へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

カテゴリ:コラム系雑記( 534 )
DiOさんの奇妙な冒険東京編2017 その2

前回のつづき)


さて、その後は夕方までお仕事。

解放されたあとに向かうことにしたのは西荻窪。


モロッコ料理TamTamです。


このお店は、孤独のグルメSeason5の第3話は

「東京都杉並区西荻窪のラム肉のハンバーグと野菜のクスクス」

に実際登場したお店です。

僕は前からこのお店に来てみたかったのです。

というのもほかの料理は何となく味の想像がつくんですが、

このモロッコ料理というのは全く想像できない。


そして、特に番組にも登場したハリラスープ。

どうやら相当おいしいらしい。

一体どんな味のスープなんだ。


というわけで、東京にも孤独のグルメの聖地は数あれど

どうしても行ってみたいな、と思っていたのが

このモロッコ料理のTamTamだったのです。

西荻窪の駅を降りてしばらく歩くと

e0046214_22420761.jpg

見えてきました。

赤い旗が目を引きます。


お店はこじんまりとしていて、

これでは放送直後は大変だったろうな、という感じ。

どうも複数の予約があったらしく

自分も夜7時までならOKという形で入店。

危なく我がスタンド、クローズ・ドアーが発動しかけました。

あぶないあぶない。


注文はかなり迷いましたが、

あえてゴローさんとは違うメニューもチョイス。


カサブランカビール。

e0046214_22420957.jpg

ハリラスープ。

e0046214_22421151.jpg

パンとフムスのセット。

e0046214_22421336.jpg

牛肉のタジン鍋。

e0046214_22421500.jpg

野菜のクスクス。

e0046214_22421706.jpg

おいしかった。

全てが。


本当は味の感想を細かく書きたい。

でも書けないのです。

全般的に自分が今まで味わったことがない

種類の味でした。


味は確かに美味しい。

しかしそれぞれ何がどうおいしいのか全く分からない。

自分の知らない組み合わせのスパイスや

料理の仕方で作られたものなのでしょう。



これは本当に一度食べてみて、としか言えない。

また機会があれば行きたいなぁ。


さて、次の日。

朝も怖いので、ホテルから徒歩で仕事場へ。

朝の地下鉄なんて怖くて乗れないよ・・・!

で、夕方にお仕事を終えたあと、渋谷に向かいます。


相変わらずのひとの多さ。

e0046214_22443710.jpg

やっぱりふと頭をよぎってしまいます。


今日はお祭りの日か何か?


これが日常、というか

混むときはもっとすごいのかと思うと

目が回る思いです。



やってきたのはアドアーズ渋谷店。

ここの4Fには今VRを体験することができるそうな。

うーんすごいにぎわっている。

e0046214_22442428.jpg

おひとり様で参加は自分だけのようだ。

しかも若い人ばかり。


というわけでいくつかやってみました。

残念ながら写真を撮ってくれるひとがいないので、

自分が体験している様子の写真はありません。

e0046214_22443190.jpg

e0046214_22443586.jpg

で、感想ですが、正直なところ


「まぁ、こんなものかな?」


って感じ。

自分は既にVR自体は友人所有のPSVRや、

電器屋店舗での体験をしていたこともあって

目新しさがなかったせいもあるかと思います。

e0046214_22443352.jpg

これのように、ブランコ状のものにのって、

バンジーを体験する、というのは、

結構よかったかな。

実際にある程度浮いているのと、

風が演出で吹いてくるので、

感覚として飛んでいるようなものを味わえます。


でも、VR自体はすごい技術ですし、

プレイしているとこれからの可能性を感じざるを得ません。

まだまだこれからの発達を期待したいところですな。


っていうかハッキリ言うと、

一人で行くべきじゃあないですな。

カップルまたは友人同士で行って

ワーキャー騒ぎながらじゃないと・・・。

少なくても40代男性が一人でいくところじゃない。



さてッ。


VRを体験したそのあとは!

