へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

2008年 10月 25日 ( 1 )
らめぇ
「んー、狭いなー。痛い?入んないかなー。」


「んぐ…。」


こっちの穴は狭くて入らないなー。」


「ん…。」


「こっちの穴に入れてみよう。」


「ンあ…ハイ…。」


「んー、こっちの方が入りいやすいな、君は…。」


「ん…んぐ…。」


「狭いかなー、でもイケそうだね。ちょっとガマンできるかな?」



ずるり。


アッー!









































e0046214_13402438.jpg





















というわけで、鼻から胃カメラ飲んできましたよ。

胃ェー。

もとい、イェー。


元来、胃腸は結構丈夫な方なんですが、
やっぱり今の勤務状況がアレなだけに、
僕の身体に負担がかかってるんでしょうかなぁ。

最近たまになんだか胃のあたりがギューっとなることがありまして。

というわけで、胃腸科内科に行ってみたら、

「胃カメラ検査をしましょう。」

ということに。


胃カメラ初体験ですよ。
どうしましょう。

昔から胃カメラというとかなり苦しいと聞いてましたが、
最近では鼻から入れるタイプになって
かなりラクになったとは聞いてますが…。


まずは、前の日の夜から食事制限。
その日の朝も水一滴飲まない状態で病院へ。

入院着(?)に着替えさせられ、胃の中をキレイにするクスリという液体を飲み、
仰向けにベッドに寝かされます。


「それじゃ麻酔をしますねー。」


看護婦さんが取り出したのは小さな注射器。
やはり鼻からノドを通して異物を入れるわけですから、麻酔は必須です。


看:「どっちの鼻の穴がいいでしょう。」


僕:「僕、年中鼻がつまり気味なんですが、
  今日は左の方が…通りがいいかなー。」


看:「じゃあ、左にしましょうか。」
  ゼリーみたいなものを鼻から入れていきますね。
  ノドまで垂れてきたら飲んでもいいですから。」


そういうと、左の花の穴に注射器からゼリー状のものを注入。


うげぇ、なんだこの感覚。


しばらくするとノドの奥にもクスリがたれてきます。





しばらく待機。






なんだろう、この感覚。
これが鼻とノドが麻痺しているという感覚なのか。
今まで経験したことのない違和感。


先生がきました。


医:「それじゃあ、いきましょう。」


左の鼻の穴になにやら突っ込みます。
僕はもう目をつぶってますのでよく見てません。
っていうかそんな余裕ないです。


これからのやり取りが最初に書いたとおり


最初、左の鼻の穴に突っ込むも、
鼻づまりのせいか、狭くて入っていかないとのこと。


「それじゃ右のを試そう」


ということになり、右の鼻にも麻酔ゼリーを注入。

鼻がダメだなら、口からってことでしょ?
それってあの苦しいと評判の…ゴクリ、だよん…ふつう。

年がら年中、鼻水出まくりで鼻もつまってることが
多いのがデフォルトの僕としては、これが普通なので、
むしろ鼻が両方スッと通っているときの方が違和感があるくらいで、
特に鼻づまりは気にしたことはありませんが、
このときばかりは、自分の鼻の悪さを恨みました。


でも、右もかなりキツめでしたが、なんとか入った様子。
鼻からノドに行くのはなんとなくわかりましたが、
あとは麻酔のせいかよくわかりません。


でも、何だかノドに異物感。






医:「ちょっとごっくんしてみよー。」





飲み込む動作をしてみると、
何かがノドを通って胃の方まで降りていくような…そんな感覚。


正直苦しい。


なんだこの感覚。



吐き気とかそこまでのものは感じませんが、
なんと言いますやら、この感覚。



「オェェェー」



って感じじゃなく



「おごごごご…っ」



って感じ。



医:「テレビ(画面)とか見てラクにしていいよー。」



無理。
そんな余裕ないっす。
ってか、『自分の中身』なんて見たくないし。



あー、なんだろ、この感じ。

ご飯食べたりしたときのお腹が重くなるような感覚に似てる。

昨日の夜の早いうちからモノを食べたり飲んだりしてないので、
お腹はすいてるんです。

でも、なんだろう。
お腹いっぱいなんです。



お腹がすいてるのにお腹いっぱい。



なんだ、コレ。


でも、最初は苦しかったけど、今はそれほど感じません。
まぁ、ひどく苦しくない、というだけで
何だかツライということには変わりはありませんが。



医:「はい、もう終わるよー。」




しばらくするとお腹を満たしていた何かがひけていくような感じ。
ノドと鼻からズルリと抜けるときはやっぱり痛苦しい。


時間にしておそらく5~10分程度だったんでしょうが、
随分長く感じました。




ふー、やれやれ。




結果は、ちょっと胃の粘膜がうんぬんとか粘液がどうとかはありましたが、
基本的には『大きな問題なし。健康。』とのこと。
よかったよかった。

でも、コレでまだマシだったんでしょうね、胃カメラ。
これよりもっと苦しかったっていうのはゾッとしますな。
現代医学ばんざい。
[PR]
by dio-w21 | 2008-10-25 13:38 | コラム系雑記 | Comments(3)