へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

ザ・ウルトラマン
ザ・ウルトラマン。

ザ・ビートルズ。

ジ・アルフィー。

ジ・O。


母音の前は“”じゃなくて“”。
英語の“The”ってめんどくさい。
特に習いたての中学の頃にそう思った経験はありませんかな?

知識ではわかっていても、
実際に話すとなかなか意識できなかったり。

僕が英語のネイティブのひとと知り合いになったときに
最も衝撃を受けたのがこの“The”の扱いについてです。

僕:「英語の何がめんどいって“The”ですよ。」

ネイティブ:「そう?まァ日本語にハ無いものだカラね。」

僕:「そうですよ。“ザ”になったり“ジ”になったり。」

ネ:「エ?」

僕:「ホラ、母音…アイウとかの前だと
   “ザ”じゃなくて“ジ”になるじゃないですか。」

ネ:「ン~?」(首をかしげながら)



ここで僕は、僕の日本語が難しすぎたかなと思って
もう一度丁寧に説明しました。
それでも向こうは首をかしげっぱなし。



困ったなぁ、どうやって表現すればいいのか、
そんな風に考えていると












ネ:「ン~、ボクそれ知らなイ。










(゚Д゚;) は?
















ネ:「英語にそんナ決まりないヨ。































∑( ̄Д ̄;) エ────ッ!?





























僕らが中学の頃からあんなに教えられたのに!?












「無い」ってどういうことっ!?













ネ:「そういう話をされれバ、そうかナ~?とも思うけど、
  みんなそんな細かいコト気にしテないヨ。」





















じゃあ無意識にやってる、とかじゃなくて
ホントにそんな厳密なことしてないってこと!?

ちなみにそのひとは、アメリカのロサンゼルス出身の
バリバリのアメリカっ子の男性。
彼の英語が拙いわけではありません、念のため。



ネ:「みんなそんなコト気にしてナイ。
  “ジ”って言うこともあると思うけど、
  “ザ”って言ってモ通じるし、
  逆に“ジ”ってちゃんと言ってるひとの方がヘン。」


















(゚Д゚;) マジデー。

















その文法自体は間違いじゃないけど、少なくても自分の周りには、
そんな細かいことをキッチリ実践してるひとはいないって、彼は言ってました。
もちろん自分も含めて。

日本語の細かい文法や決まりみたいなもんで、
そんなに気にする部分じゃないみたい。
僕らが想像するよりアバウトな部分なのかもしれません。

彼はこうも言ってました。







「そんな細かいコトはどうでもいいネ。
 大事なのはハート。」




“ザ”だの“ジ”だのを気にしてビクビクするよりも、
多少間違ってもいいから、思い切ってハキハキと話す勇気。
こちらの方が大事ってことですね。

あ、ところで冒頭のザ・ウルトラマンは間違いじゃないです。

そういうアニメがあったんです、昔。



…いかんいかん、歳がバレる。(;´-`)



みなさん細かいことは気にしないように。
大事なのはハート(笑)。
[PR]
by dio-w21 | 2007-07-03 19:16 | コラム系雑記 | Comments(6)
Commented by Yura at 2007-07-03 20:42 x
ウルトラマンに大事なのはカラータイマー(謎
Commented by dio-w21 at 2007-07-03 23:19
でもあれって絶対3分以上経ってるよね。
Commented by れがりん at 2007-07-03 23:51 x
基本は「ざ」で強調する時「じ」だったような希ガス。
あと、意思疎通は根性も必須条項。って韓国行った時思った。
Commented by ZIO at 2007-07-04 02:46 x
ジ・OはTHE・Oなのか?w

忠実に標準語を用いようとすると、一般的におかしく
聞こえてしまうのは、どこの国でもそうじゃないかな。
外人が懇切丁寧に話そうとしている会話に違和感が
あったりするのも、日本人が英語を喋って変に感じら
れるのも、同じような例があるだろう。
日本語でも、「ら抜き」や「い抜き」言葉なんて意識して
いる日本人は、それ程いないと思うけれど。
だから、「逆に“ジ”ってちゃんと言ってるひとの方がヘン」
というのも納得がいくね。

ところで、「THE有頂天ホテル」という映画があるけれど、
あれの読みは「ザ・有頂天ホテル」だ。
どうでもいいことだがw

DIOの「ザ・ワールド」は、ザがあってよかったと思う。
余談。
Commented by miyayantai at 2007-07-04 09:55
あ~、コレ、私もネイティブの人に言われた事があります。
喋ってる時にイチイチそんな細かいこと気にしないでーって。
ようは通じれば良いんだよーって。
中学の時の文法の教師に聞かせてやりたいなと思ったモンです(笑)。

でも、アルフィーは、
「ザ・アルフィー」よか、「ジ・アルフィー」の方が
しっくりくる気がしますが・・・。
Commented by dio-w21 at 2007-07-04 19:12
>意思疎通は根性も必須条項
うむ、全くですな!要は気合だ!

>ジ・OはTHE・Oなのか?w
うむ、そのとおり!
ジ・OはTHE・OでジオはZIOなのです(笑)。

>miyaさん
おお、ここにもナカマいたー!!
よかった、僕だけじゃなかった。
正直なところ、そのひとだけがちょっと変わってたりするのかなぁ
と不安に思ってたんですよねぇ。

やっぱアルフィーはザじゃなくてジじゃないとね!(笑)