前回にも東京でお会いした東海 林さんと待ち合わせです。


つづく



[PR]
by dio-w21 | 2017-09-13 22:48 | コラム系雑記 | Comments(2)
DiOさんの奇妙な冒険東京編2017 その1

さて、北海道から帰ってきておよそ一ヶ月。

僕は東京にいました。


お仕事の関係で2日ばかり滞在することになったのです。

せっかく来た東京。

もちろん仕事はこなす。

ついでに楽しむ。

誰だってそーする。

俺もそーする。


いつもなら新幹線、または飛行機ってところでしょうが、

今回は違います。

自分は、前々から水曜どうでしょうを見ていて

思うところがありました。


深夜バスってのは、そんなにキツいのか?


一度経験してみないとやはりコレはわからない。

というわけで、今回はなんと深夜バスに挑戦です。


乗ったのは、弘前─東京品川を走るノクターン号。

夜出発して次の日の朝に着く、といった感じです。

e0046214_00241169.jpg


車内は3列シートで、各座席が離れており、

カーテンで仕切ることもでき、

隣のひとを気にせず座れます。

リクライニングもかなりの角度まで倒すことができ、

確かに寝づらい、といった感じでしたが、


「寝られない」


「ケツの肉が取れる夢を見る」


というようなことはなく、

正直なところ


「なァんだ、確かに眠りは浅かったけど結構余裕だったなー。」


と思いました。

しかし、僕はまだ知らなかったのです。

このノクターン号がいかに素晴らしかったか。

深夜バスの本当の恐ろしさ

僕は数日後に思い知ることとなるのです・・・!


というわけで、着きました東京。

e0046214_00240924.jpg

うーむ、暑い。暑いぞ。

まだ朝の7時前なのにこの暑さは何だ。

これが東京か。


それにしても人が多い。

e0046214_00245622.jpg


田舎民の自分としては、完全に飲まれてしまっています。


そして、何よりも怯えているのは、痴漢冤罪。

最近ネットやテレビでそのニュースを聞くたびに

恐ろしさで震えます。

というわけで、必要以上に怯えていた自分は、

電車がすいているときならいざ知らず

朝夕の混んでいる時間帯にはとてもじゃないけど

乗りたくありませんでした。



少しすいてから、と思って

人の流れを見ていたのですが、

どんどん増えるばかり。

さっきのアレでまだ少ない方だったってことか。

なんて恐ろしい。

東京のひとは毎日こうやって暮らしてるのか。


あまりの人間の多さに参ってしまい、

とりあえず多少は流れが落ち着くであろう

朝9時ころまで朝食をとりつつ待つことにしました。


ちなみに朝食時には、目当てのお店の1店舗目は自分の直前で満席。

2店舗目は普段なら開いてるはずなのに、

雑誌かTVか何かの撮影があったらしく

開店時間がいつもと違っていたのか

オープンしておらず入店できませんでした。

仕方なく、事前に行こうと思っていたお店はあきらめて

その辺の開いてる店に入ることに。

我がスタンド、クローズ・ドアー。

東京でも絶好調です。


というわけで、朝食後に朝9時ころに移動を開始。

電車も避けてバスで移動です。

お、見えてきたッ。

e0046214_00254775.jpg

そう、お台場です。

旧ガンダムがなくなったあと、

新たにユニコーンが建設中と聞いたので来てみました。


すごい、ほんとに作ってるー。

e0046214_00262735.jpg
e0046214_00263016.jpg
e0046214_00263260.jpg

顔はユニコーンモードなのに、

角が開いていますな。

e0046214_00262871.jpg

装甲のあちこちからもサイコフレームが見えるので、

これってもしかして思ってた以上に変形するのでは。


僕が行ったときには、腰のパーツを取り付け作業中でした。

e0046214_00273752.jpg
む!いつのまにか角が閉じてる!

見逃した・・・一生の不覚。

e0046214_00325355.jpg

確かに出来上がったあとに見ると

演出や変形を見られて楽しいんでしょうけど、

こうやって作ってる最中ってのも、

実際のガンダムの整備中の姿を見るようで、

実に味がありますね。

なんだか逆に得した気分になります。


やっぱりこれは「工事」なんだなぁ。

でもこういう仕事って楽しいだろうな。

e0046214_00263400.jpg
ガンダムを実際に作る仕事なんてなかなかできることじゃあない。

うらやましいです。


つづく


[PR]
by dio-w21 | 2017-09-12 00:34 | コラム系雑記 | Comments(4)
DiOさんの奇妙な冒険北海道編2017 その2
前回のつづき)

