

なるほどそうだったんですねぇ。
ちなみに現在はマシュマロの樹液に取って代わって
ゼラチン等が混ぜられているようです。
大した情報ではないけど何だか賢くなった気分です。

それにしてもマシュマロっておいしいですねぇ。
僕は大好きですぞ。
食感ももちもちとたまらないし。
軽く火にあぶって焼いて食べるのもウマイですね。
とろっとしてコレまたウマイ。
最近はコラーゲンが含まれてるとか何とかで
食べても健康にいいとか何とか言ってますけど、
どんないいことを言っても糖分とカロリーの多さは
ごまかせないと思います。

(´ω`)食べ過ぎないようにしなくちゃ・・・。
[PR]
by dio-w21 | 2004-07-22 16:56 | コラム系雑記 | Comments(0)