へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

ピンポーン その3
昨日のつづき)


奥:「(`ω´;)ねぇ、どうしよう!?」


僕:「( ̄Д ̄)戸締りはちゃんとしてあるし…
  今は何も動きはないね…。」


しばらくしても何も変化がないので、
とりあえず二階に行って寝ることにしました。
一応、武器としてモップをベッドの横に置いて(笑)。

一階の明かりはつけたままにして、
二階の寝室のドアを閉め、
外からは開けようとしても開かないように
とりあえずドアの前に重いものをセット。


時間は既に夜中の2時になろうとしています。

機械の故障にしろ、厄介なイタズラにしろ、迷惑千万。
早く寝ないと…明日もあるし…。


僕:「(; ̄Д ̄)とにかくもう寝よう。」


奥:「(`ω´;)そうだね…。」



















































ピンポーン…。
























奥:「Σ(; ̄Д ̄)(`ω´;)───ッ!!」








また鳴った!?


寝ようとした瞬間に!?


慌てて1階に戻ってモニターを見ます。


やっぱり誰もいない!!



























ピンポーン・・・!・・・ピンポーン・・・!


























鳴るわ鳴るわ。



ピリカ:「(●ω●;)わんわんわん!!


奥:「(`ω´;)怖いよぉぉぉー!!!」


僕:「(; ̄Д ̄)落ち着いて…!」



しばらくするとまた鳴り止みました。




僕:「( ̄Д ̄)全くひとの気配はしない。
  モニターにも何も映っていない。」


奥:「(`ω´;)うん。」


僕:「( ̄Д ̄)つまり機械の故障の可能性が極めて高い。」


奥:「(`ω´;)うん。」


僕:「(; ̄Д ̄)でも、ただの機械の故障にしては、
  いろいろタイミングが人為的過ぎる。」


奥:「(`ω´;)そうだよね。」


僕:「(; ̄Д ̄)外に出て確かめるのが一番だけど、
  万が一おかしなひとだった場合、危なすぎる、と思う。」


奥:「(`ω´;)…。」


僕:「(; ̄Д ̄)…。」


奥:「(`ω´;)ケーサツ…呼ぶ…?」



こんなことで警察の方を呼ぶ、というのは気が引ける。
機械の故障の可能性も高いだけに尚更。

勇気を出して外に出てみれば済むことでは!?
しかし、万が一外に出た瞬間襲われたら!?
僕が倒れたりしたら、奥さんやじょうたろうくんは!?

最悪のことを想定すると、やはり…。



・・・・・・。



しかし、このままではラチがあかない…。

奥さんの言うとおりにすべきか…。


しこたま悩んだあと、とりあえず割と近所の
交番のお巡りさんに相談することにしました。

電話をかけます。














































出ません!!(泣)

















なんで出ないのよ!困るじゃないのよ!

何度かけても出ません。




僕:「(; ̄Д ̄)困った…。」


奥:「(`ω´;)…110番…したら?」


確かに残る手立てはそれしかありません。
しかし、こんなことで110番…。


悩んだ末、110番することにしました。
人生初の110番。
まさかこんなことでかけることになろうとは…。


110番:「どうしましたか!」


うぅ、電話の向こうの緊迫した感じがなんとも…。


事情を説明すると


110番:「了解しました。すぐにパトカーを向かわせます。」






パトカー!?



もしかして、この夜中に赤いランプ
ファンファン回しながら来るの!?


うぉぉ、ご近所のひとはそれで目を覚ましたら何事かと思うよ!


うぅぅうぅ、トラウマが…。
あのときもオチがオチだっただけに・・・(汗)。


奥:「(`ω´)でも、これで安心できるしさ。」


僕:「(;´Д`)うん…。」


そんなことを話しながら待ちます。







奥:「(`ω´;)来ないね…。」


僕:「(^▽^;)迷ってたりして。」


奥:「(`ω´;)でもケーサツだよ?」


僕:「(^▽^;)迷うわけないよね。」



それにしても、電話をして15分か20分経つのに来ません

えぇい、もし緊急ならどーすんだ。

それともあまり緊急じゃないと思われたのかしら。

窓の外を見ても、赤いパトカーランプは全く見えません。

来る気配全くなし!(オイ)






















ピンポーン…!






(もうちょっとつづく
[PR]
by dio-w21 | 2008-07-21 08:15 | 少し不思議なor怖いお話 | Comments(4)
Commented by kurosyuke at 2008-07-21 17:11
おぉふぅぅぅぅ~

ご主人・・・・引っ張りますなぁ~。
Commented by dio-w21 at 2008-07-21 22:58
一気に載せるとエライ長くなっちゃうので(^▽^;)
Commented by ぷれたん at 2008-07-22 09:53 x
こえー!超こえー!!

予測:新手のピンポンダッシュ職人 or 酔っぱらった知人

個人的には前者に期待!

ちなみに、我が家の「ぽん:もピンポンには過剰反応します(笑
TVでクイズの正解時のアレでも反応しますが・・・
Commented by dio-w21 at 2008-07-23 00:24
新手のピンポンダッシュ職人にワロタ。

TVのピンポーン!にも反応するのですか。
感度いいなぁ(笑)。