というわけで、奥さんの実家を飛び出した僕。

まずはスープカレーを食べまくりました。

合計で4店舗。

まずはいつも行くPICANTE(ピカンティ)

学生時代にまだ小さかったPICANTE(の前身VOYAGE)で

バイトしていたこともあり、必ず行くことにしています。

やはりうまい。

e0046214_00395870.jpg

そしてつい前回同様、頼んでしまうストロベリージュース。

e0046214_00395795.jpg

次はスープカレーGARAKU

e0046214_00400042.jpg

何だかダシが効いてるような味がします。

おいしいぞ、これも。

ただ、おいしいせいなのか異常に並んでた…。

結果的に1時間くらい並んだ気がする。


奥芝商店。

e0046214_00420186.jpg

特徴的な濃厚なエビ味のスープ。

やや違和感を感じたものの、ハマればここでしか食べらない味ゆえ

リピーターが多いのもうなずけます。


最後はsoup curry yellow。

e0046214_00395558.jpg

乳白色のスープが特徴です。

味は割とオーソドックスなタイプ。

外さないおいしさです。

あの大泉洋ちゃんもおすすめだとか。


さてッ。


存分にスープカレーを食らったならッ。


次はあそこに行かねぇわけにはいかねえだろう・・・!


ねーちゃん、明日って今さッ!


というわけで、今回も行くぜ、JOJO BARッ!


前回は行くことができなかったもうひとつのジョジョバー、

BEAUTIFULDAYに単身突撃です。


んー?


あれ!?


店名が違ってるよ!?




つづく


[PR]
by dio-w21 | 2017-08-19 00:46 | コラム系雑記 | Comments(2)
DiOさんの奇妙な冒険北海道編2017 その1

およそ1年ぶりに行ってきました北海道。

というわけで、去年に引き続き

DiOさんの奇妙な冒険北海道編レポートをお送りします。


今年は、フェリーの予約の関係で、朝5時台に出航の便です。

ってことは、朝2時台に起きて準備して家を出発しなければならないッ。

子供たちもいるので大変です。

じょうたろうくんはもう小学4年生なので何とかなりますが、

じょりーんちゃんはまだ3歳後半。

不安しかありません。


ですが、心配したものの2人とも深夜にも関わらず

スムーズに起きてクルマに乗ってくれました。

よかったよかった。


奥さんも含め、家族はクルマで寝ればいいですが、

ドライバーの自分はそうはいきません。

もう40代に突入した自分。

体力が続くかァJOJOォ。続・くゥ・かァ?


というわけで朝9時過ぎには函館港に到着。

函館とよー言ったらよーやっぱアレだよなァー。



ドジャーン、やってきましたラッキーピエロ。

e0046214_00035536.jpg

毎度ながら函館に来たら必ず食べます。

これが楽しみでドライバーをがんばれます。



ボリューム満点のハンバーガーをパクリ。

e0046214_00041684.jpg


ンまァァーい。

よかった、これであと10年は戦える。


店の外にはおもしろい自販機が。

e0046214_00043962.jpg
e0046214_00043438.jpg

それぞれ1種類のものしか入っていません。

なんだかTVCMの自販機のようです。

異様だが面白い。


数時間の運転を経て札幌へ無事到着。

やれやれだぜ。


さて、良き父である僕は子供たちへのサービスは欠かさないぜ。

というわけで、ちょいちょい楽しいところへ連れていきました。

まぁ、ここはさほど語ることもないのでいくつか写真を載せて割愛。

e0046214_00110198.jpg
e0046214_00105764.jpg
e0046214_00100636.jpg

e0046214_00124530.jpg



あ、遊びに行った某所でレイザーラモンのお二人を発見。

e0046214_00051928.jpg


さてッ。


家族サービスが終わったならッ。


あとは自由にしても構いませんねッ!


家族サービスをしたら、あとは自由に遊びに行ったりするだろう?

誰だってそーする。

俺もそーする。


つづく



[PR]
by dio-w21 | 2017-08-17 00:17 | コラム系雑記 | Comments(2)
その筋肉は裏切らない その4
前回のつづき)


え!?しばさん!?


