へっぽこ日記
diow21.exblog.jp

オタクリーマン“DiO”の奇妙な日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
カテゴリ
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
プロフィールその他

当サイト(ブログ)にはジョジョの奇妙な冒険の画像を使用している部分がありますが、悪意に基づいて掲載しているものでは決してありません。
コミックの全画像の著作権は荒木氏及び集英社に帰属します。

フランス語だびょん


最近見かけるこのトヨタ パッソ のCM。
みなさんどう思われました?



「ワノカデパン シケルメニナベサ フォンデュセバ ウダデグメヤン。」



「セバダバ ヤッテミラ。」



「フランス語!?」



フツーに

「あー、森三中たちがフランス語でフランス人の真似でもしてるのかしら」

なんて思ったりしてませんか?



この会話。

日本語ですよ。

っていうか津軽弁です。


発音はワザとフランス語っぽい雰囲気を強めて言ってるようですが、
これはれっきとした津軽弁。

一応解説をいたしましょう。

ワ ノ カデパン
(私 の 固いパン) 

シケル メニ
(湿気る 前に)

ナベサ フォンデュ セバ 
(鍋に フォンデュ すれば)

ウダデグ メヤン
(めちゃくちゃ おいしいわよ)


最後の “うだでぐ” という言い回しはかなり通ですね(笑)。
“うだで”というのは、本来「ひどく」という意味で、
あまりよい文脈では使わないことが多いのですが、
あえて使うことにより、転じて「めちゃくちゃ」という強調をしている感じ。
つまり、最近の「ヤバい」に似てる使い方でしょうか。
監修したのはネイティブの津軽人に間違いないッ。


セバダバ 
(それじゃあ)


ヤッテ ミラ
(やって みようかしら)


“せばだば”は、結構日常的に使いますなぁ。
「さよなら」のときも使える便利な言葉。
北海道弁で言うと「したっけ」です。


どうです?
おわかりいただけましたかな?


津軽弁ってフランス語っぽい語感(笑)だというのは、
前からちょっと聞いたことは確かにあります。
なまり過ぎのおっさんがスチュワーデスさんに声をかけたら
フランス語を話せるスチュワーデスさんを呼ばれた、
という笑い話もあるくらい(笑)。

でも、CM中では

「フランス語!?」

としか言っておらず、津軽弁ということは何も言ってないので、
この『津軽弁ってフランス語っぽい語感』というところが
CMを見てる大多数の人に伝わってるのかなぁ?(^▽^;)

こうして改めて見ると津軽弁ってすごいなぁ。
それでも沖縄弁には敵わないと思ってますが。
(沖縄のひとに怒られる!?(笑))

奥さんもかなり苦労したようですが、
最近はヒアリングくらいならかなりできるようになったらしいです。
( ´-`)奥さん、よくがんばりました。



あ、今回のネタを書くにあたり、みんな気付いてるのかな?と思い、
ネットで検索してたら、あるブログで「youtubeでこんなのありました」って
書いてたひとがいたので、僕も便乗して紹介。
津軽弁すげぇ。オサレw。

[PR]
by dio-w21 | 2010-10-09 22:59 | コラム系雑記 | Comments(4)
Commented by kurosyuke at 2010-10-10 08:31
期待してましたよDiOさん。
コレ記事に使用と思っておりましたが、悔しいかなちゃんと説明文が書
けませんので、誰か津軽衆が書いてくれないかと思っておりました。

おっしゃるとおり、津軽弁って言う解説がされておりませんが、それは
あえてのような気がして・・・製作者には絶対に津軽人がおりますね。
Commented by えく at 2010-10-10 16:34 x
おーこんなのやってたの?見たことないけど...
きっとこっち(自分のまわり)では誰も津軽弁とは
わからないと思うので
ココロの中で(ふっふっふっ津軽弁なのだよ明智君)と
いばっておこうと思いますw
Commented by kurosyuke at 2010-10-10 19:32
再度コメント失礼します。

「セバダバ」

って言葉は津軽弁の中でも新しい方の言葉ではないかと思っているの
ですが、どうなんですかね。
Commented by dio-w21 at 2010-10-11 17:28
ご期待に応えられて光栄でございます(笑)。
せばだば、ってそんなに新しいかなぁ?
結構年配のひとも使ってるので、そんな印象はないかなぁ。

ココロの中で「ふっふっふw」と思ってください。
いや、むしろ職場のひとにでも得意げに教えてあげるべし!