へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

モニターに映るモノ 前編
今日はちょっとコワイお話。
季節はずれですが。

監視カメラだけに映るモノ』って怪談ではありがちですよね。

僕も聞いたことがあります。
これは友だちから聞いたお話なんですが、
舞台は札幌のススキノに近い場所にある某ファーストフード店。

ひとが多い場所ですから昼だけではなく夜中まで
お客が出入りするとてもにぎわっている店舗。

ある日の深夜、もう閉店時間となったとき、
店員は店内の様子を監視カメラでチェックしました。
だって、もう閉店時間ですからお客さんがいたら
お帰りいただかねばなりません。

その店は2階にもフロアがあるんですが、
1階にいた店員は監視カメラに映る一人の男を確認しました。


「あ、ひとり残ってたか…。」


監視カメラの映像なので鮮明ではありませんでしたが、
その男は、2階フロアの椅子に腰掛けていました。
目の前にはハンバーガーもトレイもなく、ただ座ってるという様子。


「閉店ですって伝えに行かないと…」


そう思っていると、同僚がカメラに映りました。


「あ、よかった。あいつが言ってくれるだろ。」


ほっとしてカメラを見ていると、
その同僚はその男何も言わず黙々とテーブルを拭いています。

気がきかないなぁ、と思い、戻ってきた同僚に言いました。



店員:「おい、何で2階のお客さんに何も言わないんだよ。」


同僚の店員:「え?」



店:「もう店終わりだろ。だからお前2階かたづけにいったんじゃないのかよ。」


同:「そうだけど?」



店:「じゃあ、2階にいたひとに何か言ってくればいいだろって言ってんの。
  もう食べてないみたいだしさ。」



同:「何言ってるんだ、おまえ?」



店:「だーかーらー!」



同:「2階には誰もいなかったぜ?」



店:「え…っ?だって…ホラ…」



店員が指差すモニタには確かに男の姿が…。


そして二人で2階へ行ってみるとやはりそこには誰もいないのです。
出口は他にないというのに。





とまぁ、こんな感じのお話。
これは僕の友人がバイト先から仕入れてきたお話。
ホントかウソかはおいといて、怖いですねぇ。

というわけで、似たような話ではあるんですが、
実際、僕の身の回りで起きた事件があるんです。

でも前座が長すぎたので、
メインの話はまた明日にでも。
[PR]
by dio-w21 | 2007-12-28 12:26 | 少し不思議なor怖いお話 | Comments(0)