部署も離れているのに何でいるの!?
どっから聞きつけたの!?ってかよく駆けつけたね(笑)。
さすが、しばさん。地獄耳です。
そして恐るべき行動力。

しかし驚いたのはしばさんの行動よりも、
その噂が駆け巡る速さ
その後に知ったのですが、「僕が倒れた」という情報は
恐ろしい速さで伝わっていったようです。
しかも少しずつ内容を変化させながら


実際、その日のうちに僕は病院から帰宅して
次の日から通常通りお仕事へ来たのですが、
僕を見たひとは、

「あれ!?もう来ていいの!?」

と少し驚く程度だったものが、
おもしろいのは、日にちを置いて伝わったひとほど
噂の内容が大きくなっていくこと。

すぐに聞いたひとは、

「DiOさんが具合が悪くなって救急車で運ばれた」

程度なのに、数日置いて伝わったひとは、

「急に倒れて運ばれたんだって!?」

週を明けてしばらくして聞いたひとたちは、

「倒れて入院してたんだって?もう退院して大丈夫?」

「何か病気して休んでたんだって?どこ悪かったの?」

うーん、『噂』ってのはおもしろい。
尾ひれがつくってのは本当なんだな。

ともあれ、深刻なものではなかったとはいえ、
周囲から心配されたのは事実。
実は運動の甲斐あってちゃんと脂肪が減って
現時点で体脂肪率も24%から15%前後まで下がり、
筋肉もついてきてシュッとしてきたんですが、
生来の顔色の悪さから、

「痩せたよね!?・・・病気?」

とか言われてしまうことも(笑)。

あと、最近では着る服に困って来ました。
体型が変わるというのも困りものです。
こんなんだったら昔の服とかとっておけばよかったなぁ。
まさか再び必要なときが来るとは思いませんでした。

ホントは身体の写真でも載せたいところですが、
おっさんの身体の写真を見たいひとなんかいないと思うのでやめときます。
「痩せて体脂肪を減らす」という目標はある程度達成したので、
今のところの次の目標は、「自分の腹筋を見てみたい」です。
というわけで、もうしばらくはこの生活は続きそうです。


(おわり)


[PR]
by dio-w21 | 2017-05-13 00:02 | コラム系雑記 | Comments(5)
その筋肉は裏切らない その3
前回のつづき)


「3ヶ月経って初めて体重も見た目も効果が出てくる」

の言葉どおり、3ヶ月経ったころから
体重、見た目共に変化が表れてきました。
体重だけではなく、体脂肪率まで
数字で変化が見えてきます。
そして、「痩せた?」と言われることが
このころから増えてきました。
そうなるとモチベーションも上がって来ます。

そしてちょうどその頃にペルソナ5というゲームが出るのです。

このゲームはおもしろい。
まさに寝る間も惜しんでやりたいほどの。

しかし、運動は続けたい。
そこで、運動の時間は削らずに、その後ゲームを始めました
それまでは、運動後はすぐに寝ていたわけですから、
単純に睡眠時間が減ったわけです。

そして、それからしばらくして10月、
仕事は忙しさを増してきて、残業の毎日がスタートします。

でも、運動もゲームも続けたい。
そこで、運動やゲームの時間は削らずに、残業後に同じように続けました
それまでは、残業もせずに運動とゲームをしていたのですから、
残業した分、体力を消耗した状態で続けていたわけです。



そして、さらに一ヶ月経ったある日、事件は起こるのです。


ある日の定時間際のこと。
隣の係のひとから呼ばれて急に立ち上がった時。
普段とは何かが違う感覚を覚えました。
なんだろう。
フラつくような。

これは・・・めまい・・?

なんだ、いったい。
こんなバカなッ!
あ・・・脚に力が入らん・・・ッ。
な・・なんてことだ、このDiOが・・・!
気分が悪いだと!?
気分が悪くて立っていることができないだと!?


この感覚は・・・アレに近い。

まさか、メニエール的なアレが再び?

いや、そんなまさか。
とりあえず少し休めば治りそうだ。
そう思って椅子に腰をおろしたのですが、
周りは放っておいてはくれませんでした。

しかし、それも無理なきこと。
生まれながらに肌が白く顔色が悪い僕は、
どうもそのときは更に色がなかったらしく、
白いや青いを通り越して、引くほどに顔色が悪かったようです。


そうこしているうちに、心配したあるひとが言いました。


「救急車呼ぼうか!?」


(: ゚Д゚)え!?




