へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

イケてない
最近アメトーーク

「中学のときイケてない芸人」

というのが流行ってますねぇ。
年末スペシャルでもやってました。


これを見てるとおもしろいんですが、
きっと多くの視聴者とは違う目線で自分は見てると思うんですよね。

なぜなら、僕は中学のときに



抜群にイケてない中学生



だったからです。

視聴者の多くは、「そんな大げさなーあはは」と笑ってるんでしょうが、
アレはきっと事実です。
だって、僕はもっとひどかったですもの。

友人と話すると、戻りたい時代は中学生のときとか
よく聞くんですが、冗談じゃないです。

中学時代は僕の人生の中でも、最もイケてない暗黒期
思い出すのもイヤになるくらいのトラウマです(笑)。

どんだけイケてないかみなさん想像もできないでしょうなぁ。
今の僕を知るひとなら尚更かも。


イケてないエピソードなんて数知れませんが、代表的なものは、
























遠足に行っても、一緒に遊んだりお弁当を食べる友達がいなくて
ひとりで弁当を食べ、遠足の間中、その辺のベンチに座って
早く終わらないかなーと思いながらボーッとしていた。
































昼休みになると、遊んだり話す友達がいなくて
図書室に行って、のらくろを読んでいた。































うぅ、書いてるだけで当時の切なさがよみがえる。


なんでこんなにイケてないかと申しますと、
元々そんなに活発なお子さんじゃなかった僕ではありましたが、
小学生~中学1年頃までは、かろうじて一般人レベルの子でした。

ところが、2年になったときにクラス替えがあって、
奇跡的な確率で、小学校からの&1年のときの
友達がひとりもいないクラスに編入されてしまったのです。

最初のうちは、他のクラスに行って
友達と話をしたりしていたのですが、
だんだんその友達もクラスに友達ができていって
僕の存在は希薄になっていくのですが、
僕は新たな友達を作れずに…みたいな。


ああ、かわいそうに中学の僕。


唯一目立てたのは、ジョジョ


当時クラスのイケてるグループでジョジョが流行っていて、
元々好きだった僕は、自分の机にジョジョの落書きをしました。
それがうまかったみたいで、僕の机にクラスの子が来てくれて
すごく嬉しくて、机いっぱいにジョジョのキャラやスタンドを書きました。

先生に怒られたのですが、普段おとなしい性格にもかかわらず
逆らって絶対消しませんでした。


だって消したら友達が来てくれなくなるから。


ああ、暗い。


でも、こんな時代を過ごしたからこそ、
絵をたくさん描いて、絵も描けるようになったし、
友達がいなかったからこそ、勉強もして
(勉強しかすることなかったんです)
高校、ひいては大学に入ったんでしょうなぁ。

まぁ、高校・大学で友達ができた途端
勉強しなくなって、浪人とか留年したわけですが(汗)。


いかん、暗いだけで、アメトーークみたいにおもしろくならなかったなぁ(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2008-12-31 15:29 | コラム系雑記 | Comments(3)
Commented by えく at 2008-12-31 15:52 x
(゜o゜)ものまね見てて家電芸人しか見れなかった...

のらくろ...
モール小隊長(だったか)って
あの時代にしちゃお洒落犬ですよねぇw

なるほどぅそれはジョジョへの思い入れも格別ですなぁ。
いろんな経験が今の自分を創る。
今年の自分が来年の自分を創る。
今年の汚れは今年のうちに。

それではよいお年を~(´▽`)ノシ
Commented by kurosyuke at 2008-12-31 17:02
うはははは!

のらくろ・・・確かに中学校の図書室にはこの本以外のマンガはないなぁ。

私は・・・古典落語を読んでいましたよ・・・。


良いお年をお迎えください・・。
Commented by dio-w21 at 2009-01-01 11:03
のらくろ。
僕にとってはほろ苦いマンガです。うぇっへっへ。

古典落語…!?シブすぎるッ(笑)。