へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

ジョジョリオン 第9話 東方大弥の異常な愛情[2]
相変わらず残業の毎日ではありますが、
ジョジョだけはがんばって書くんだよォ~ッ。
奥さんネタもそのうちに。

さて。

本日の日記は、ジョジョリオンの第9話のネタバレを多く含みます。
命令はしない。だが忠告はしよう。
ネタバレがイヤな方はお引取り願おうッ。君には向いていない。



(前回 ジョジョリオン 第8話 東方大弥の異常な愛情[1]

さて、第9話です。
大弥との静かなるバトル。どうなる?
e0046214_2220231.jpg





e0046214_22214723.jpg

電気の消して自分の影を踏ませる、
という策をあっという間に見破られる定助。
先ほどまでのけだるそうなしゃべり方に反して、
凛とした表情で言い放つ大弥。
それにビシッとした立ち姿が実にジョジョ立ち
美しい。





e0046214_222472.jpg

絶望にも似た感覚に襲われる定助。
脳裏に浮かぶのは康穂
やはり失われた自分の記憶を取り戻したり、
この大弥を倒すには康穂の力が不可欠と感じます。





e0046214_22264431.jpg

康穂に連絡しようとした瞬間、
大弥のスタンド“カリフォルニア・キング・ベッド”が発動します。





e0046214_22282683.jpg

e0046214_2229418.jpg

失われていく定助の中の「康穂」の記憶





e0046214_22291914.jpg

一度奪われたが最後、大切だった、ということさえ忘れてしまう
大弥のスタンド、カリフォルニア・キング・ベッドの能力。
恐ろしい。
やはり、第6部の敵スタンド、ジェイル・ハウス・ロックを思い起こさせます。
戦う、という意志さえ奪われるというのは、何よりも恐ろしい。






e0046214_22313893.jpg

康穂を忘れてしまった定助を誘惑する大弥
ゴクリだよん、ふつう・・・!





e0046214_22322243.jpg

それを目撃してしまう、大弥の父憲助
自分のかわいい娘に手を出した定助に逆上します。

しかし・・・!?






e0046214_22371919.jpg

これは予想外ッ。
普通の人間は、自分の愛娘が男と重なっていたら
その男を殴り殺そうと考えるッ。
だが憲助は違った!逆に!
憲助はなんと大弥を誉めたッ。
おまえはよくやってる。
いいぞォもっとやれェ~ッ。
やりまくれェェ~~。
そんなことまで言い出す始末。






e0046214_22412051.jpg

娘に手を出す定助は許さない。
だが、今は見も心も奴隷に。
囚えろ。
どうせ定助の記憶が蘇ることはない


こう話す憲助。
その意味するところは!?

やはり大弥を定助に世話させてるのは狙いがあるらしい。
そして定助の記憶が戻ることはない、とは?
どうも、本人も思い出せない定助の秘密を握っているこの憲助
定助の正体はいったい何なのか。
愛娘大弥まで使って定助を骨抜きにする必要性は何なのだろう。






e0046214_2247221.jpg

少ない記憶をさらに奪い、定助を強く誘惑する大弥、
大弥の誘惑に耐え切れない定助、
二人を我に帰らせたのは『照明のスイッチ音』。

さっき定助が策をめぐらせたときに奪った『照明のスイッチ音』は、
大弥の見破りでそのままになっていたのですが、
そのまま浮遊し、定助の意志とは関係なく割れて
その音が飛び出したのでした。

警戒して飛びのく大弥。
定助はギリギリでピンチをしのいだものの、
今のところ勝てる要素がありません。
大弥に「気を使わせる」、つまり攻撃の意志を見せただけで記憶を奪われます。

大弥はつぶやきます。

愛してもらうの・・・その思い出に浸るのォ・・・。

何気ないひとことにも思えますが、
これって実はかなり恐ろしいひとことだと思うんですよ、個人的に。

大弥にとって大事なのは『思い出』。
つまり、これは対象の本人の生死はたぶん関係ない
この歪んだ愛情、山岸由花子のときのように、
下手すると愛してるからこそ殺す、という結論に達しそう。
ぶるぶる。


ところで、今回特に感じたのは、
荒木先生の描く女の子が最近実に色っぽいてカワイイということ。
e0046214_22565523.jpg

e0046214_2257579.jpg

失礼な物言いとは思いますが、正直、第6部のジョリーンのころには、
女の子に色気は感じなかった
んですが、
SBR、そして今回のジョジョリオンと、最近、
ジョジョ女子に色気が出てきたように感じます。
荒木画力、またひとつステージが上がった感じです。
さすがです。

でも、なんでなんだろう?(なんで、というのもヘンですけど)
何かをつかんだ、ということでしょうか。
最近は女性ファッション誌に取り上げられたりしてるし、
何にせよ昔からのファンとしては実に嬉しい限り。
もう、ジョジョには色気がないなんて言わせないぜッ。


e0046214_23213463.jpg



「ふわふわ」で「大きい」のが嫌いな男子なんていません!


第10話につづく
[PR]
by dio-w21 | 2012-02-20 23:21 | ジョジョ | Comments(4)
Commented by ブラ坊 at 2012-02-21 17:43 x
>正直、第6部のジョリーンのころには、女の子に色気は感じなかった
初期アナスイは可愛いと思う どうしてああなった
Commented by dio-w21 at 2012-02-21 22:20
確かに。
次に登場したらあの有様でしたからねぇ。
想像の斜め上どころじゃなかったし(笑)。
祝福しろ。結婚にはそれが必要だ。
Commented by Hard&Dly at 2012-04-25 10:22 x
なんつーかやっぱり謎を解いていく感じの展開だし、オラオラバトル展開にはまだならなさそう・・・・・・
にしてもジョースケのスタンドはガリガリだなww
でもすきだよぉ
Commented by dio-w21 at 2012-04-25 20:33
今回のジョジョは、謎が謎を呼ぶ感じが実に好み。
毎月待ち遠しくてたまらんっ!ずびっ。