いや、いいです。大丈夫です。

何度そう言っても聞き入れてもくれません。
恐らく顔色からして説得力ゼロだったのでしょう(笑)。

こうして救急車を呼ばれてしまった僕ですが、
なすすべもなく席に座っていると、駆けつけた救急隊員に
抵抗する間もなくベッドに載せられました。
集まる野次馬。
なすがままなされるままに搬送

病院に着いたら今度は診察です。

「手は動きますか?」

「感覚はありますか?しびれは?」

「私が指を左右に動かしますので、目で追いかけてください」


ああ、これ脳卒中とかのチェックじゃないですか?
ああ、違う。違うんです
そんな立派な病気じゃないんです。
ただちょっとめまいがしただけなんです…。

いろいろなチェックを続けるも全く問題のない僕を前に
医師の先生も、

医師:「んー…異常は認められませんね…。」

僕:「残業続きの上に、少なめの食事で運動していたので、それかも…。」

医師:「ああ、なるほど。じゃあ血糖値を測りましょう。」

しばらくしてから検査結果を持ってきた先生でしたが、


医師:「うーん…血糖値も異常有りませんね…。」


あれ、てっきり血糖値が低くなってたかと思いましたが、
それでもなかったようです。
そして、先生は困ったような顔をしながら


医師:「うーん…お疲れになったんですかねぇ?」


うぅ…だから搬送されるまでもなかったのに…。
まぁ、自分が良くても周りが安心できなかったんでしょうから
仕方がなかった、ということですかね。

医師:「じゃあ問題なさそうですし、付添いの方たちにも入ってもらいましょう。」

そう言って部屋に入ってきたのは、職場の係長、課長補佐…
うぅ、すみません。
そしてそのあと入ってきたのは…しばさん。

え!?しばさん!?

つづく

[PR]
by dio-w21 | 2017-05-04 23:09 | コラム系雑記 | Comments(3)
筋肉は裏切らない その2
(前回のつづき)


そんなある日、ネットを見ていると
ある記事を目にしました。


なんのこっちゃい。
そう思って記事を読んでみると
基本的にはある本についての記事でした。

「筋トレが最強のソリューションである」
-マッチョ社長が教える究極の悩み解決法-

ますますもってあやしい(笑)。
何だこのスト2のザンギエフが書いたような本は!?

記事を読むとマッチョ社長ことTestosterone(テストステロン)という著者さん
普段Twitterでつぶやいた言葉を中心に一冊の本にまとめたもののようでした。



自信が無い人は筋トレをしてください。
①身体がカッコよくなる
②異性にモテる
③テストステロンというホルモンがあふれて気分上々
④上司も取引先も
いざとなれば力づくで葬れると思うと得られる謎の万能感
⑤恋人に裏切られてもバーベルがいるという安心感
以上の理由から自信がつきます





な、なるほど。
最初は笑って見ていたものの、
何だかねじ伏せる説得力がある。

何だろう。
言葉にも「筋力」を感じる(笑)。


一番響いたのはコイツです。

人は思い通りにならない事に苛立ちを覚える。
その点筋トレは最高だ。
参加者は思い通りに操れる自分と鉄の塊のみ。
好きな時に好きなだけ。
誰かと話す必要も誰かのせいで中断する事もない。
自分の世界に入り込む事が好きなオタク気質の人種と相性抜群
こんなに根暗とオタクに合ったスポーツは他にない


なるほど。
それじゃまさに僕にうってつけですな。


調べてみるとほかにもいろいろな「名言」があり、
せっかくですから少し紹介すると



自分を変えるってのは生半可な事じゃない。
自己啓発や断捨離だとかで楽に変わろうとすんな。
筋トレしろ。
筋トレすれば身体が変わる。身体が変われば性格が変わる。
身体と性格が変わり筋トレが趣味になれば交友関係が変わる。
筋トレは全てを変えるキッカケになる。
信じろ。筋トレ以上の自己改革はない。




仕事が忙しい。睡眠不足。
ジムをサボる理由はいくらでもでてくる。
そんな時は思い出せ。筋トレは筋肉を鍛えるだけの行為じゃない。
嫌な事から逃げ出さない精神を鍛える行為だ。
「ジム行きたくない」と思ったらチャンス。
気分を意志力でねじ伏せ筋トレしろ。
司令塔は意志力と筋肉だという事を教えてやれ。




「悩んだ時は筋トレってアホか?
一時的に気分はスッキリするかもしれないけど悩みの根源は断てない」
って思うじゃないですか?
違うんですよ。殆どの悩みは根源なんてない気分的な問題なんですよ。
筋トレをするとテストステロンを中心とした
色んなホルモンが総動員して分泌されそれに気付かせてくれる。







どうですか、このアツい言葉たち。
でもただの精神論ではなく、実は割とちゃんとした理由が書いてあります。


踏み台昇降だけではなく、筋トレも少しずつ開始していた僕でしたが、
このマッチョ社長の言葉に出会って以来、
すっかり筋トレに熱が入るようになりました。


職場の飲み会など帰りが極端に遅くなる日以外は、
基本的に一日も欠かさず運動をしていましたが、
やっぱり「今日はめんどいな」という日も確かにあるんです。
ですが、マッチョ社長の


「ジム行きたくない」と思ったらチャンス。
気分を意志力でねじ伏せ筋トレしろ。


その言葉を信じて、どんなにめんどくさいときでも
5分は運動しよう。それでもツラかったらやめよう。
と、5分運動するとあら不思議。
ずっと続けていたくなるのです。
結局30分から1時間、それ以上とやってしまいます。



ゲーマーな僕もちょうど夏の頃は、
さほど遊びたいゲームがなかった時期で、
おかげで筋トレに精を出すことができました。

しかし、9月にペルソナ5というゲームが発売されたことで、
歯車が少しずつですが狂い始めるのです・・・!

つづく

[PR]
by dio-w21 | 2017-04-27 23:46 | コラム系雑記 | Comments(2)
筋肉は裏切らない その1

公私ともに忙しくなかなか更新できていませんが、

不定期ではあるものの更新していきますよー。


「あー、今日も残業で疲れたな…。」


みなさんはこんなとき、この後どういう行動に出ますか?


「早く家帰って寝たいな…。」


「一杯飲んで帰るか。」


などなど、こういうのが一般的ですよね。

しかし、今の自分は違います。


「早く家帰って筋トレしたいな…!」


です。


どうして、こんな変態的なことになっているのか()

これからそのお話をしたいと思います。


これだ!というきっかけはありませんが、

僕は昨年2016年の6月のある日、運動を始めました。

きっかけはない、というものの元々漠然とした思いはありました。


海水浴のとき、子どもと映っている写真の自分のたるんだ身体。


40代に突入してことで、これから更に少しずつ衰えていくであろう不安。


そして、大きくなるじょりーんちゃん。

参観日に行くであろう頃には、自分はもっと老けているはずです。


「わたしのパパ、カッコわるい。」


そう思われたくない。


あと、以前にも書いたかもしれませんが、

僕は筋トレが元々好きだった時代がありました。

しかし、就職、結婚と環境が変わるにつれ、

自由時間が減り、いつしか筋トレにさく時間はなくなり、

やめてしまったのでした。


というわけで、さほど太っているわけでもなかったですが、

少しずつゆるんできた年齢なりの身体になったわけです。


運動するか。


でも、自由になる時間は夜。

しかも、小さな子もいるので取れる時間も細切れ。

家族が寝たあとは少しまとまった時間があっても

深夜だし、外を走る時間はなかなか取れない。

しかも、冬になると寒くて絶対やめてしまう。

だからと言ってルームランナーのような機械は

値段が高いし置き場所がない。


家でできる運動はないのか?


僕が若い頃、運動しても大して筋肉質になれなかった。

でも、それは正しい方法を知らなかっただけでは?

以前は調べる方法が難しかった。

しかし、今はスマートフォンで手軽に調べられます。


そこで、調べたところ僕の条件である


・家の中で手軽にできる。

・器具がいらない。

・手軽にできてすぐ始められて、すぐに中断もできる。


を満たす運動。

それは踏み台昇降です。


まず、じょうたろうくんが読んでいたコロコロコミックを

ビニールテープで巻いて固定した台を作りました。

最初は10分もやれば、脚がガクガク。

全然続きません。


しかし、日を追うごとに連続でやれる時間が増え、

重ねていたコロコロコミックは冊数を重ねて厚みが増してきます。

そのうち厚みが増したコロコロコミックでは、

安定感がなくなってきます。


そこで、専用の台を買いました。

さほど大きくなく値段も手ごろ。


この頃になると、運動の時間が長くなってきて

30分以上できるようになっていたので、

上半身はヒマですからたまっていたTVやビデオを見ながら

やるようになってきます。

そして、番組が1時間番組だと終わるまで運動が続くのです。

しかし、1ヶ月ほどやっても体重はさほど変わらないし、

もちろん見た目も特に変化なし。


しかし、ネット調べでは、


「3ヶ月経って初めて体重も見た目も効果が出てくる」


とのことだったので、とりあえずそこまでは続けてみよう、

それで効果が出なければやめてもいい、

そう思って続けていました。


ゲーマーな僕もちょうど夏の頃は、

さほど遊びたいゲームがなかった時期で、

仕事もさほど忙しくはなかったので、

割と時間に余裕があった、というのも大きかったですね。


そして、効率よく体脂肪率を減らすためにはやはり食事。

昼食をプロテインバーやサラダチキンと言った

高タンパク低脂肪のものを食べることにしました。


始めた当初の体脂肪率はおよそ24

一体どこまで落とすことができるか


つづく


[PR]
by dio-w21 | 2017-04-25 23:37 | コラム系雑記 | Comments(0)
やってきた未来
先日、出張があったんですが、
そのとき使用したクルマがコレ。

e0046214_22294873.jpg

電気自動車です。


走ってるのはたまにみかけますが、
実際に乗るのは初めてです。


e0046214_22314737.jpg

クルマをスタートさせると
エンジン音ではなく

フィィィィィン…!

という何とも未来的な音が!
すげぇ。


e0046214_22342984.jpg

シフトレバーも未来的。
逆襲のシャアのνガンダムの操作レバーのよう。

実際の走りも実にスムーズ。
いやー、あの頃想像していた未来は着実に近付いてますね。
空を飛ぶのもそう遠くないかもしれませんね(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2016-08-05 22:27 | コラム系雑記 | Comments(4)
TOKYO2015 第4夜(3日目)
前回のつづき)


さて、日曜日。

今日は単独行動です。
まずは高円寺へ行きまして、
かねてより行ってみたかった『すごろくや』へ。
e0046214_628369.jpg



ここはボードゲームのお店なのですが、
いろいろなボードゲームが数多く手にとってみることができます。
店員さんも親切で、ボードゲームの解説のほか
プレイ環境を話すとオススメのものを教えてくれたりもするのです。

僕も随分お話を聞かせてもらいました。
いいなあ、ここ。
近所にあったらなあ。

続きまして、中野ブロードウェイへ。
e0046214_6295292.jpg

今まで何度も足を運んでいるのですが、
いつも閉店間際であまり堪能できていないのです。
今日こそはガッツリ見させてもらいます。

なるほど、中古のフィギュアや古本なども多いですが、
最新のものもあります。
3Dプリンターを扱うお店もありました。
e0046214_6302047.jpg

データを持ってきたら3Dプリントしてくれるお店のようです。
e0046214_6304642.jpg



雑貨屋のほか市場のような場所まであって、
e0046214_6311499.jpg

何だかカオスなおもしろい場所でした。
いいなあ、ここ。
また東京に来られたらもう一度来たい。


次はいよいよガンダムご参拝のためお台場へ。

おー、見えてきた。
e0046214_631413.jpg



ガンダムは今日も健在でした。
日本の平和はこれからも大丈夫そうです。
e0046214_6323100.jpg



プラモの展示も充実。
見てるだけでも飽きないなあ。
e0046214_6325028.jpg



噂のネオジオング。やたらとでかい!
e0046214_6331191.jpg



前回来たときはお台場限定のプラモはひとつだったので、
今回は買わなくてもいいな、と思ってやってきたのですが、
何と新作がズラリ!
e0046214_6334315.jpg




e0046214_6342719.jpg


e0046214_6344311.jpg


結局悩みに悩んで3つも購入
研修所に帰るころにはリュックのほか、手提げ袋を両手に装備。
完全なオタクスタイルでした。
体力も限界。
へとへとになって帰るのも3年前と同様でした。



つづく
[PR]
by dio-w21 | 2015-07-09 06:36 | コラム系雑記 | Comments(2)